AV機器レグザ&グーグルホームで
リモコンのストレスから解放

仕事から帰宅した後にテレビをつけようとしたけれど、リモコンがどこにあるかわからずにイライラ。そんなストレスを解消してくれるのが、Google Homeと連携して「声」だけで操作できる東芝のREGZAシリーズ。

東芝:REGZA 55X910:テレビ

東芝
REGZA 55X910
実勢価格:30万4110円
サイズ・重量:W122.9×H72.8×D17.0mm・24.9g(卓上スタンド含む)
イメージセンサー:APS-C(約2410万画素)
※スマートスピーカー対応は2017年以降に発売されたTimeOn対応の4Kレグザ

現時点で連携できるのはX910、Z810X、BZ710X、M510X、C310Xとなっています。

グーグル:Google Home:スピーカー

グーグル
Google Home
実勢価格:1万5120円
サイズ・重量:φ96.4×H142.8mm・約477g

この声による操作はシンプルで、まずスピーカーに「OK Google」と発声。続けて「REGZAを使って、××して」と希望の操作を口にすると、テレビが反応してくれます。ちなみに設定で「REGZAを使って」の発声を省略することもできます。

テレビのチャンネルや音量操作を「声」だけで行えるREGZAなら、「リモコンが見つからない」なんてストレスもありません。

実際に使ってみたところ、まれに発声スピードが速すぎてスピーカーの動作が追いつかない場面も見られましたが、おおむねスムーズに反応しています。

AV機器基本操作ならおまかせ
正確に認識してくれます

現在操作できる主な内容は電源のON&OFFやチャンネル切り替えに加えて、

音量のUP&DOWNや、

字幕のON&OFFやREGZAの再生&停止、早送り&早戻しなどの基本操作がメインです。「You Tube」や「みるコレ」で使えないのが残念ですが、これから対応していくことに期待したいところです。

なお、チャンネル切り替えについては、チャンネル数でも局名でも認識してくれました。たとえば「フジテレビをつけて」でも、「8チャンネルをつけて」でもしっかり反応してくれます。

AV機器3ステップで簡単にできる
スマートスピーカーとテレビの連携

スマートスピーカーとテレビの連携についてはこれらの設定に加えて、スマホで専用アプリの操作も必要です。

Google Home:アプリ

Google Homeアプリ(スマホ)
価格:無料
(※リンクはiOSのほうに飛びます)

まず、REGZAの電源を入れて、「みるコレ」を表示。その後、画面右下にある「クラウド設定」を選択します。

「スマートスピーカー連携設定」から「スマートスピーカー連携」を選ぶとコードが表示されます。

スピーカーをREGZAとつなぎ、専用アプリをインストールしたスマホに連携コードを打ち込みます。これで完了です!


以上、スマートスピーカーをリモコンで使う方法を紹介しました。REGZAの該当機を持っている人はぜひ試してください。リモコンを探すイライラから解放されますよ。