ビューティー日焼け止めクッションとは?

日焼け止めクッションとは? 日焼け止めクッションおすすめ イメージ

※アディクション公式HPより

メイクの上からさっと使えるUVケアアイテムといえば、これまでは日焼け止めパウダーが主流でしたが、いま話題なのは、「日焼け止めクッション」。サンクッションやUVクッションなどとも呼ばれています。

手を汚すことなく、メイクの上から重ねるだけでメイク直しと同時にUVケアができる、と人気の新アイテムです。

透明タイプなのでスキンケアの延長で使える

クッションタイプは透明に近くてカバー力が低いので、従来の日焼け止め感覚で使えます。ツヤ感はパウダーよりも強め。乾燥が気になる人におすすめです。

でも、人気商品が本当に使いやすいのか、口コミだけでは購入しづらいですよね。そこで雑誌『LDK the Beauty』が、そんな話題の日焼け止めUVクッションのおすすめを探しました!

ビューティーメイクしたまま使えるUVアイテムの選び方は?

日焼け止めクッションはサンクッションやUVクッションともいわれ、デパコスブランドから韓国コスメまで、さまざまなブランドの商品が登場しています。

でも、ネットの口コミやレビューを見ても、どれが本当にいいのかよくわかりませんよね。

ここでは、メイクの上から重ねて使える日焼け止めパウダーや日焼け止めクッションの選び方をご紹介します。

選び方1:UVカット効果で選ぶ

日焼け止めアイテムには、UVカット効果の度合いを示す「SPF」「PA」の2種類の数値が記載されています。

SPFは、シミ・そばかすなどの原因といわれる紫外線B波の防止効果をあわらす数値。数値が高いほど紫外線B波をブロックしてくれます。

PAは、シワ・たるみの原因といわれる紫外線A波の防止効果をあらわす数値で「+」の4段階で表されます。

「+」が増えるほど効果が高くなります。日焼け対策を徹底したいという人は、「SPF50・PA++++」を選ぶといいでしょう。

選び方2:仕上がりの好みで選ぶ

日焼け止めパウダーはルース、プレストの粉タイプに加え、クッションタイプも登場しています。カバー力や仕上がりの好みで選びましょう。

ハイカバーならパウダータイプ

肌色が中心のパウダーは、メイク感が欲しい人にピッタリ。カバー力が高いのが特徴で、脂性肌向きです。

なお、パウダーには、ルースパウダーとプレストパウダーの2種類があります。

ルースタイプ
ルースタイプ 日焼け止めクッションおすすめ イメージ

ルースパウダータイプは細かな粒子状になっているため、肌にふわっと乗り、自然な印象に仕上げてくれます。

製品によっては、パールやラメが含まれているものもあるので、ツヤ感やトーンアップしたい人におすすめです。

プレストタイプ
プレストタイプ 日焼け止めクッションおすすめ イメージ

プレストパウダータイプは、粉を油分で固めたもので肌にしっかりと密着。カバー力があり、仕上がりはマットな印象です。

ツヤ重視ならクッションタイプ

ツヤ重視ならクッションタイプ 日焼け止めクッションおすすめ イメージ

透明に近いクッションタイプはカバー力が低いので、従来の日焼け止めのようなスキンケア感覚で使えます。ツヤ感が強く、乾燥肌向きです。

辻有見子 氏
ヘアメイク
辻有見子 氏 のコメント

理想とする仕上がりや肌タイプに合わせて選ぶといいですよ。

選び方3:持ち運びのしやすさで選ぶ

選び方3:持ち運びのしやすさで選ぶ 日焼け止めクッションおすすめ イメージ

外出時の化粧直しで使いたいなら、持ち運びのしやすさは大きなポイント。その点では、プレストパウダータイプがおすすめ

粉モレや粉飛びせず、ミラー付きでスリムなアイテムが多いで、バッグの中に入れやすく外出先でも重宝します。

選び方4:カラーや機能性で選ぶ

日焼け止めパウダーといっても、アイテムによってカラーや機能性もさまざま。カラーは大きく分けて「無色」と「色付き」があります。

無色のものは、いつものメイクに取り入れやすく、マスクに色が付きにくく、化粧崩れが目立ちにくいのが魅力です。

血色感を与えてくれるピンク、自然な仕上がりのベージュ、透明感を与えてくれるラベンダーなど色付きのものは、仕上がりの好みに応じて選ぶことができます。

また、シェーディングやハイライト効果がある日焼け止めパウダーや、肌にのせるとスースーする冷感パウダーも登場しているので使い心地や、なりたい肌に応じて選びましょう

選び方5:肌へのやさしさで選ぶ

日焼け止めアイテムに配合されている紫外線カット剤は、「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」という2種類の成分。

