ホームたっぷり干せて収納できる
ベストな室内物干しが知りたい!

雨の日や花粉が多い時期には部屋干しが多くなります。折りたためるタイプの物干しが多い中、最近はさらに高さや長さまで小さくなるタイプの物干しが増えてきています。しかし、たくさんありすぎて、どれがいいか迷ってしまいますよね。

ということで今回は、家族4人分の洗濯物が干せて、収納時もかさばらない室内物干しを探すべく、ニトリやホームセンターで買える人気の折りたためる室内物干し4製品をテストすることにしました。

雨の日はもちろん、普段から室内干しが多いという人、大量の洗濯物を毎日干しているという人は、ぜひ参考にしてみてください。

<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

ホーム[選び方]室内物干し選びは
干せる容量と収納性が重要です

「室内物干し」とひと口にいっても、いろいろな製品があります。優秀な室内物干しを選ぶ際のポイントは大きく2つ。その2つのポイントを詳しくみていきましょう。

[ポイント1:干せる容量]

まず外せないのが、「干せる容量」です。製品のスペックを参考に、不足にも過剰にもならないように気をつけてください。今回のテストでは、家族4人分の洗濯物の量を目安にジャッジしました。

またふとんが干せるなど、追加の機能にも注目したいところです。

[ポイント2:収納時の大きさ]

次に重要視したいのが、「収納時の大きさ」。干すときには大容量でも、使わないときはコンパクトにたたんで収納できるほうが場所を取らなくていいです。たたみ方やたたんだときの大きさをチェックしました。

さて、今回テストする4製品の中で最も優秀だったのは、いったいどの製品だったのでしょうか? 気になるランキングをどうぞ!

記事1位BEST1位は天馬 PORISH H型 PS-04
大容量で畳める部屋干しの新定番

天馬
PORISH
折りたたみ式多機能物干しH型 PS-04
実勢価格 :4199円

サイズ:W93~149×D52×H112~180cm(使用時)、W93×D12×H112cm(収納時)

見事1位に輝いたのは、天馬 PORISH 折りたたみ式多機能物干しH型 PS-04。折り畳めるので大容量の洗濯物を干せるのに、使わないときはコンパクトにしまっておけるスグレモノ。バーの高さも長さも連結部分を回すだけなのでかなり使いやすいです。

家族4人分の量を干しても余裕があり、干せる量は◎。収納時の大きさは◯で、総合評価はSでした。

[干せる容量:評価◎]

高さも長さも自由に伸ばせて家族4人の洗濯物をかけてもまだ余裕があります。バスタオルも中段だけで6枚干せ、靴やまくらも干せます。

[収納時の大きさ:評価◎]

中段のつまみを持ち上げるとラクに畳めて、数秒で開閉・収納できます。畳んでも横幅は変わらず93cmですが、高さはかなり低くなるので小さめです。

雨の日に諦めがちなシーツや布団もこの通り。使うときだけいっぱいに広げられるので、楽勝で干せちゃうのです。

設置にも収納にも力いらずなので、軽くて女性でも使いやすいです。この大きさがOKなら絶対買いです!

記事2位BEST2位アイリスオーヤマ H-MH1417
容量も収納時の大きさも文句なし

アイリスオーヤマ
組み立ていらずたっぷり物干し H-MH1417
実勢価格:6299円

サイズ:W85~140×D45×H115~175cm(使用時)、W45×D9×H115cm(収納時)

2位はアイリスオーヤマ 組み立ていらずたっぷり物干し H-MH1417。開閉完了まで少し手間がかかるので、毎日畳んで広げる場合はちょっとストレスを感じるかもしれません。

家族4人分の量がギリギリで、干せる量は◯。収納時の大きさも◯で、総合評価はAでした。

[干せる容量:評価◯]

縦と横幅を調節でき多くの洗濯物を干せます。今回のテスト量は1位の天馬同様に干せましたが、それ以上干すのは厳しい大きさでした。

[収納時の大きさ:評価◯]

折りたたむときに横のバーをいちいち片側外す必要があり、ちょっと手間に感じます。ただ、収納時のコンパクトさはこの4製品では一番でした。

記事3位BEST3位ニトリ X型物干しエルテ
安くてしっかりした作りに圧迫感

ニトリ
ステンレス X型物干しエルテ(296)
実勢価格:2990円

サイズ: W95.5~154×D70×H126.5~139.5cm(使用時)、W93×D4×H139.5cm(収納時)

3位はニトリ ステンレス X型物干しエルテ(296)。安くてしっかりした作りですが、閉じても93cmの幅が必要なので収納時に圧迫感を感じてしまいます。

量があまり干せず△。収納時の大きさも△で、総合評価はBでした。

[干せる容量:評価△]

1位の天馬と比べるとバスタオルやパンツなどがあまり数干せません。横長タイプで低め。中央のバーが低いので床に服がつくかも。

[収納時の大きさ:評価△]

横の長さを短くして、クロスしている部分を立てるだけなので畳みやすいですが、高さは変えられないので畳んでも存在感があります。

4位: 4位Ekans ダブルバータイプ
安定感がなくズレて収納時もデカイ

Ekans
Ekans
伸縮式多機能ふとん干し
ダブルバータイプ EX-701W
実勢価格:4380円

サイズ:W121~200×D79.5×H94~130cm(使用時)、W121×D10×H141cm(収納時)

4位はEkans Ekans 伸縮式多機能ふとん干し ダブルバータイプ EX-701W。安定感がなく、畳んでモノに立てかけないとズルッとズレてきます。収納時も一番どデカイです。

こちらも干せる量は△。収納時の大きさも△で、総合評価はCでした。

[干せる容量:評価△]

ニトリ同様X字に広げるタイプで洗濯物量はほぼ同じ。ニトリとの違いは奥のバーが2本な点。バスタオルの大きさもかけやすいです。

[収納時の大きさ:評価△]

これもX字のパイプをI字にするだけで収納できますが、横棒の長さは変えられないので閉まっていてもかなり存在があり、邪魔です。

以上、「折りたためる室内物干し」ランキング4選でした。洗濯量に応じて高さも長さも調節でき便利なのは、1位の天馬でした。毎日使うものだからこそ、すぐに干せて、すぐにしまえる使い勝手の良い「天馬」がおすすめです。