そのお悩み、永久指名のコスメとテクで解決します!

旬のアイテムを取り入れても、みんながやってるテクニックを真似してみてもなんだかいつも同じ顔になったり、夕方には崩れてしまったり……。もしかしてそれ、コスメ選びテクニックが間違っているのかも!?

そこで、なかなか抜け出せない長年のメイク悩みを解決するため、雑誌『LDK』の姉妹誌でコスメ誌の『LDK the Beauty』がさまざまなアイテムの仕上がりや使用感をチェック。メイクのプロが目からウロコのテクニックを紹介します



その中から今回は、派手になりすぎないカラーメイクにおすすめの「カラーライナー」の使い方テクとおすすめアイテムです!

カラーメイクって派手になりすぎませんか?

いつもの茶シャドウのまま、ライナーだけ遊んでみて!

いつものブラウンシャドウもいいけれど、マンネリで飽きてしまったら、カラーライナーを足してみましょう。派手になりすぎるのはちょっと……ならニュアンスカラーになる程度にこっそり入れるのがポイント。アイシャドウはブラウンのまま、ライナーだけチェンジ!

NANA 氏
ヘア&メイクアップアーティスト
NANA 氏 のコメント

色によってラインの引き方を変えてみましょう。

ベースのアイシャドウはツヤ感のあるブラウン

SHIRO
カレンデュラ
アイシャドウリキッド
カラー/OC02
実勢価格:3850円

SHIRO「カレンデュラ アイシャドウリキッド」はツヤ感が華やかなリキッドシャドウです。

ブラウンシャドウだけだと上品ですが、単色使いには飽きてしまうことも。

そこでプラスするおすすめのカラーライナー6アイテムと引き方のポイントをご紹介します!

鮮やかなピンクは休日メイクに UZU「アイオープニングライナー PINK」

UZU
アイオープニング
ライナー
カラー/PINK
実勢価格:1650円

UZU「アイオープニングライナー PINK」は、全体に引くと甘くなりすぎるので、目頭と目尻に少しずつ入れるのがコツです。

目尻は細めに引いて。

目頭は太めに。

ポイントは「目頭と目尻に少量ずつ」です。

下まぶたに赤みを足すとうるうる目に UZU「アイオープニングライナー BURGUNDY」

UZU
アイオープニング
ライナー
カラー/BURGUNDY
実勢価格:1650円

UZU「アイオープニングライナー BURGUNDY」は、上の目尻はやや太めに、下は ほんのり色をのせる程度におさえるのがコツです。

目尻はやや太めでOK。

引きはじめは細くしましょう。

ポイントは「上は目尻、下は目頭だけ」です。

印象的なブルーはほんの少し イヴ・サンローラン「アイライナー ウォータープルーフ 3 -ブルアンパシアン」

イヴ・サンローラン
アイライナー
ウォータープルーフ
カラー/3 -ブルアンパシアン
実勢価格:3630円

ブルーカラーのイヴ・サンローラン「アイライナー ウォータープルーフ 3 -ブルアンパシアン」は、上は目頭にちょいのせ。目尻は三角形を小さく描き足すようなイメージでひきます。

目頭に細ーくひいて。

何となく青みがかかります。

ポイントは「上は目頭のみ、目尻は三角に」です。

シャドウを重ねて肌なじみを重視 シャネル「スティロ ユー ウォータープルーフ 948 -ジャングル グリーン」

シャネル
スティロ ユー
ウォータープルーフ
カラー/948 -ジャングル グリーン
実勢価格:3520円

シャネル「スティロ ユー ウォータープルーフ 948 -ジャングル グリーン」は、上は全体にラインを引いたら、ブラウンシャドウを重ねて色をなじませます。

下は目尻から3分の1程度。

上はシャドウを重ねて。

ポイントは「シャドウをはさむイメージ」です。

肌なじみがいいオレンジは下にも ヴィセ リシェ「カラーインパクト リキッドライナー OR240」

ヴィセ リシェ
カラーインパクト
リキッドライナー
カラー/OR240
実勢価格:1100円

ヴィセ リシェ「カラーインパクト リキッドライナー OR240」は、肌なじみがいいので、下まぶたにも入れるくらいがちょうどいいです。

こちらは肌なじみがよく初心者向けです。

茶シャドウとも相性抜群です。

ポイントは「上は全体、下は目尻に」です。

個性的な色はあえて目尻に引かない UZU「アイオープニングライナー YELLOW」

UZU
アイオープニングライナー
カラー/YELLOW
実勢価格:1650円

UZU「アイオープニングライナー YELLOW」は、個性的なので目頭から3分の2くらいまで引くのが目立ちすぎずおすすめです。

目を開けると隠れるので……。

ちょっと太めに描くのがポイントです。

ポイントは「あえて目尻を外して引く」です。

以上、カラーメイクにおすすめの「カラーライナー」の使い方テクとおすすめアイテムをご紹介しました。ポイント使いならハッキリ色が出るものがおすすめ。馴染みのいい色は下にも入れていつもと違った目元を演出してみましょう。

ちなみに、「永久指名のコスメ&テク」特集を掲載した『LDK tne Beauty』2021年4月号はこちらで読むことができます。

『LDK the Beauty』4月号

LDK the Beauty
2021年4月号

ぜひ、記事を参考にしてみてください!