紫外線吸収剤を使った日焼け止めは、人によっては肌負担があり、アレルギー反応を起こすことがあります。

一方、紫外線吸収剤不使用のものや紫外線散乱剤を使用しているものは「ノンケミカル」とも呼ばれ、肌にやさしい傾向です。

敏感肌さんや肌荒れが気になる人は「ノンケミカル処方」「吸収剤フリー」と記載のあるアイテムを選ぶといいでしょう。

さらに石けんや洗顔料だけで落とせるタイプなら、クレンジングによる肌への負担軽減も期待できます。

ビューティー話題の日焼け止めクッションを徹底比較

話題の日焼け止めクッションを徹底比較 日焼け止めクッションおすすめ イメージ

今回は、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングなどのネット通販でも購入できる、日焼け止めUVクッション4製品をピックアップ。

テストにはヘアメイクの辻有見子さんにご協力いただき、次の3項目を検証しました。

検証項目1:UVカット力

紫外線に反応してピンクに色づくUVラベルに各製品を重ね、太陽光に当てて色の変化を測定。

その色差からUVカット率を算出し評価しました。カット率のよいものはラベルが白っぽいです。

検証項目2:仕上がり&お直し力

検証項目2:仕上がり&お直し力 日焼け止めクッションおすすめ イメージ

化粧下地にパウダーを重ね、カバー力や肌なじみのよさを評価。

さらに、塗り直しを想定して崩れたファンデーションに重ねやすいか、立体感が出るかをチェックしました。

井上生智
LDK the Beauty編集部
井上生智 のコメント

人工皮脂とスチーマーでヨレを再現した肌をきれいに直せるかチェックしました。

検証項目3:使用感

モニターが実際に試して、付属のパフやスポンジの使い勝手や肌あたりはもちろん、塗ったときのサラサラ感やパッケージのサイズ感まで使用感を併せて総合的にジャッジしました。

それでは、日焼け止めUVクッションのおすすめ商品をランキングで発表します!

ビューティー日焼け止めクッションのおすすめは?

プロと一緒に実際に使ってみた、日焼け止めクッション(UVクッション)のおすすめランキングです。それぞれの項目を緑のボタンで並べ替えられるので、商品選びの参考にしてみてくださいね。

ランキングは項目名で並び替えられます
商品 おすすめポイント
A評価
アディクションスキンケアUV タッチアップ クッション 001
日焼け止めクッションおすすめ アディクション スキンケアUV タッチアップ クッション 001 イメージ
4.25
信頼できる紫外線カット力/ツヤとうるおい、立体感アップ
5.00 3.50 4.00 4.50
45
+++
A評価
プロ・業務用プロ・業務用 UVクッション
日焼け止めクッションおすすめ プロ・業務用 プロ・業務用 UVクッション イメージ
4.13
7種類の美容成分配合/伸びがいい
5.00 3.75 3.00 4.75
50+
++++
B評価
イニスフリーノーセバム サンクッション
日焼け止めクッションおすすめ イニスフリー ノーセバム サンクッション イメージ
3.19
99.5%のUVカット率
5.00 3.00 2.25 2.50
50+
+++
B評価
VTコスメティックCICA エッセンスサンパクト
日焼け止めクッションおすすめ VTコスメティック CICA エッセンスサンパクト イメージ
2.75
5.00 2.75 1.25 2.00
50+
++++

A評価【1位】アディクション「スキンケアUV タッチアップ クッション 001」

  • アディクションスキンケアUV タッチアップ クッション 001
  • 実勢価格: ¥3,586

※ケースは別売です。

総合評価: 4.25

UVカット力
 5.00
仕上がり
 3.50
お直し力
 4.00
使用感
 4.50

高いUVカット力でツヤ&うるおいをプラス

日焼け止めクッションのおすすめランキング1位でベストバイに輝いたのは、アディクション(ADDICTION)「スキンケアUV タッチアップ クッション001」

高いUVカット力はさることながら、圧倒的なツヤ感でイキイキとした肌づくりができる逸品。

内側から発光したようなツヤとうるおいで、ムラになりにくいのでテクなしで使えます。

夏でも乾きやすい乾燥肌さんに特にオススメです。

おすすめポイント
  1. 信頼できる紫外線カット力
  2. ツヤとうるおい、立体感アップ
SPF
45
PA
+++
カラー
1

UVカット率:99.4%

UVカット力:安心の防御力

UVカット力:安心の防御力 日焼け止めクッションおすすめ イメージ

ラベルの変色が少なく、信頼できる紫外線カット力を証明。保湿しながら確実なUVカットが可能です。

お直し力:失われたツヤとうるおいが復活!

