人気のサムスンSDカード2製品は
単なる容量違いではありません

アマゾンで売れ筋のマイクロSD、サムスンの「EVO Plus 32GB」と「EVO Plus 64GB」です。この2つは単純に容量違いのように見えますが、UHS-Ⅰの値をみると32GB はClass1、64GBはClass3となっています。お値段の差は容量だけではなく、UHS-Ⅰの差でもあるんです。

サムスン:microSDカード EVO Plus 32GB:SDカード

サムスン
microSDカード
EVO Plus 32GB
実勢価格:1380円

データ保護機能:防水(海水対応)、耐温度、耐磁、耐X線
温度範囲:-25℃~85℃ (動作時)、-40℃~85℃ (非動作時)
保証:10年
スピードクラス:Class10 / UHS-Ⅰ Class1
4K:非対応

売れ筋1位の32GBは、スピードクラスはUHS-Ⅰ Class1、最大読出速度は 95MB/s 最大書込速度 20MB/s。データ保存やフルHD動画撮影までなら問題なくおすすめです。

サムスン:microSDカード EVO Plus 64GB:SDカード

サムスン
microSDカード
EVO Plus 64GB
実勢価格:2679円

データ保護機能:防水(海水対応)、耐温度、耐磁、耐X線
温度範囲:-25℃~85℃ (動作時)、-40℃~85℃ (非動作時)
保証:10年
スピードクラス:Class10 / UHS-Ⅰ Class3
4K:対応

一方、64GBのほうはスピードクラスはUHS-ⅠClass3で、最大読出速度は100MB/s 最大書込速度 60MB/s。4K動画用ならこちらを選びましょう。サムスンの商品としては価格も安めでお買い得です。

SDカードの速さは
「U」マークに注目です

「スピードクラス」って何? と思われた方に、ここでちょっとご説明します。SDカードには、データを読み/書きする時の最低転送速度を保証する「SD」と「UHS」2つのスピードクラスがあります。SDはClassで表記され、数字が大きいほど高速で読み/書きが可能です。

◎SDスピードクラス    
Class2:2MB/s(最低)
Class4:4MB/s(最低)
Class6:6MB/s(最低)
Class10:10MB/s(最低)


一方UHSは、UHS規格の対応機器でカードを使った時の速度最低保証で、UHS‐Iで表記されます。UHS‐Iには、最低保証速度10MB/秒のクラス1と、30MB/秒のクラス3の2種類があり、4K動画撮影ではクラス3が必須です。

◎UHSスピードクラス
UHS-Ⅰ:Class1 10MB/s(最低)
UHS-Ⅰ:Class3 30MB/s(最低)
UHS- II:312MB/s(最大)


SDカードを選ぶ時は容量だけではなく、「UHS」にも注目しましょう。

Class3の64GBのほうが
動画編集もラクラクです

「UHS‐I クラス3」が誕生した背景には、4K動画が撮影できるカメラやスマホの普及があります。フルHDならクラス1で十分ですが、4Kで撮った大量のデータを、書き込み中に停止させることなく一定の速度で書き込むには、クラス1以上の高速アクセスが不可欠でした。

クラス3の高速性は、カメラ撮影でも発揮されます。大きな画像サイズで連続撮影する時も、クラス3ならインターバルなくシャッターを押すことが可能です。

撮影後もクラス3は使い勝手は抜群。編集した動画を保存する際もサイズが大きいほど、クラス1に比べて速くストレスがありません。

デジカメやビデオカメラなど機器側の規格がSDカードの場合は、付属のアダプターにmicroSD入れてから、

本体に差し込みます。速度はもちろん変わりませんのでご安心ください。

以上、アマゾンでベストセラーのマイクロSDカードの選び方でした。4K動画の撮影なら「UHS-I クラス3」と必ず覚えておきましょう!