キッチン除菌をうたう14製品から
最強の食器用洗剤を決定!

毎年恒例となっている、テストする女性誌『LDK』による食器用洗剤ベストランキング。

今年のテストのポイントは、ズバリ「除菌力」。LDK2017年1月号で行った「洗浄力」「泡立ち・泡もち」「手肌へのやさしさ」3つのテストに加え、専門機関の協力のもと「除菌力」テストを導入し、汚れも菌も落として、本当に食器がキレイになる洗剤を探しました。

TEST結果は全5回の連載形式で掲載

今回は予告編として、まずは本テストのポイント、そして今回エントリーした全14製品を紹介していきます。

キッチンスポンジにはトイレブラシと
同じくらいの菌が潜んでいる!

「食べ物を扱う台所はキレイで当然!」と思いきや、じつは菌が棲みつきやすい格好の環境だってご存知ですか? とくに、食器洗い用のスポンジは雑菌だらけ。多くのスポンジに潜む一般生菌の数は、何と1億個以上といわれています。この数字、トイレブラシと同じかそれ以上なんです。

[スポンジについていた菌]

スポンジにちょっと残っている洗剤では、ほぼ除菌されていないという事実……!

キレイにしているつもりでも、じつはとっても汚いキッチンまわり。過去、総菜店などで発生したO-157は、食材の管理に問題はなく、調理器具についた菌が原因だと考えられています。

つまり、洗剤は「除菌できること」がとっても重要! そこで編集部では、ホントに良い洗剤の条件を以下に設定しました。

条件1:洗浄力
食器にこびりついた汚れや、油汚れのヌルヌルをいかに素早く、ラクに落とせるか。これは、食器洗いの手間が大きく変わります。

条件2:除菌力
スポンジやまな板に洗剤を広げて放置することで、菌をどれだけ除去できるか。キレイを保って食中毒を防ぎます。

条件3:泡立ち&泡もち
どれだけ快適な泡で食器を洗えるか。泡立ちや泡もちがいいと、洗剤をつぎ足すことなく洗い物ができます。

条件4:手肌へのやさしさ
どれだけ手肌への刺激を減らせるか。上記3条件が良くても、刺激が強い洗剤だとストレスになってしまいます。

以上の条件を検証するため、「洗浄力」「除菌力」「泡立ち」「手肌へのやさしさ」の4テストを行いました。各テストのポイントはこちらです。

キッチン【テスト①洗浄力】中華料理店の
油まみれの食器1500枚を洗浄!

老舗中華料理やさんに協力いただき、実際に1週間お皿を洗いつづけるテストを敢行! 油や米つぶのこびりつきなど、あらゆる汚れのついた食器を、洗剤1製品あたり100枚のお皿を洗い、汚れの落ちやすさをチェックしました。

協力いただいたのは、老舗の中華料理店さんです。

1製品あたり100枚も洗っていると、汚れの落ち方にハッキリ違いが見えました。

キッチン【テスト②除菌力】専門機関で
菌を培養し、除去効果をチェック

専門機関の協力のもと、スポンジにいる菌と「大腸菌」と「黄色ブドウ球菌」などを培養し、これらの菌が各洗剤によってどれくらい除去できるか効果を検証しました。

[菌を培養]

菌を塗って、培養します。

[各洗剤を菌に塗布]

洗剤によって除去効果に差が出ました。以下ズームして見てみましょう。

こちらは除菌力が高い洗剤。洗剤まわりに菌がおらず、除菌できています。

一方除菌力の低い洗剤は、洗剤のすぐそばまで菌が繁殖しているのが分かります。

キッチン【テスト③泡立ち&泡もち】同量の
洗剤の泡に、油を垂らしてチェック

泡が立ってストレスなく洗えるかの「泡立ち&泡もち」テストでは、スポンジに同量の洗剤を含ませたときの泡立ちと、そこに油を垂らしたときの泡の状態を評価しました。

[泡立ちチェック]

同じ量の洗剤をスポンジに垂らし、10回もみモコモコ具合をチェックします。

[泡もちチェック]

泡だったスポンジに、油を大さじ1垂らします。泡がしぼまなければ高評価になります。

キッチン【テスト④手肌へのやさしさ】
洗剤の泡に油を垂らしてチェック

専門機関で肌への刺激を検証しました。手肌と同じタンパク質成分の卵白に、洗剤を混ぜ、6時間後に卵白がどれだけ濁ったかチェック。白く濁る洗剤ほど、刺激が強い傾向となります。

[洗剤を混ぜる前の状態]

洗剤を入れる前は、卵白は透明です。

[洗剤を混ぜ6時間たった状態]

こちらは刺激が弱い洗剤。透明さを保っています。

刺激が強い洗剤だと、たんぱく質が分解され白く濁ります。


以上が今回行った4つのテストになります。次は、テストした除菌をうたう洗剤・全14製品を一気にご紹介してまいります!

