選び方から塗り方までキホンを知って、メイクのお悩み解消

選び方から塗り方までキホンを知って、メイクのお悩み解消

頑張ってフルメイクしたのに、「今日すっぴん?」っていわれたら、もうがっかりですよね。これって、キホンをすっ飛ばした自己流メイクが原因かもしれません。

そこで、あいまいなままの自己流メイクを卒業するため、メイクのプロに「ベースメイク」「アイブロウ」「アイメイク」「リップ&チーク」それぞれの知っているようで意外と知らない超キホンのテクニックやコツ、コスメの選び方を教えてもらいました。この機会に、基本を見直してみませんか。

今回は、「アイライン」「まつげ」「メガネ」に関するアイメイクのお悩みにお答えします。

覚えておきたい! メイクで失敗しないための3カ条

第一印象は3秒で決まるといわれています。だからメイクって本当に重要! でも、だからといって難しく考えないで大丈夫。まずはこちらの3カ条を覚えておきましょう。

覚えておきたい! メイクで失敗しないための3カ条

その1:失敗を怖がらず、トライしてみる!

まず、自分の顔を鏡でじっくり観察しましょう。メイクでどんな顔になりたいのかをイメージしてトライ&エラーを繰り返すのが、実はお悩みを解消する一番の近道です。

その2:世間の「〇〇すべき!」は適度にスルー!

「大人はマットより絶対ツヤ肌」「ベースに一番お金をかけるべき」など一般的によくいわれることでも自分に合わないときは、守らなくてもOKです。

その3:トレンドがマストバイとは限らない!

勢いで買ってしまったコスメ。使いこなせていますか? ベスコスだから、モデルが紹介しているからというアイテムだとしても、自分にも合うかどうかは別問題だということを意識するようにしましょう。

それでは早速、お悩み別のコツをご紹介します。

[アイライナー]太さや長さよりも描く場所が一番大事!

アイラインの役割は、目のフレームを強調させること。そのため「まつげや粘膜のスキマを埋めるように」するのが鉄則です。とはいっても「スキマがない……」「場所がよく分からず何となく引いている」という人は多いかもしれません。

鏡で正面から目をみたときに、目の粘膜が見えているか否かでアイラインを引く場所は変わってくるので、こちらを参考にしてみてください。

▼目の粘膜が見える人

▼目の粘膜が見える人

まつげの量が少なく、かつ目の粘膜が正面からはっきり見えるタイプは、しっかり粘膜を埋めると目がくっきりします。粘膜を埋めずに外側だけにアイランを引くとかえってぼんやりした印象になるので注意です。

▼目の粘膜が見えない人

▼目の粘膜が見えない人

粘膜は見えないけれどまつげの量が少なめでスキマが目立つ人は、ペンシルを使ってまつげの間が目立たないようにして。一気に引こうとすると線がガタつくので、点を打つように少しずつ描きましょう。

▼まつげのスキマも見えない人

▼まつげのスキマも見えない人

すっぴんの状態でまつげの量が多く、キワの粘膜もスキマも見えないタイプの人は、無理に埋める必要ナシ。まつげのすぐ上のまぶたに細めに引くと程よく目のフレームが強調されます。

新里沙智子 氏
ヘアメイク
新里沙智子 氏 のコメント

ラインの引き始めはどこからでもOKです

[まつげ]マスカラの塗りムラは「鏡の角度」で解決!

せっかくマスカラを塗っても先端しかついてなかったり、ムラがあると残念……。じつはこの塗りムラができるのは鏡の角度のせいなんです。

[まつげ]マスカラの塗りムラは「鏡の角度」で解決!

自分の目線と平行に鏡を持ってマスカラを塗ろうとすると、まつげの先端しか液がつきません。顎を上げて鏡を見下すように持つとまつげの根元が見えやすくなりしっかりコーティングできますよ。

[まつげ]マスカラの塗りムラは「鏡の角度」で解決!

少しアゴを上げて鏡を見下ろすように。この塗り方なら根元からしっかり塗れます。

[メガネ]ワンランク濃いアイメイクで脱「なんか地味な人」

メガネをかけているときは、レンズで目が小さく見えてしまい、いつもどおりメイクしてもぼやけたようになりがちです。

[メガネ]ワンランク濃いアイメイクで脱「なんか地味な人」

アイラインなしのナチュラルなメイクだと、締まりがなくぼんやり顔になってしまいます。

メガネのときはまつげをしっかりカールして目の縦幅を強調するのがポイントです。いつものメイクよりも気持ち濃いくらいに仕上げてもケバくなりません。

[メガネ]ワンランク濃いアイメイクで脱「なんか地味な人」

目元をしっかり強調させると全体の印象が華やかになりますね。

ちなみに、レンズにまつげが当たるのはビューラーが原因です。

[メガネ]ワンランク濃いアイメイクで脱「なんか地味な人」

メガネのレンズにまつげが当たる人はカールが弱めであることが原因です。ビューラーを使用して根元からしっかり上げてみてくださいね。

ぼんやり&地味な目元を解決する「アイメイク」についてご紹介しました。せっかくアイメイクをしてもぼんやり顔じゃもったいない! すぐに真似できるテクばかりなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ちなみに、「私たち、自己流メイクで人生半分損してる!」特集を掲載した『LDK tne Beauty』2020年9月号はこちらで読むことができます。

『LDK tne Beauty』2020年9月号

『LDK tne Beauty』2020年9月号

『LDK tne Beauty』
2020年9月号

ぜひ、記事を参考にしてみてください!