<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

家電寒い冬には点火してすぐ暖まる
石油ファンヒーターが大活躍します

エアコンだけではなかなか暖まらないといった問題を抱えているなら、点火してすぐ暖まる石油ファンヒーターが1台あると便利です。

石油ファンヒーターはストーブと違いファンが回るため、部屋全体をすぐに暖めることができます

窓を開けてこまめに換気しなければなりませんが、エアコンよりも乾燥しにくい点や設置が簡単で安価な点、なんといっても点火が早くて部屋がすぐに暖まるのが最大の特徴です。

そこで今回は、パワフルに熱を届けてくれる優秀な石油ファンヒーターを探して、テストを敢行。『家電批評』編集部が、人気の7製品を徹底比較します。

とにかく早く部屋を暖めたいという人、肌や喉の乾燥が気になるという人は、ぜひチェックしてみてください。

家電石油ファンヒーターを選ぶポイントは
点火速度、適用畳数、給油のしやすさ

石油ファンヒーターを選ぶ際、注意したいポイントが3つあります。それぞれを詳しくご紹介します。

選びのポイント①:点火速度をチェック

1つ目のポイントは点火速度。点火が早いほどすぐに暖まるため、点火速度の速さは外せません。電源オンにしてから点火するまでの速度は速暖性に直結する要素。製品仕様をチェックします。

選びのポイント②:適用畳数をチェック

2つ目は適用畳数。エアコン同様、適用畳数のチェックは必須です。使用する部屋よりもやや大きいものを選びましょう。

選びのポイント③:給油のしやすさをチェック

3つ目は給油のしやすさ。タンクの容量が大きいほど給油の手間が省けます。また、フタの仕様、開閉のしやすさもチェック。

以上の3つのポイントが、石油ファンヒーター選びで重要なポイントです。

それでは、早速本題であるテストに入りたいと思います。

家電石油ファンヒーター7製品の
快適性や省エネなど6項目をテスト

点火してすぐ暖まる優秀な石油ファンヒーターを見つけるべく、注目の7製品をくまなくテストします。

テストするのは、次の6項目です。

テスト1:快適性(20点満点)

着火スピード:運転を開始してから着火するまでのスピードで評価。
消臭:灯油のニオイを消臭する性能の有無で評価。
スイング機能:ルーバーが稼働するかどうかで評価。
温度設定機能:どこまで細かく温度設定をできるか評価。
運転音:運転音(dB)で静音性を評価。
延長機能:ボタン一つで延長運転する機能があるかどうか。
タイマー:タイマー機能を評価。

上記の7つを評価し、20点満点で評価しました。

テスト2:省エネ(20点満点)

不在時自動消火や、ecoモードなど省エネにつながる機能の有無、また、灯油の使用量をパネルで示すなど、ムダを抑えた運転をサポートする機能をチェック。20点満点で評価しました。

テスト3:給油のしやすさ(20点満点)

燃料タンクの容量や、フタの開閉のしやすさ、取っ手の仕様などをチェック。20点満点で評価し、それぞれ加点しました。

テスト4:メンテナンス(10点満点)

汚れがたまるヒーター内部のフィルターの取り外しやすさや、コーティングなど、清潔感をキープする仕様の有無をチェック、プロが採点。10点満点で評価しました。

テスト5:安全性(20点満点)

電気で運転するエアコンと違い、灯油という可燃性物質を燃料とする石油ファンヒーター。消し忘れ防止や災害時の転倒防止、一酸化炭素中毒を防ぐための換気アラートなど、安全性に関わる機能の有無をチェックし、20点満点で評価。

テスト6:付加機能(10点満点)

操作パネルの見やすさなど、使いやすさに関わる付加機能に加えて、不完全燃焼しやすい高地での使用に耐える機能があるかどうかもチェック。さらにデザイン性を加味して採点し、10点満点で評価しました。

以上の6項目をテストした結果は、評価の高かった製品順にランキングで発表します。

はたして、パワフルに熱を届ける石油ファンヒーターはどの製品でしょうか。それでは、結果を発表します!

記事1位BEST決め手はトリプルフラップ!
ダイニチ FW-3719SGX

ダイニチ
FW-3719SGX
実勢価格:3万5680円


サイズ:W438×H445×D366mm
重量:12.6kg
暖房出力:3.70~0.74kW
対応畳数:木造10畳・コンクリート13畳
タンク容量:9L

▼テスト結果
 快適性    :17点
 メンテナンス :10点
 省エネ    :12点
 安全性    :18点
 給油のしやすさ:20点
 付加機能   :5点

 合計     :82点/100点


1位はダイニチ FW-3719SGX。3枚の可動式フラップと2枚の固定ルーバーが最大の特徴です。大火力運転の場合は、フラップが上向きに固定され、遠くまで温風を届けます。一方で、小火力ではフラップを下向きに固定し、上昇する温風を抑えることで、足元までしっかり暖めてくれます。

戸井田園子 氏
家電&インテリアコーディネーター
戸井田園子 氏 のコメント

性能・使い勝手ともにスキなしの一台です!