BEFORE
BEFORE 日焼け止めクッションおすすめ イメージ
AFTER
AFTER 日焼け止めクッションおすすめ イメージ

内側から発光したようなツヤでうるおいに満ちた肌に。色はつきませんが、光の反射で肌のアラを飛ばしてくれるので、多少の補整効果も期待できます。

A評価【2位】プロ・業務用「プロ・業務用 UVクッション」

  • プロ・業務用プロ・業務用 UVクッション
  • 実勢価格: ¥2,640

総合評価: 4.13

UVカット力
 5.00
仕上がり
 3.75
お直し力
 3.00
使用感
 4.75

安心のUVカット力で白浮きしにくい

日焼け止めクッションのおすすめランキング2位は、プロ・業務用「プロ・業務用UVクッション」

UVカット力も文句なしで白浮きしにくいです。

肌を明るく見せるトーンアップ成分とベタつきを抑えてサラッと仕上がる皮脂吸着成分、7種の美容成分配合。

伸びがいいのでムラになりにくく、失敗しにくいです。

おすすめポイント
  1. 7種類の美容成分配合
  2. 伸びがいい
SPF
50+
PA
++++

UVカット率:98.7%

お直し力:毛穴にたまらずピタッと密着

お直し力:毛穴にたまらずピタッと密着 日焼け止めクッションおすすめ イメージ

ムラになることなく薄く均一に塗れるので、白浮きしにくい。UVカット力も文句なし!

B評価【3位】イニスフリー「ノーセバム サンクッション」

  • イニスフリーノーセバム サンクッション
  • 検証時価格: ¥2,530

総合評価: 3.19

UVカット力
 5.00
仕上がり
 3.00
お直し力
 2.25
使用感
 2.50

ムラと粉っぽさがあり立体感が出にくい

日焼け止めクッションのおすすめランキング3位は、イニスフリー(Innisfree) 「ノーセバム サンクッション」

UVカット力は満点ですが、粉っぽさがあって立体感が出にくいです。

メイクの上から重ねると粉っぽくてムラになりやすかったです。

おすすめポイント
  1. 99.5%のUVカット率
がっかりポイント
  1. 粉っぽくて立体感が出にくい
  2. ムラになりやすい
SPF
50+
PA
+++

UVカット率:99.5%

お直し力:ツヤがなくてのっぺり顔に

お直し力:ツヤがなくてのっぺり顔に 日焼け止めクッションおすすめ イメージ

メイクの上から重ねると、粉っぽくてムラになりやすいです。

B評価【4位】VT COSMETICS「CICA エッセンスサンパクト」

  • VTコスメティックCICA エッセンスサンパクト
  • 実勢価格: ¥1,760

総合評価: 2.75

UVカット力
 5.00
仕上がり
 2.75
お直し力
 1.25
使用感
 2.00

日焼け止めクッションのおすすめランキング4位は、VT COSMETICS(ブイティコスメテックス)「CICA エッセンス サンパクト」

UVカット率は4製品中トップの99.7%と優秀ですが、バームタイプで質感が油っぽいので、メイクとなじまずヨレます。

仕上がりは白すぎて、顔の血色が悪く見えるのが残念です。

SPF
50+
PA
++++
型番
VJPD00133

UVカット率:99.7%

お直し力:青白くて血色が悪く見える

お直し力:青白くて血色が悪く見える 日焼け止めクッションおすすめ イメージ

油っぽい質感だからか、メイクとなじまずヨレが悪化。白すぎる色も使いにくいです。

ビューティー日焼け止めクッションのおすすめ まとめ

以上、日焼け止めUVクッションのおすすめランキング4選でした。

4製品ともUVカット率は高かったものの、仕上がり、お直し力や使用感で差が出ました。

ベストバイに輝いたのは、アディクション「スキンケアUV タッチアップ クッション 001」

日中のうるおいチャージに最適なアディクション

日中のうるおいチャージに最適なアディクション 日焼け止めクッションおすすめ イメージ
日中のうるおいチャージに最適なアディクション 日焼け止めクッションおすすめ イメージ2

アディクション
スキンケアUV タッチアップ クッション 001

※ケースは別売です。

アディクション「スキンケアUVタッチアップ クッション 001」は、日差しをブロックしながら日中の乾燥まで防げます。

日焼け止めUVクッションが気になっている人は、本記事のおすすめランキングを参考に、ぜひお気に入りを見つけてみてくださいね。

ビューティーフェイスパウダーの売れ筋ランキングもチェック!

フェイスパウダーのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。