雑誌を読んでも
キレイな眉が描けない!

雑誌を読んでもキレイな眉が描けない!

眉は「顔のフレーム」とも言われるほど重要なパーツ。キレイに整っていると気にならないのに、左右非対称だったりボサボサだったり、少しでも変だと目立ってしまうやっかいなパーツなんです。

美容誌でも、よく眉の形に合わせたメイクテクニックが特集されていますが、真似してもなかなかキレイな眉が描けないという方、多いのではないでしょうか?

『LDK the Beauty』編集部でも試してみましたが、やっぱり雑誌みたいな美眉は描けませんでした。試した記事はこちら

美眉作りはテクニックよりも
「ブラシを変える」のが近道!

みなさん、眉を描くときにどんなアイブロウブラシを使っていますか?たいていのアイブロウパウダーには、こんな感じのアイブロウブラシが付いていますよね。

美眉作りはテクニックよりも「ブラシを変える」のが近道!

この付属アイブロウブラシで眉を描いている人が多いと思いますが、実は眉が上手く描けないのは、この付属アイブロウブラシのせいだったんです!

プロのメイクさんに取材を重ねたところ、美眉を描くには「大きなアイブロウブラシを使うこと」がポイントだと判明。実際に付属アイブロウブラシ大きなアイブロウブラシで仕上がりを比べてみると…

[付属アイブロウブラシ]

美眉作りはテクニックよりも「ブラシを変える」のが近道!

[大きなアイブロウブラシ]

美眉作りはテクニックよりも「ブラシを変える」のが近道!

アイブロウブラシを変えただけなのに、仕上がりが全然違います!大きなアイブロウブラシを使う方が、左右均等でキレイな眉に仕上がっています。

その原因は「持ちやすさ」と「手を動かす回数」にあります。まずは持ちやすさから比較してみましょう。

美眉作りはテクニックよりも「ブラシを変える」のが近道!
付属アイブロウブラシ
美眉作りはテクニックよりも「ブラシを変える」のが近道!
大きなアイブロウブラシ

小さな付属アイブロウブラシは、親指と人差し指でつまむように持つため筆先がブレて描きにくいです。一方大きなアイブロウブラシは、鉛筆のように安定して持つことができます

さらに描きやすさにもこんな違いが出るんです。

美眉作りはテクニックよりも「ブラシを変える」のが近道!
付属アイブロウブラシ
美眉作りはテクニックよりも「ブラシを変える」のが近道!
大きなアイブロウブラシ

付属アイブロウブラシは毛量が少なく横幅も狭いので、何往復もしないと眉が描けません。でも、大きいアイブロウブラシなら毛量が多いので少ない回数で眉が描けます

KIWA 氏
ヘアメイク
KIWA 氏 のコメント

小さなアイブロウブラシだと何度も往復させて描くのではみ出しやすいです。

テクニックは同じなのに、アイブロウブラシを変えるだけでこんなにキレイな眉が描けるんです♡

毛量・幅・硬さ・仕上がりで
理想のアイブロウブラシを決定!

大きいアイブロウブラシを使うとキレイな眉が描けるとわかりましたが、大きければ何でもいいわけじゃありません。アイブロウブラシの毛量や硬さによっても仕上がりは変わります。

そこで、プチプラからデパコスまで10製品を「幅・毛量・硬さ・仕上がり」の4項目で、プロのメイクさんにチェックしてもらいました!

[ポイント①:幅・毛量・硬さ]

毛量・幅・硬さ・仕上がりで理想のアイブロウブラシを決定!

ドラッグストアやコスメショップなどで手軽に買えるアイブロウブラシで、毛量が多くて幅が広く、硬すぎず柔らかすぎないブラシを探しました。

[ポイント②:仕上がり]

毛量・幅・硬さ・仕上がりで理想のアイブロウブラシを決定!
ボサ眉さん
毛量・幅・硬さ・仕上がりで理想のアイブロウブラシを決定!
マロ眉さん

ボサ眉さんマロ眉さんのモニターが、キレイな眉が描けるかをチェック。

毛量がしっかりあるボサ眉さんは、眉の隙間をきちんと埋められるか。毛量が少ないマロ眉さんは、眉の描き足しがしっかりできるかがポイントです。

それでは、ランキング1位から発表します!

プチプラなのに超描きやすい!
理想1本はロージーローザ

シャンティ(Chantilly):ロージーローザ ダブルエンドアイブロウブラシ スマッジタイプ:メイク道具

シャンティ(Chantilly)
ロージーローザ
ダブルエンドアイブロウブラシ
スマッジタイプ
実勢価格:1273円

  • 幅: 花マル
  • 毛量: ◎
  • 硬さ: 花マル
  • 仕上がり: 花マル

デパコスを押しのけてベストに輝いたのは、なんとプチプラのロージーローザ! プチプラは小さめサイズが多いなか、理想的な幅広の筆先で硬さもちょうどよいです。ボサ眉さんもマロ眉さんも、キレイな眉が描けました!

プチプラなのに超描きやすい!理想1本はロージーローザ

部分的に毛がないところもキレイにカバーし、全体的に眉のボリュームがアップしたような仕上がりに!