スイング機能も搭載で石油ファンヒーターとしての快適性では最高峰。点火速度も35秒と優秀、室温が15℃以下になると最大火力を自動で5~10%アップさせる機能を搭載し、何度も立ち上がって操作する手間も省けます。

記事2位BEST速暖と消臭を両立した
ダイニチ FW-3719GR

ダイニチ
FW-3719GR
実勢価格:3万580円

※商品画像はAmazonより

サイズ:W438×H445×D349mm
重量:12.6kg
暖房出力:3.70~0.74kW
対応畳数:木造10畳・コンクリート13畳
タンク容量:9L

▼テスト結果
 快適性    :16点
 メンテナンス :10点
 省エネ    :5点
 安全性    :18点
 給油のしやすさ:20点
 付加機能   :5点

 合計     :74点/100点

2位はダイニチ FW-3719GR。バーナーの高温時間を長くすることで、ガスの燃え残りを燃やしきり、消火後のイヤなニオイをしっかり消臭します。明るく視認性に優れたオレンジ色の液晶パネルなど使い勝手も◎。

点火速度はダイニチ FW-3719SGXと同じく35秒と速暖性もバッチリ。ニオイの元になる炭化水素を抑え、消火時のニオイを40%カットします。

記事3位BEST驚きの7秒着火ですぐに暖まる
コロナ FH-WZ3619BY

コロナ
FH-WZ3619BY
実勢価格:2万8553円


サイズ:W458×H466×D338mm
重量:12.3kg
暖房出力:3.60~0.59kW
対応畳数:木造10畳・コンクリート13畳
タンク容量:7.2L

▼テスト結果
 合計:73点/100点

3位はコロナ FH-WZ3619BY。予熱しておけばわずか7秒で着火する驚異の点火速度に加え、上下2枚のルーバーで温度ムラを抑えます。人の不在を検知し省エネ運転するセンサーも搭載。

消火時に極力火力を抑えることで、消火時のニオイを約70%低減します。

4位: センサーで室温と湿度を感知して
快適運転するトヨトミ LC-SL36H

トヨトミ
LC-SL36H
実勢価格:2万5380円


サイズ:W435×H437×D315mm
重量:11kg
消費電力:500・700・1200W
暖房出力:3.60~1.02kW
対応畳数:木造10畳・コンクリート13畳
タンク容量:7L

▼テスト結果
 合計:70点/100点

4位はトヨトミ LC-SL36H。人感温度に大きい影響を与える湿度で、室温に加えて湿度もセンシングするのはトヨトミだけ。手動で温度調整する手間を省き、最適な温度に自動運転してくれるスグレモノです。快適な暖かさをもたらします。

4位: 人の不在を検知して自動消火する
エコモデルのトヨトミ LC-S36I

トヨトミ
LC-S36I
実勢価格:2万160円


サイズ:W435×H437×D315mm
重量:11kg
暖房出力:3.60~1.02kW
対応畳数:木造10畳・コンクリート13畳
タンク容量:7L

▼テスト結果
 合計:69.5点/100点


同じく4位はトヨトミ LC-S36I。本機はセンサーで人の不在を検知し、不在後5分で弱燃焼、25分で自動的に消火してくれるので安心です。点けっ放しでも安心できるセンサーで、ムダな光熱費もかかりません。

6位: 9Lの大容量タンクで給油の
手間が減るダイニチ FW-3719LS

ダイニチ
FW-3719LS
実勢価格:2万5080円

※商品画像はAmazonより

サイズ: W430×H445×D357mm
重量:11.1kg
暖房出力:3.60~0.74kW
対応畳数:木造10畳・コンクリート13畳
タンク容量:9L

▼テスト結果
 合計:69点/100点

6位はダイニチ FW-3719LS。本機は9Lとたっぷりサイズで給油の手間がグンと減ります。また、同社の上位モデルと同じ速暖性や消臭機能を誇るお買い得機です。

7位: 設定温度プラス3℃で自動消火
ECO運転のダイニチ FW-3619L

ダイニチ
FW-3619L
実勢価格:1万9091円

※商品画像はAmazonより

サイズ:W430×H445×D357mm
重量:11.1kg
暖房出力:3.60~0.74kW
対応畳数:木造10畳・コンクリート13畳
タンク容量:9L

▼テスト結果
合計:66点/100点


7位はダイニチ FW-3619L。ダイニチのラインナップでは入門機に位置付けられるタイプ。ただ基本性能は高く、点火速度が35秒と速暖性もバッチリ。お手頃な価格も強みで、コスパ派も満足できる1台です。

家電【おまけ】災害時にも活躍する
技ありの暖房3製品がこちら

石油ファンヒーターと電気で駆動する
トヨトミ LC-SHB401

トヨトミ
LC-SHB401
実勢価格:2万7800円


サイズ:W376×H438×D296mm
重量:9.5kg
暖房出力:3.19~0.79kW
対応畳数:木造9畳・コンクリート12畳
タンク容量:5L

トヨトミ LC-SHB401は石油ファンヒーターと電気で駆動するセラミックファンヒーターが一つになった一台。灯油がなくなると電気駆動に切り替わります。

乾電池4本で着火し野外で使える
トヨトミ CL-250A

トヨトミ
CL-250A
実勢価格:3万2380円


サイズ:W388×H480×D388mm
重量:6.2kg
暖房出力:2.5kW
対応畳数:木造7畳・コンクリート9畳
タンク容量:4.9L

トヨトミ CL-250Aはアンティーク風のデザインが特徴のストーブ。最大の強みは単2乾電池4本で着火すること。野外での使用や災害時にも重宝しそうです。

持ち運びやすくスポット使いに
イワタニ CB-STV-MYD

イワタニ
CB-STV-MYD
実勢価格:1万380円


サイズ:W312×H290×D222mm
重量:2.6kg
最大発熱量:1.0kW
連続燃焼時間:約3時間20分(標準モード運転時)

イワタニ CB-STV-MYDは、カセットガスが燃料のストーブ。持ち運びやすいため、キッチンや脱衣所など、スポットで暖めたいときにも活躍します。

以上、『家電批評』がテストした、石油ファンヒーターランキングおすすめ7選でした。石油ファンヒーターは厳しい寒さの強い味方。エアコンに比べて乾燥しにくいなど、メリットも多いですので、1台あると重宝するはずです。ご検討ください。