ビューティー日常メイクを格上げする化粧ブラシ見つけます!

ファンデーションなど、日頃のベースメイク、仕上げには何を使っていますか? 

スポンジや指を使うと、ムラになったり塗っている感が出たり……。トレンドの「素肌感」とはほど遠い仕上がりになってしまったなんてことも。

そんなお悩みを解消して、今っぽい「素肌感」のある肌をつくるにはメイクブラシが大正解。しっかり塗りで完璧にカバーするのではなく、健康的なツヤと透け感のある肌を叶えてくれるんです。また、テクニックがなくてもムラなく仕上がるなど、ほかのツールにはないメリットもたくさんあります。

ブラシには、チークブラシやリップブラシ、ハイライトブラシ、アイシャドウブラシ、アイブロウブラシ、フェイスブラシなどの単品や、一式揃ったメイクブラシセットなどありますが、ファンデーションを素肌っぽく仕上げるには、ファンデーション用のメイクブラシを使います。

辻有見子 氏
ヘアメイク
辻有見子 氏 のコメント

マット感より素肌を引き立てる仕上がりが今っぽいです。

とは言ってもメイクブラシは形状も毛質もさまざま。リキッドやパウダーなど、手持ちのファンデーションを最大限に生かせるメイクブラシを使いたいところですが、どれを選んだらいいのか迷ってしまいませんか?

そこで、雑誌『LDK』の姉妹誌でコスメ雑誌の『LDK the Beauty』(エルビュー)編集部が、ドラッグストアやAmazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、デパート・百貨店で買えるデパコス・人気・定番のプチプラ製品などメイクブラシを15製品ピックアップして比較。今回はその中から、パウダーファンデーションブラシのオススメをご紹介します!

▼検証したブランドはこちら

・エスプリーク
・メイクアップフォーエバー
・ロージーローザ
・ロフトオリジナル
・ETVOS
・matsukiyo
・SHISEIDO

ビューティーメイクブラシを使うメリットとは?

では、メイクブラシを使うとどんなメリットがあるのか見てみましょう。

メリット1:毛穴を均等にカバーしてムラなくなめらか

ファンデーションを塗るとき、指で塗るとムラになりやすく、スポンジは毛穴を埋めやすい傾向があります。柑橘類を肌に見立て、指、スポンジ、メイクブラシでファンデーションを塗ってみると、違いは一目瞭然。

メイクブラシを使えば毛穴をカバーしつつ、薄づきに塗ることができます。

辻有見子 氏
ヘアメイク
辻有見子 氏 のコメント

ハイカバーなファンデーションでも自然。指が汚れないこともメリットです。

メリット2:リキッドや粉が少量で顔全体に広げられる

じつは指よりもメイクブラシを使ったほうが、少量のファンデーションで顔全体に塗り広げることができます。

また、指は叩き込んだり何度も重ねるので肌の負担が心配。でもメイクブラシならひと塗りで広範囲に伸びるため、摩擦も少なくてすみます。

ファンデーションの使用量が少なくて済み、時短と肌負担の軽減にもなるのはうれしいですね。

メリット3:指やスポンジより自然になじむ

ムラになりやすいリキッドファンデーションも、メイクブラシを使うと、ほどよいカバー力自然なツヤが出せます。

指はなじみにくく、スポンジは高密着仕上げでしっかりめにカバーしたい人向け。ブラシはふんわり薄づきで、いちばん自然になじんでくれます

ビューティーブラシ素材は? 人口毛と天然毛の違いをチェック

メイクブラシの毛質には、大きく分けて人工毛天然毛があります。それぞれどのような違いがあるのでしょうか? 詳しく見ていきましょう。

人工毛のメイクブラシ

人口毛のメイクブラシは、丈夫なナイロン毛やポリエステル毛などを使用しています。最大のメリットは、手入れが簡単で管理しやすいこと。その反面、ものによりツルッとした毛で粉絡みが悪く、飛び散りやすいこともあります。

お手入れを簡単に済ませたい方や、メイクブラシになれないメイク初心者さんにおすすめです。

天然毛のメイクブラシ

天然毛のメイクブラシは、リスやイタチなどの動物の毛を使用しています。動物の毛は1本1本にうねりがあるので、ファンデーションの含みが抜群。肌の凹凸にも密着して、ワンランク上の仕上がりを目指せます。

ファンデーションを簡単にムラなく塗りたい方や、肌ざわりのよさを重視したい方におすすめです。

ビューティーメイクブラシの選び方・検証のポイント

今回は人気製品やSNSで話題のものなど、形状や毛質の異なる7製品をピックアップ。以下の3つの検証を実施し、トレンドの素肌を引き立てる美しい仕上がりはもちろん、使いやすさ毛質の気持ちよさまで厳しくチェックしました。

検証1:仕上がり

メイクブラシを使ってモニター自身がファンデーションを塗りました。仕上がりについて均一にムラなく塗れているか、自然なツヤ肌になれるかをプロが厳しく判定しました。

検証2:使いやすさ

細かいところまでフィットして塗りやすいかなど、使い心地は大事。スジムラにならないか、肌への密着度も重要なポイントです。

検証3:肌あたり

肌にあたるときの感触がチクチクしないか、毛質の良し悪しをチェック。メイクブラシを立てたり寝かせたりして、角度を変えながら毛質の気持ちよさを細かくテストしました。

なお、総合評価は【検証1:仕上がり】を重視して決定しています。

それでは、パウダーファンデーション用のメイクブラシの検証結果を発表します!

