食品雑貨【ソース】中濃が中間!
粘度と味の濃さで選ぶ

ウスターソースととんかつソース、味が濃いのはどちらかご存じですか? とんかつソース! と答える方も多いかもしれませんが、実はそうではありません。ウスターソースはソースの大元となるソースです。そして、ウスターソースにでんぷんなどを加えたり、野菜の割合を多くして粘度を増したのがとんかつソース。つまり、ウスターソースはとんかつソースを水で薄めたものではなく、むしろ味が濃く、塩分量が多いものなんです。

また、中濃ソースは2つのソースを混ぜて生まれたソースで、とろみも味も、中間くらいになっています。見た目では違いが分からないので覚えておくとよいでしょう。

スパイスが効いているウスターソース

ブルドックソース:ウスターソース

ブルドックソース
ウスターソース
実勢価格:202円

【ソース】中濃が中間!粘度と味の濃さで選ぶ

味:濃い
粘度:低い

ウスターととんかつをブレンドした中濃ソース

ブルドックソース:中濃ソース

ブルドックソース
中濃ソース
実勢価格:206円

【ソース】中濃が中間!粘度と味の濃さで選ぶ

味:中間
粘度:中間

酸味や塩気は抑えめなとんかつソース

ブルドックソース :とんかつソース

ブルドックソース
とんかつソース
実勢価格:196円

【ソース】中濃が中間!粘度と味の濃さで選ぶ

味:優しい
粘度:高い

Q.カレーの隠し味にソースを入れるとおいしいのはなぜ?

A.ソースは野菜を煮て調味料やスパイスで味付けをしたもの。そのため、カレーの味を引き立てるのにとても適した調味料なんです

【ソース】中濃が中間!粘度と味の濃さで選ぶ

相性の良さの秘密は、ソースもカレーも、野菜&調味料+スパイスでできているためでした!

食品雑貨【マヨネーズ】カロリーオフは
キユーピーハーフが再現度高

売場で多く見かけるカロリーオフ系のマヨネーズは、油を減らした分、失われるとろみやコクを他の材料で補っているため、味や食感が異なっています。キューピーハーフはそうしたタイプの中でも特にマヨネーズ再現度が高く、料理に使っても物足りなさをあまり感じません。他の商品だと気になる口溶けの悪さやダシ風味も見られないので、非常に優秀な商品です



マヨネーズは材料によって2つの種類に分けられます

【マヨネーズ】カロリーオフはキユーピーハーフが再現度高

マヨネーズには油がたくさん使われています。カロリーを減らすために油をカットし、代わりにとろみを出す増粘剤などを入れているのがマヨネーズ風調味料。保存方法や食感などが違います。

本家はコクが強く酸味もハッキリ

キユーピー:キユーピーマヨネーズ

キユーピー
キユーピーマヨネーズ
実勢価格:205円(450g)
15gあたり100kcal

日本の家庭で最も使用されているマヨネーズ。卵は卵黄だけを使い、りんご果汁などを使った酢を使用しています。

ハーフはスッキリした味でクセがない

キユーピー:キユーピーハーフ

キユーピー
キユーピーハーフ
実勢価格:292円(300g)
15gあたり50kcal
※現在はパッケージを変更しています

こちらも同様にりんごを使った酢を使用。とてもマヨネーズに近い味わいで、人によっては普通のマヨネーズよりも好みという人もいるかもしれないあっさり味!

以上、ソースとマヨネーズの選び方でした。お好みの味で選ぶか、カロリーや塩分で選ぶか……。ぜひお気に入りを見つけてみてください。


360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。