<外部サイトでご覧の方へ>オリジナルサイトでは、本文中の製品画像やバナーをクリックすると購入ページへ移動します。

アウトドア広さと快適さで選ぶなら
迷わず2ルームテント!

テントにはドームタイプ、ワンポールタイプなどいくつか種類がありますが、室内の広さ快適さを重視する方におすすめなのは“ツールームテント”

リビングと寝室の2ルーム構造なので、テントとは別にリビングとなる“タープ”が不要。そのぶん荷物を減らせるのが大きなメリットです。

ドームテントよりは多少設営に手間取る傾向がありますが、2ルームテントのゆったりした空間の魅力にハマれば、設営に手間取る点を差し引いても十分おつりがきますよ。

ということで今回は、アウドドアのプロが選んだ“2ルームテント”の検証レビューを公開します!

アウトドア数ある2ルームテントの中から
ベストな逸品を決定!

アウトドアの専門家に協力いただき、数ある中から選抜した5製品の2ルームテントを検証。選んで失敗ナシのおすすめ製品を選定しました。

その結果、見事ベストを獲得したのがコールマン「タフスクリーン2ルームハウス」。機能性や設営のしやすさなどで高評価となりました。

その実力をここで再確認してみましょう。

アウトドア大人でも立てる“天井2m超え”
超広々の“コールマン”が快適!

コールマン
タフスクリーン2ルームハウス
実勢価格:4万9304円


サイズ:約W320×D230×H170㎝
重量:約16㎏

リビングと寝室が一体化した人気のテント。

タープが不要なので設営の手間が大幅に省け、大型ですがアシスト機能付きなので、1人でも設営が可能です。

全面メッシュパネル仕様なので風通しが良く、虫が入ってきにくいのも魅力。悪天候時にはフラップを下ろすことで雨風を防ぐこともできます。

[ポイント①]
フラップダウンでリビングが完成

フラップを下げることで生まれるリビングは、チェアやテーブル、調理器具などを置いてもまだ余裕がある広さ。

雨天時や寒い時期には、フラップを下ろすことで濡れない空間を作ることが可能。

[ポイント②]
初心者でも設営しやすい親切設計

ポールのカラーを見れば、どこに接続すればいいのかひと目でわかる親切設計。

色で設営をサポートしてくれます。

[ポイント③]
リビング広々で居住性が高め

一番の長所はこの居住性! リビング中央部は、高さ約215㎝と成人男性でも余裕で立てるサイズ感。

広々として圧迫感がないのは、過ごしやすさを求める方には超重要です!

義村貞純 氏
アドベンプロダクツ代表
義村貞純 氏 のコメント

天井が高く、圧迫感がないのがいいですね。

以上、コールマン「タフスクリーン2ルームハウス」のご紹介でした。

何よりゆったりした空間が魅力で、悪天候にも強いのもメリットです。テントは広さが大事という方におすすめですよ。