家電令和最強のベスト家電66部門決定!!
「どこがスゴかったか」解説します

“ネットを疑う家電購入ガイド”として日夜家電をレビューし続ける『家電批評』誌上でも、思いがけない良品の発見や、今一歩な製品の発掘など、さまざまな出会いがありました。

そこで今回、2019年に家電批評誌が扱った製品の中から「絶対に素晴らしい!」と断言できるベスト家電ばかりを集めた「家電批評 オブ・ザ・イヤー」を選定いたしました。

▼【家電批評 オブ・ザ・イヤー】入り口はコチラ!

上の画像をクリックしても移動しない場合、こちらからどうぞ。

まさに“令和最強”の名がふさわしい、全66部門のベストバイたち。

ここでは、ベストに選ばれた一製品をピックアップし、どこが素晴らしかったのかを解説します。

▼ベスト家電を厳選したテスト誌はコチラ!

晋遊舎
『家電批評 2020年1月号』
700円

それでは早速ご覧ください!

<外部サイトでご覧の方へ>
the360.lifeの本サイトでは、アマゾンへのリンク付き記事を公開中です。ページ下の「オリジナルサイトで読む」よりどうぞ。

家電2019年ハンディ掃除機ベストバイ
シャーク EVO POWER W30

ハンディ掃除機部門で2019年のベストバイに選ばれたのは、シャーク EVO POWER W30。片手でスイスイ扱えるサイズ感ながらパワフルな吸引力を実現し、アクセサリーも充実しているなど、隙のない使いやすい一台です。

シャーク
EVO POWER W30
実勢価格:1万5690円


サイズ:W53.5×H419.1×D60.96mm(収納時W383×105×229mm)
重量:620g
充電時間:約2.5時間
運転時間:約24分
※公式サイトとPayPayモールはアクセサリーパックセットの販売ページです。

ハンディ掃除機17台を対象に“主婦目線”で比較テストを行った際、シャーク EVO POWER W30の順位は5位と健闘をみせました。しかし今回は、2019年を通じてのベストバイに君臨。

その理由は、スッと手に取れるフットワークの小気味の良さと本体を設置する充電ドックの使いやすさ。いわば、“男性目線”において非常に都合のよい一台なんです。

大きすぎないサイズ感だから、ゴミが溜まりやすいキーボードの隙間の掃除にも使いやすく、

女性でも比較的持ち上げやすいの重さは、エアコンなどの高所の掃除にも役立ちます。

ゴミ捨ては片手でサッと完了。本体にあるボタンをスライドすると、ダストカップのふたがかなり勢いよく開き、中に集めたゴミをそのまま捨てることができます。

スタンドには予備バッテリーが充電されているので、掃除中のバッテリー切れにも対応可能。置くだけで充電されるので、バッテリーの心配がなく、必要なときに使えます。

マルチノズル、布団用ノズル、隙間用ノズルの3種類のアクセサリーと予備バッテリーが付属しています。

ノズルを装着していない状態がこちら。この角度がちょうど床に向くようなつくりです。使用頻度が高いノズルをひとつ、スタンドに常駐できて便利です。

持ち手が上部にくるつくりで、掃除機に手を伸ばすハードルが非常に低いのが魅力のシャーク EVO POWER W30。毎日こまめに掃除をするわけじゃない人にとって、この気軽さは何より心強いはず。しかし、吸引力はガチ。“男性目線”の使いやすさを追求したことで、ベストバイを獲得しました。

以上、「家電批評オブ・ザ・イヤー」に選ばれたハンディ掃除機、シャーク 「EVO POWER W30」の紹介でした。引き続き、ベストだった製品をご紹介していきますので、サンロクマルをチェックしてくださいね。