自転車令和最強のベスト家電66部門決定!!
「どこがスゴかったか」解説します

“ネットを疑う家電購入ガイド”として日夜家電をレビューし続ける『家電批評』誌上でも、思いがけない良品の発見や、今一歩な製品の発掘など、さまざまな出会いがありました。

そこで今回、2019年に家電批評誌が扱った製品の中から「絶対に素晴らしい!」と断言できるベスト家電ばかりを集めた「家電批評 オブ・ザ・イヤー」を選定いたしました。

▼【家電批評 オブ・ザ・イヤー】入り口はコチラ!

上の画像をクリックしても移動しない場合、こちらからどうぞ。

まさに“令和最強”の名がふさわしい、全66部門のベストバイたち。

ここでは、ベストに選ばれた一製品をピックアップし、どこが素晴らしかったのかを解説します。

▼ベスト家電を厳選したテスト誌はコチラ!

晋遊舎
『家電批評 2020年1月号』
700円

それでは早速ご覧ください!

<外部サイトでご覧の方へ>
the360.lifeの本サイトでは、アマゾンへのリンク付き記事を公開中です。ページ下の「オリジナルサイトで読む」よりどうぞ。

自転車家電批評で、今年一番
楽しかった乗り物

折りたたみ自転車は持ち運べていいけど、スピードが出にくくて疲れる。電動自転車はラクだけど、ちょっとオシャレさに欠ける…。日常的に使うものだから、性能にも見た目にもこだわりたい自転車は、選ぶのが難しいですよね。

そんな人に知ってほしいのが「折りたたみ電動ミニベロ」の存在です。

電動自転車っぽさを感じさせないオシャレな見た目なのに、電動自転車としての機能がしっかり備わっています。さらに、折りたためて持ち運びができるという「いいとこ取り」の自転車なんです。

雑誌『家電批評』では、11月号にて、7台の折りたたみ電動ミニベロの比較検証を行いました。その結果、見事ベストに選ばれた「Daytona Pottering Bike」が2019年のEバイク部門にてベストバイとなりました。

自転車試乗した大人たち、
その全員を笑顔にした名車

Daytona
Pottering
Bike
DE01S
実勢価格:18万5000円(税抜)

サイズ:1550×985mm
ホイールベース:約1070mm(実測)
クランク長:170mm

「試しに乗ってみてください」と勧めた大人たち、その全員が「これめっちゃ楽しいっすね!」と、年甲斐もない笑顔をこぼす、なんとも快適な乗り心地が最大の魅力でした。

自転車10段変速、自然なアシスト
…そのうえ、折りたたんで運べます

比較した他製品にも素晴らしい性能をもったマシンはありましたが、このDE01Sはアシストがじつに自然で、走り出し時に「ガクン」と急加速することがない安心感の高さが格別です。

20インチの細身のタイヤはスピードの乗りがよく、まるでロードバイクのよう。アシストがなくてもスイスイ走れるのは、自転車としての完成度の高さが理由でしょう。

坂道だってこの通り

電動アシストだけでなく、10段階のギアを併用することで最適な走りが実現。急坂でも立ち漕ぎする必要などありません。

簡単に折りたたんで運べます

まずはハンドルを下げて…

つぎに本体の真ん中を。

最後はペダルを外して、終了!

折りたたみ時は685×865×385mm(実測)。シートポストを下げて、中央で折り曲げるベーシックな折りたたみ機構。クルマにも積めますよ。

フレームの剛性やブレーキの効きは識者お墨付き。さらに、バッテリー着脱が尋常じゃなくラクチンであるなど実用性の高さも素晴らしい。それでいて「折りたためる」って……。満場一致で、2019年一番楽しい乗り物認定です。

以上、「家電批評オブ・ザ・イヤー」に選ばれたEバイクの紹介でした。引き続き、ベストだった製品をご紹介していきますので、サンロクマルをチェックしてくださいね。