A評価フィット感バツグンで使いやすさNo.1「matsukiyo」

王冠アイコン

matsukiyo
ファンデーションブラシ
実勢価格:1320円

タイプ:フラット型
毛質:人工毛

▼検証結果

  • 仕上がり :◎
  • 使いやすさ:◎
  • 肌あたり :◎+

matsukiyo「ファンデーションブラシ」は、均等にカットされたやわらかい毛質でプロも大絶賛! 絶妙な角度の斜めカットで、肌のどんなカーブにもフィットします。広い面も細かい面も使いやすい形状と、コンパクトさが高評価につながりました。

肌あたりも気持ちよく、お値段以上の圧倒的なクオリティに感激です。

検証1:仕上がり

素肌感とカバー力を両立した仕上がりです。ファンデーションが均一にふわっとついて、厚塗り感がありません。毛穴だまりせず、肌アラもしっかりぼかせました。

A評価ムラのなさが超優秀!お花の形が印象的な「資生堂」

王冠アイコン

SHISEIDO
HANATSUBAKI HAKE
ポリッシング フェイスブラシ
実勢価格:5720円

タイプ:タワシ型
毛質:人工毛

▼検証結果

  • 仕上がり :◎
  • 使いやすさ:◎
  • 肌あたり :◎

SHISEIDO「HANATSUBAKI HAKE ポリッシング フェイスブラシ」は、ブランド独自の目を惹く花びら状フォルム。細やかな毛質で粉含みに優れ、ちょうどいい量のファンデーションを肌にのせられます。凹凸のある毛先が細かいところにもフィット。磨き上げるように塗るだけで、プロ仕上げ並みの上質肌をつくれます。

検証1:仕上がり

繊細な毛によって薄く均等につくので密着力があり、セミマットななめらかな肌に。肌アラも厚塗り感なくカバーし、自然なツヤも出ました。

B評価ツヤのある肌がつくれる「ETVOS」

ETVOS
フェイスカブキブラシ
実勢価格:2200円

タイプ:丸型
毛質:人工毛

▼検証結果

  • 仕上がり :◎
  • 使いやすさ:○
  • 肌あたり :◎

ETVOS「フェイスカブキブラシ」は、やや粉飛びはあるものの、ツヤのある仕上がりが叶います。1本あれば大活躍すること間違いなし!

B評価粉のりとカバー力が優秀「メイクアップフォーエバー」

メイクアップフォーエバー
ファンデーションブラシ
ミディアム 106
実勢価格:5500円

タイプ:平筆型
毛質:人工毛

▼検証結果

  • 仕上がり :◎
  • 使いやすさ:○
  • 肌あたり :○

メイクアップフォーエバー「ファンデーションブラシ ミディアム 106」は粉のノリがよく、カバー力に優れています。使い方にコツがいりますが、慣れれば問題ありません。

B評価悪くない仕上がり「エスプリーク」

エスプリーク
ファンデーションブラシ
実勢価格:1320円

タイプ:フラット型
毛質:人工毛

▼検証結果

  • 仕上がり :○
  • 使いやすさ:△
  • 肌あたり :△

エスプリーク「ファンデーションブラシ」は平均的な仕上がり。コシが強めで、毛質が硬いところが惜しいです。

C評価肌あたりがいい「ロージーローザ」

ロージーローザ
濃密ベルベットタッチブラシ
実勢価格:1375円

タイプ:タワシ型
毛質:人工毛

▼検証結果

  • 仕上がり :△
  • 使いやすさ:△
  • 肌あたり :◎

ロージーローザ「濃密ベルベットタッチブラシ」の肌あたりは良かったのですが、ブラシがごっそり粉をはらってしまいました。塗るのにやや時間がかかるかもしれません。

C評価パウダーよりリキッドにおすすめ「ロフトオリジナル」

ロフトオリジナル
フラットファンデーションブラシ
実勢価格:1650円

タイプ:タワシ型
毛質:人工毛

▼検証結果

  • 仕上がり :△
  • 使いやすさ:△
  • 肌あたり :○

ロフトオリジナル「フラットファンデーションブラシ」は粉との相性がイマイチで、うまく肌にのらずムラのある仕上がりになりました。リキッドファンデーション用として使うほうが無難のようです。

検証1:仕上がり

密集した毛とフラットな大きい面が肌の上をスルッとすべり、ファンデを削り取ってしまうのが難点。のせたいところに塗れない印象でした。

辻有見子 氏
ヘアメイク
辻有見子 氏 のコメント

毛の密度が高すぎて粉を根こそぎ取ってしまいました。

ビューティーおまけ:形状別ファンデーションブラシの使い方

ファンデーションブラシは形が違えば塗り方も異なり、それぞれに適したコツがあります。主な4つの形状をピックアップして、それぞれのおすすめポイントと、キレイに仕上がる塗り方を解説します。テクニックを実践して、より美しい仕上がりを叶えちゃいましょ。

辻有見子 氏
ヘアメイク
辻有見子 氏 のコメント

好みのブラシが見つかったら、塗り方もマスタしましょう!