プチプラなのに超描きやすい!理想1本はロージーローザ

やや毛先が硬いため、眉尻に毛がないマロ眉さんも、スッと引くだけで細い眉毛が描けました。

KIWA 氏
ヘアメイク
KIWA 氏 のコメント

毛先の幅が広くて硬さがちょうどいいです。

1位に並ぶ描きやすさ!
収納しやすい白鳳堂

白鳳堂:B524 アイブロウ 斜め シャンパンゴールドミディアム:メイク道具

白鳳堂
B524 アイブロウ 斜め
シャンパンゴールドミディアム
実勢価格:3780円

  • 幅: 花マル
  • 毛量: ◎
  • 硬さ: 花マル
  • 仕上がり: 花マル

評価は1位のロージーローザとほぼ同じ!しっとりしてなめらかな筆は極上の描き心地で、ほかの製品よりやや柄が短いため、収納しやすいと高評価に。ただしお高めなので順位は2位になりました。

1位に並ぶ描きやすさ!収納しやすい白鳳堂

1回でたくさんのパウダーが取れるので、太めの眉も描きやすいです。

1位に並ぶ描きやすさ!収納しやすい白鳳堂

毛が柔らかくて地肌に優しく、マロ眉さんもキレイに描けました。

毛量が多くてボサ眉さんにピッタリ
ふんわり粉が乗るフーミー

クルー(Clue):フーミー アイブロウブラシ:メイク道具

クルー(Clue)
フーミー
アイブロウブラシ
実勢価格:3299円

  • 幅: 花マル
  • 毛量: 花マル
  • 硬さ: ◎
  • 仕上がり: ◎

一時期入手困難になったほど人気のアイブロウブラシ。眉尻までしっかり毛がある人にはおすすめですが、粉が密着しにくく、マロ眉さんが眉尻を描くのは難しいです。

毛量が多くてボサ眉さんにピッタリふんわり粉が乗るフーミー

パウダーをたっぷり含むので、ふんわりと眉にのせられます。

毛量が多くてボサ眉さんにピッタリふんわり粉が乗るフーミー

眉を描くときに毛先が広がり、眉尻が上手く描けませんでした。毛がない部分には粉が密着しづらいです。

4位: 毛先が不揃いでチクチク…
あまりおすすめできません

コーセー(KOSE):アディクション アイブロウ ブラシ:メイク道具

コーセー(KOSE)
アディクション アイブロウ ブラシ
実勢価格:3090円

  • 幅: 花マル
  • 毛量: ◎
  • 硬さ: 〇
  • 仕上がり: 〇

今回検証した中では、毛先が一番硬いアイブロウブラシでした。不揃いな毛先でチクチクした肌触りです。硬いのでマロ眉さんの眉尻はまあまあの描きやすさ。

4位: 毛先が不揃いでチクチク…あまりおすすめできません

ブラシを動かすたびにシャッシャッと音が聞こえるほどの毛先の硬さ。不揃いで肌がチクチクします。

5位: 100均のアイブロウブラシは
どれもハズレでした!

5位: 100均のアイブロウブラシはどれもハズレでした!

今回10製品を比較した中で、100均やドラッグストアなどで購入した5位以下の6製品は、どれもハズレでした。アイブロウブラシ自体がとても小さく、アイブロウパウダーの付属のものとほぼ変わりません。

大沼
LDK the Beauty編集部
大沼 のコメント

プチプラは小さいものばかり!軒並みハズレでした。

アイブロウブラシはロージーローザがイチオシです!なかなかキレイな眉が描けないとお悩みの方は、ぜひ使ってみてください♡

ロージーローザの使い方を
3ステップでご紹介♡

ここでは、1位のロージーローザを使った基本的な眉の描き方を、3ステップで解説します!

シャンテイ:ロージーローザ ダブルエンドアイブロウブラシ スマッジタイプ:メイク道具

シャンティ(Chantilly)
ロージーローザ
ダブルエンドアイブロウブラシ
スマッジタイプ
実勢価格:1273円

[ステップ①:パウダーを取って手の甲でならす]

ロージーローザの使い方を3ステップでご紹介♡

アイブロウパウダーをアイブロウブラシで3回こすって取り手の甲につけて余分なパウダーを落とします。アイブロウパウダーを取るときは、一方向に擦りましょう。

[ステップ②:眉尻から眉頭へ毛流れに逆らって一気に描く]

ロージーローザの使い方を3ステップでご紹介♡

ブラシの毛を横に平たくなるように持ち、眉尻から眉頭まで一気に描きます。上下に少しずらして引き、眉の太さを整えましょう。毛流れに逆らうことで、パウダーがのりやすくなります。

KIWA 氏
ヘアメイク
KIWA 氏 のコメント

眉はササッと描いて迷わないのがポイント。

[ステップ③:毛流れに沿って整える]

ロージーローザの使い方を3ステップでご紹介♡

最後に、眉頭から眉尻に向かって描き、毛流れを整えます。毛量の多い眉は、これだけでも見違えるようになりますよ!

以上、ロージーローザを使った基本の眉の描き方をご紹介しました。これから、まだら眉・マロ眉・左右非対称眉・ボサ眉など、眉タイプ別の描き方もご紹介していく予定なので、お楽しみに!