ホームスペース問題を解決!
ケースに詰めるをやめる

かさばる冬服のせいで、ケースがすぐいっぱいになってしまうという相談に答えてくれたのは、整理収納アドバイザー・大橋わかさんです。大橋さんいわく、「すべての服を収納ケースに入れないといけない、という考えを捨てましょう」とのこと。風呂敷を使った独立収納をオススメしてくれました。

ホーム分厚い服は風呂敷包んで
デッドスペースにポンと置く

夏服を収納していたのと同じスペースに冬服を入れると、2~3着入れただけですぐにいっぱいになってしまいますよね。

ダウンジャケットやセーター、帽子、手袋などまとめてを風呂敷に包んで、収納ケースとは別のところに仕舞います。

クローゼットの棚の上や、コート下、押入れの奥など余っているスペースに包んだものを置いてしまえば収納完了です!
大橋さん「ケース以外の場所も収納スペースとしてムダなく使いましょう!!」

ホーム扱いにくい素材も風呂敷で解決!
シャカシャカした素材もまとめます

ウインドブレーカーやダウンは、平積みすると崩れやすく収納に苦労しますよね。そんなときも、風呂敷が便利です。シャカシャカして滑りやすい素材を集めて、まとめて風呂敷に収納するだけ!

包むときには、大きめの風呂敷や薄手のひざ掛けでもOKです。崩れる前に一気にくるんでしまいましょう。

このとき、結び目はあえて作らないことがポイントです。こうしておけば収納ケースや、引き出しに入れて重ねることもできます。もちろん、このまま独立させてもいいですよ。

ホーム害虫はどの季節にいる?
答えは、1年中です

今の住宅環境は、一年を通して快適な温度と湿度が保たれているので、季節を問わず害虫が発生します。お洋服を大切にしまうなら、密閉された空間で防虫剤だけでなく、除湿剤も併用してケアするのをオススメです。

防虫剤が必要なのはウール素材だけ! と思っていませんか? 実はどんな素材にも防虫剤は必要なんです。お洋服を食べる害虫は、ウールに限らず皮脂汚れといった美味しい汚れが付着していれば、綿や化学繊維でも食べちゃいます。

中でも、のり付けされた服は注意が必要です。のりや汚れがあると、害虫が寄ってきて遠慮なく食べられてしまいます! しっかりと対策しておきましょう。

冬服の収納方法の悩みや、防虫剤への疑問はこれで解決したのではないでしょうか。箱詰めしない収納方法や、防虫剤の効果を活かして、お気に入りのお洋服を大切に保管してみてください!