先が丸い、または平らな「丸&フラット型」

【丸&フラット型のメリット】

●持ち方が自由
鉛筆持ちでも、つかむように持ってもOK。メイクブラシ初心者さんも扱いやすいブラシです。
●小回りが利く
面はもちろん、角を使えば小鼻やくぼみなどの細かい箇所にもフィットします。
●置き塗りもできる
垂直に立てた状態で塗るので、ポンポンと置けて量を調節しやすいです。

塗り方

丸&フラット型は、持ち手の力を抜くと厚塗りを防げます。

▼面をあてて垂直置きで塗る

頬などの顔の広い面は、中心から外に向かってすべらせます。押し込まず軽い力で塗りましょう。肌に沿ってすべらせるように。

▼あごはポンポンと置き塗り

あご周りはファンデーションを足さず、残ったものをスタンプを押すように軽く置き塗りします。その後、伸ばしてなじませます。

先が丸く横から見ると細い「平筆型」

【平筆型のメリット】

●微調整が自在
立てると面が小さくなり、くぼみやキワ塗りなどの細かい作業に向いています。
●重ね塗りしやすい
一度にたくさん含まないので、重ねて塗っても厚塗りになりにくいです。
●ツヤが出せる
より薄く伸ばすことができ、なめらかでツヤのある仕上がりに。

塗り方

寝かすように広げればファンデーションがより密着します。

▼鉛筆持ちで寝かせ塗り

中から外に向かって塗るのは基本。筆を立てるとスジ線ができやすいため、必ず筆を寝かせ、平たい面で横に伸ばしていきます。

▼反対側は手を返して寝かせる

利き手で持ってそのまま手を返して持ち、先に塗った面と同じように、平たい面で外に伸ばしていくのがコツ。なるべく立たせないように。

短い毛が密集した歯ブラシのような「オーバル型」

【オーバル型のメリット】

●塗り広げ方が簡単
角度に関係なく、持ってそのまま肌にあてればいいのでテクニックいらずです。
●広い面で塗れる
肌にあたる面が大きいので、少ない回数で一気に塗り広げられます。
●肌あたりがよい
毛がギュッと密集しているため、なめらかでスジになりにくいです。

【塗り方】

面を垂直にあてればムラのない均一肌に仕上がります。

▼面を肌にあてて外に伸ばす

広い面を垂直にあて、外に向かってスッと伸ばします。角度をつけるとより広範囲に塗れます。ブラシを斜めにあてるとやりやすくなりますよ。

▼小鼻は先をあててフィット

ラウンドした先端の細いところを使い、小鼻のキワにあてて塗ると毛穴もなじみやすくなります。

持ち手が短く面の大きな「タワシ型」

【タワシ型のメリット】

●接地面が大きい
面がフラットで一度に広い範囲が塗れるため、忙しい朝も時短になります。
●塗り心地がよい
毛がフラットで、ベルベットのような肌触りが気持ちいいです。
●力を調節しやすい
持ち手が短いので感覚がわかりやすく、簡単に力加減の強弱がつけられます。

【塗り方】

広い面と狭い面を駆使して細い部分まで塗れます。

▼頬は縦に持って広げる

ブラシは縦に持ち、広い面を使って内側から外に向かってすべらせます。力を入れず、やさしくあてるようにしましょう。

▼細かい部分は横に持ち替えて

目や鼻のまわりは横に持ち替え、先の部分を使って塗ると凸凹もキレイに塗れますよ。

ビューティーメイクブラシの売れ筋ランキングもチェック!

メイクブラシのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

ビューティー
【まとめ】素肌感が叶う神ブラシは?

以上、パウダーファンデーション用メイクブラシおすすめ7選でした。ベストバイ獲得の神ブラシで、メイクの仕上がりをアップしちゃいましょう。

王冠アイコン

matsukiyo
ファンデーションブラシ
実勢価格:1320円

タイプ:フラット型
毛質:人工毛

matsukiyo「ファンデーションブラシ」は、小回りの利く斜めカットの筆先で使いやすさ抜群! やわらかい毛質にはプロも大絶賛でした。

王冠アイコン

SHISEIDO
HANATSUBAKI HAKE
ポリッシング フェイスブラシ
実勢価格:5720円

タイプ:タワシ型
毛質:人工毛

SHISEIDO「HANATSUBAKI HAKE ポリッシング フェイスブラシ」は、なめらかにすべり時短でストレスフリーな逸品です。ファンデーションをしっかりキャッチして、上品美肌に仕上げます。

メイクブラシは、テクニックがなくても素肌っぽいトレンド肌がつくれる便利なアイテム。好みのタイプで、ベースメイクを格上げしましょう!