キッチン「除菌」をうたう全14製品
どれがナンバーワンに?

2017年1月号でトップの「キュキュット ハンドマイルドカモミールの香り」や、歴代ランキングの実力者「チャーミーVクイック」のほか、コンビニやスーパーのプライベートブランドなどもエントリー。この中からナンバーワンを決定していきます。

以下はあくまでもエントリーした製品です。ランキングではありませんのでご注意ください。

エントリー①
[中華の油汚れも落とせる?]

花王:ファミリーフレッシュコンパクト:食器洗剤

花王
ファミリーフレッシュコンパクト
実勢価格:127円/270ml

液性:中性
※ Amazonのリンク先は270ml×5個セットの商品ページになります

エントリー②
[洗浄力アップの実力は?]

花王:キュキュット:食器洗剤

花王
キュキュット オレンジの香り
実勢価格:216円/240ml

液性:中性

エントリー③
[歴代ランキングの実力者!]

ライオン(LION):チャーミーVクイック:食器洗剤

ライオン(LION)
チャーミーVクイック
実勢価格:194円/260ml

液性:中性

エントリー④
[除菌力に特化したキュキュット!]

花王:キュキュットクリア除菌:食器洗剤

花王
キュキュットクリア除菌
実勢価格:130円/240ml

液性:弱酸性
※こちらの商品は2019年7月リニューアル製品が出ています
※Amazonパントリーの価格です

エントリー⑤
[ナノ洗浄でギトギト油も攻略!]

ライオン(LION):CHARMY Magica スプラッシュオレンジの香り:食器洗剤

ライオン(LION)
CHARMY Magica
スプラッシュオレンジの香り
実勢価格:158円/230ml

液性:中性

エントリー⑥
[昨年トップの座を守れるか?]

花王:キュキュット ハンドマイルド:食器洗剤

花王
キュキュット ハンドマイルド カモミールの香り
実勢価格:154円/230ml

液性:中性
※こちらの商品は2019年7月パッケージデザインが変更されています(中身の変更はございません)

エントリー⑦
[除菌力枠のホープ!]

ライオン(LION):CHARMY Magica除菌+:食器洗剤

ライオン(LION)
CHARMY Magica除菌+ 
実勢価格:162円/220ml

液性:中性
※Amazonはパントリー商品のページへ移動します

エントリー⑧
[使い心地の良さを見せられるか?]

ライオン(LION):CHARMY 泡のチカラ手肌プレミアム:食器洗剤

ライオン(LION)
CHARMY 泡のチカラ手肌プレミアム
実勢価格:203円/240ml

液性:中性

エントリー⑨
[期待のお買い得洗剤!]

トップバリュ:食器用洗剤 JUICY ORANGE:食器洗剤

トップバリュ
食器用洗剤 JUICY ORANGE 
実勢価格:96円/250ml

液性:弱アルカリ性
※こちらの商品はパッケージデザインが変更されています

エントリー⑩
[肌へのやさしさに自信アリ!]

ライオン(LION):チャーミーマイルド:食器洗剤

ライオン(LION)
チャーミーマイルド
実勢価格:169円/260ml

液性:中性
※Amazonパントリーの価格です

エントリー⑪
[ドラッグストアPBはよく落ちる?]

サンドラッグ:ホワイトライター お茶の香り:食器洗剤

サンドラッグ
ホワイトライター お茶の香り
実勢価格:327円/800ml

液性:中性

エントリー⑫
[除菌といえばこの1本!]

P&G(ピーアンドジー):除菌ジョイコンパクト:食器洗剤

P&G(ピーアンドジー)
除菌ジョイコンパクト
実勢価格:116円/190ml

液性:弱アルカリ性
※こちらの商品はリニューアル製品が出ています

エントリー⑬
[PB界代表の実力やいかに]

セブンプレミアム:食器用洗剤オレンジの香り:食器洗剤

セブンプレミアム
食器用洗剤オレンジの香り
実勢価格:108円/240ml

液性:中性

エントリー⑭
[無添加洗剤からの刺客!]

シャボン玉石けん:シャボン玉  台所用せっけん:食器洗剤

シャボン玉石けん
シャボン玉 台所用せっけん
実勢価格:310円/300ml

液性:弱アルカリ性

以上、エントリーした14製品でした。


ご協力いただいた専門家の方たち

(左)神奈川歯科大学 微生物感染学分野 佐々木 悠 先生
微生物感染学分野で講義等を行う博士(歯学)

(右)神奈川歯科大学 微生物感染学分野 稲葉啓太郎 先生
歯科大学にて微生物感染学分野で活躍する歯科医師

FCG総研
フジサンケイグループの研究機関。商品テストの実績に定評あり

今回は「除菌力」がテストに加わり、前回よりパワーアップ! 最強の食器用洗剤はどれなのか? まずは中華料理店のお皿洗いでチェックした「洗浄力編」は明日公開! お楽しみに!!