<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

異なる足が楽しめる仕切り鍋
使いやすいのはどれ?

異なる足が楽しめる仕切り鍋使いやすいのはどれ?

「味噌にするかキムチにするか…うーむ、迷う……」

自宅で鍋料理をするとき、スープの味に迷うことはありませんか? しゃぶしゃぶやすき焼きのお店みたいに2種類の味が一度に味わえたら、さらにテンションが上がりますよね。そんな贅沢な望みを叶えてくれるのが、鍋の中央に仕切りがついた「鍋」です。

異なる足が楽しめる仕切り鍋使いやすいのはどれ?

「仕切り鍋」「二色鍋」「二味鍋」など様々な呼び方がありますが(今回は「仕切り鍋」と呼ぶことにします)、中央の仕切りを挟んで鍋が2つに分かれているから、キムチ鍋や豆乳鍋といった2種類の鍋が同時に楽しめます。ひとつの味を食べ続けることの飽き対策にもなりますね。

今回はそんな「仕切り鍋」に注目し、 『MONOQLO』編集部と料理のプロであるさわけんさんが、Amazonや楽天などで人気の仕切り鍋7製品を検証して、機能性や使いやすさなどを比べてみることにしました。

人気の仕切り鍋7製品を
テストしておすすめの製品を決定!

人気の仕切り鍋7製品をテストしておすすめの製品を決定!

IH対応のコーティング鍋から土鍋まで、人気の仕切り鍋の沸騰スピードを徹底比較してみることに。沸騰テストでは、各鍋に700mlの水を入れ、90℃になるまでの速度を計測しました。

また、さわけんさんに長時間煮詰めると固形物の焦げつきやすさにも違いが出ると聞いたことから、チーズによる焦げ・こびりつき&洗いやすさのテストも同時に実施して、7製品の中でもっともおすすめの製品を探しました。

はたして、2種のスープを同時に楽しめる、欲張りさんも大満足の鍋はいったいどの製品だったのでしょうか?

早速テストの結果を発表します。

沸騰最速・焦げない・洗いやすい!
欠点が見つからないリビング

リビング(Living)
両手鍋 味楽
卓上二味鍋 26cm
実勢価格:3524円


容量:2.5L
サイズ:約W37.5×D30×H12cm

沸騰最速・焦げない・洗いやすいの三拍子が見事に揃ったのは、リビング(Living) 「両手鍋 味楽 卓上二味鍋 26cm」でした。沸騰スピードも5分13秒と最速で、片側に約900mlの出汁を入れられ、3~4人でもお腹いっぱいになります。

沸騰最速・焦げない・洗いやすい!欠点が見つからないリビング

固形物も焦げつくことなく洗いやすいです。長時間煮込んでも、焦げつくことなくスルリとこそぎ落とせます。チーズが焦げにくいも◎。

リビング(Living)「 両手鍋 味楽 卓上二味鍋 26cm」のAmazonレビューでは、「洗いやすいし、使いやすい。買った方がいい!」「家族4人ならこの大きさで十分です!」といった声も上がっており、欠点の見つからない一台として毎冬楽しめそうです。

煮込んだチーズが焦げず洗いやすい
底のくぼみがあるタイプのベストコ

煮込んだチーズが焦げず洗いやすい底のくぼみがあるタイプのベストコ

ベストコ
ガラス蓋付2食鍋
ND-5742
実勢価格:4180円


容量:330ml

ベストコ「ガラス蓋付2食鍋 ND-5742」は、A+評価でした。底のくぼみがあるタイプで煮込んだチーズが焦げづらく、洗いやすかったです。価格がやや高めなのがネックかも。

価格はやや高めだけど
使えば満足するパール金属

価格はやや高めだけど使えば満足するパール金属

パール金属
IH対応ガラス蓋付
2食鍋 HB-4013
実勢価格:4293円


容量:330ml

パール金属「IH対応ガラス蓋付 2食鍋 HB-4013」も、同じくA+評価。Amazonのレビュー数は多いですが、価格が高めな点がやはりネックになりました。しかし。こちらを購入しても満足できる良品です。

底が深いから沸騰が遅い
杉山金属「火鍋風仕切り鍋」

底が深いから沸騰が遅い杉山金属「火鍋風仕切り鍋」

杉山金属
火鍋風仕切り鍋 26cm
KS-2926
実勢価格:4270円

杉山金属「火鍋風仕切り鍋 26cm KS-2926」はB評価に。底が深いから沸騰が遅め。フタに空気孔がないのも沸騰しにくい原因のひとつかもしれません。

底が広くて深めの和平フレイズは
量を多く食べたいときにぴったり

底が広くて深めの和平フレイズは量を多く食べたいときにぴったり

和平フレイズ
卓上2食鍋 おもてなし和食
OR-7115
実勢価格:3195円

同じくB評価だったのが、和平フレイズ「卓上2食鍋 おもてなし和食 OR-7115」。底が広くて深めの鍋。コーティングの違いか、チーズが焦げつきやすく、若干洗いづらかったです。量を多く食べたい時以外は使い勝手が悪いかも。

C評価: マルヨシは沸騰に10分もかかり
焦げが取りづらいのが難点

C評価: マルヨシは沸騰に10分もかかり焦げが取りづらいのが難点

マルヨシ陶器
刷毛目 8号 二味鍋
M4835
実勢価格:4990円

マルヨシ陶器「刷毛目 8号 二味鍋 M4835」はC評価でした。沸騰に10分もかかってしまったうえ、焦げが取りづらいのが難点でした。キムチ鍋をすると、うっすら赤い色が残ってしまうので要注意です。

C評価: TAMAKIはチーズが焦げついて
洗いづらいけど土鍋用には◯

C評価: TAMAKIはチーズが焦げついて洗いづらいけど土鍋用には◯

TAMAKI
TAMAKI
土鍋 T-763438
実勢価格:4289円

「TAMAKI 土鍋 T-763438」も同じくC評価でした。チーズがかなり焦げついて、とても洗いづらいというコメントが。しかし、2種類の土鍋ごはんには向いています。

以上、仕切り鍋おすすめ7選でした。長時間煮込んでも、焦げつくことなくスルリとこそぎ落とせたのは上位3製品。どれもほぼ変わらない機能性ですが、コスパ面で「リビング」が1位でした。今冬はキムチ&豆乳鍋、タッカルビ&チーズフォンデュなど色々な楽しみ方で堪能してみては?