家電足元までしっかり素早く暖める
石油暖房が進化しています!

部屋を素早くしっかりと暖めてくれる石油ファンヒーター。灯油を必要とするので、ややメンドウではあるけれど、真冬の寒さには代えられない暖房機器のひとつですよね。

最近は、部屋中隅々まであたためる工夫や石油暖房特有の消火時のニオイを消臭してくれる機能が搭載された製品などかなり進化を遂げています。

そこで今回は「これを選べば間違いなし!」の5製品を石油ストーブとあわせてご紹介したいと思います!

<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

家電①大本命の「ダイニチ」は
スイングボタンで隅々まで暖かい!

ダイニチ「FW-3718SGX」は、着火スピードがわずか35秒! さらに注目したいのは、足元にしっかり暖気が届くフラップ設計で、温風を部屋中に行き渡るようコントロールしてくれるんです。

その他、消火時の消臭機能も優秀で大人気になっています。石油ファンヒーターは灯油を燃焼させる際に水が発生するため、加湿効果も得られますよ。

ダイニチ
FW-3718SGX
実勢価格:2万8320円


サイズ:W438×D366×H445mm
重量:12.6kg
消費電力:(最大・小火力時)/370W・62W
タンク容量:9.0L

通常の石油ヒーターの多くは、どうしても温風が上昇しがちで、床面は暖まるも、遠くまで温風が広がりにくい面があります。

こちらの図のように、風が上に行ってしまいがちで、足元がうっすら寒いなんてことがあります。

一方でダイニチ「FW-3718SGX」なら、火力に応じてフラップが自動で動き、温風をコントロールしてくれます。おかげで、広く遠くまでさらに床面まで暖風が伸びていくんです。

家電②石油ストーブを選ぶなら
レトロデザインの「トヨトミ」

電気を使わない石油ストーブなら「トヨトミ」がイチオシです。

トヨトミ
CL-250A
実勢価格:3万2400円


サイズ:W388×D388×H480mm
重量:6.2kg
タンク容量:4.9L
乾電池別売:単2(4本必要)

レトロなデザインと炎に癒やされる対流形石油ストーブ。乾電池と燃料さえあれば動くので災害の備えにもなるでしょう。

家電③人の動きを検知して運転
省エネ重視なら「コロナ」

新ECOモードなどを搭載のコロナ石油ファンヒーターの最高峰機種がこちら。人感センサー搭載で人の存在を検知して火力を調整したり、消火したりしてくれるので省エネ・安全に使用することができます。「プレミアム消臭」で、ニオイがほとんど出ない工夫も嬉しいです。

コロナ
FH-WZ3618BY
実勢価格:2万5800円


サイズ:W458×D338×H466mm
重量:12.3kg
消費電力:11-22W

家電④電気でも動くから灯油切れも
怖くない! 「トヨトミ」

トヨトミの石油ファンヒーターは、灯油と電気暖房のハイブリッド式になっています。電気セラミックヒーターとしても利用可能なので、万が一灯油を切らしても安心です。

トヨトミ
LC-SHB40I
実勢価格:2万5800円


サイズ:W376×D296×H438mm
重量:9.5kg

家電⑤吹き抜け家庭でも対応
最強のパワー「ダイニチ」

木造26畳・コンクリート35畳と、家庭用ではダントツのパワーをもつ「ダイニチ」。吹き抜け空間があるような大きなリビングでもカバーできるのは心強いです!

ダイニチ
FZ-101
実勢価格:6万5900円


サイズ:W740×D360×H480mm
重量:18.6kg
消費電力:153-953W

以上、おすすめ石油暖房5製品をご紹介しました。最後に、石油暖房を使用する際の注意点とぜひ覚えておきたいポイントをご紹介します!

家電他のヒーターと勝手が違う!
石油暖房はこの2つは必ず覚えておいて!

ここでは、石油ヒーターを安全に安心して使うための2つのポイントをご覧ください。

[①1時間に1~2度必ず換気を!]
ガス機器や石油機器が正常な燃焼を行うためには、換気が絶対に必要になります。空気清浄機を使っていても、1時間に1~2度は部屋の窓を開けて換気をしてください。換気を怠ると、一酸化酸素中毒の危険が増します。

●一酸化炭素中毒の症状は風邪に酷似!
めまい
眠気
頭痛
体調不良
吐き気
集中力低下
……など

窓を開けての換気は絶対必須です!

[②灯油宅配サービスがあります]
ガソリンスタンドのエネオスでは、全国各地の店舗で灯油の宅配サービスを行っています。寒い中わざわざ重たい灯油を買いに行かなくても、ネットか電話で注文できちゃうんです!

JXTGエネルギー
配達灯油取扱店検索

上記をクリックすると、灯油の配達可能なガソスタを検索できます。

現在地、キーワード、エリア、SS名などで検索可能になっていますよ。

これさえ覚えておけば、石油暖房で暖かい冬が過ごせること間違いなしです。ぜひ活用してみてくださいね!