食品雑貨専用の保存袋を使うだけで
野菜は7日間も持ちます

せっかくおいしそうな野菜を買っても、食べきる前に傷んでしまうことありますよね? 実は野菜は、自身の成長を促すエチレンガスを発生しており、そのガスをなるべく野菜のまわりにためないようにしないと、どんどん傷んでいってしまうんです。

こちらのレタスをそのまま冷蔵庫で保存すると……。

この通り。ヘナヘナになってしまいます。

そこで活躍するのが、野菜専用の保存袋。表面にミクロの穴が空いており、そこからエチレンガスを放出してくれます。

実際に使ってみると……。

この通り。そのままで保存するより、格段に長期保存が可能になりました。今回、3種類の保存袋を7日間使用してみたところ、微妙な違いはあるものの、どれもシャキッと良い状態で保存できました。その中で、特に使い勝手が良かったのがこちらの「くりかえしつかえる やさいエコバッグ」です。

保存:野菜:裏ワザ:保存袋:長持ち:レタス:冷蔵庫:p-プラス:くりかえしつかえる やさいエコバッグ L

P-プラス
くりかえしつかえる やさいエコバッグ L
検証時購入価格 388円/2枚
(※製品をクリックするとアマゾンの商品ページが開きます)

ジッパー部分のつくりが他の商品に比べしっかりしているので、快適に使用できます。

ただし袋自体が薄い素材のため、思いきり口を開くと袋が破れそうになるので、その点だけ注意してくださいね。

保存:野菜:裏ワザ:保存袋:長持ち:レタス:冷蔵庫:p-プラス:くりかえしつかえる やさいエコバッグ L

サイズはS、M、Lあります。(画像はアマゾンの商品ページより)

こちらが3種類の保存袋を検証した結果です。

※価格は検証時に編集部にて購入した価格です

食品雑貨ジップロックでもOK?
密閉性が高いので向きません

一見代用できそうなジップロックですが、密閉性が高いため、野菜から出た水分が袋内部にたまってしまいます。

旭化成ホームプロダクツ
ジップロック
ストックバッグM
購入価格 248円/20枚

実際試してみましたが、野菜が全体的に濡れ、葉先も少々しなしなになってしまいました。

以上、いかがでしたか? ぜひ、参考にしていただければ幸いです。


360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。