ホーム今こそ“大人のソロ活”がおすすめです!

みんなで集まってレジャーを楽しむことがむずかしい昨今。でもこんな時こそ普段ならしないこと、できないことをやってみるチャンス。ひとりの時間を満喫する方法を考えてみませんか?

家具にこだわってみたり、クリエイティブに趣味を追求してみたり、ちょっといいものを食べるのもアリ。優雅な大人のひとりスタイルに寄り添ってくれるモノたちをご紹介します。

ホーム有名デザイナーズチェアのジェネリック家具がお買い得!

おうち時間を過ごすアイテムで必要不可欠な一つがチェア。長時間座るものかつ、インテリアの顔になる大事なアイテムです。最近では、「リプロダクト家具」といって、デザインの意匠権が切れたインテリアを忠実に再現したコピー家具があります。

ジェネリック家具とも呼ばれ、有名デザイナーによってデザインされた憧れの高級インテリアも格安で手に入るのが最大の魅力。

今回は 、「リプロダクト家具」の中でも最安ランクのリラックスチェア3製品をプロが採点。デザインの細部まで丁寧にチェックし、どれがお買い得で優秀なデザインチェアなのかテストしました。では、結果を見てみましょう!

A評価再現度が高い! R&M Interior Store「Contour Chair」

R&M Interior Store
Contour Chair(コンターチェア)/
パッチワーク ブルー リプロダクト品
実勢価格:4万5000円

サイズ・重量:約69 × H95 × D77㎝ (シートH40cm)・ 約12kg

▼テスト結果
デザイン:A-
座り心地:A+
作りの良さ:A
総合評価:A


3製品の中でも最もおすすめだったのが、R&M Interior Store「Contour Chair」。「細部の差異が帳消しになるほど快適!」と、プロからも高評価を得ました。

正規品はグラント・フェザーストーン作「コンターチェア」で、20万円前後。これなら4万円台で購入できます。背もたれが大きく座りやすいのにコンパクトで、ひとり暮らしの部屋にも馴染むサイズ感。 ナチュラルな部屋によく合うデザインです。

注目ポイント1:デザイン

ぱっと見のフォルムは本物に近く再現性が高いです。脚の形が少々違うものの、気にならないレベル。

注目ポイント2:座り心地

座面が広くリラックス感があって座りやすいです。背もたれの角度もちょうどよく、体を預けられます。幅が広く湾曲した背もたれは寄りかかると心地いい!

注目ポイント3:作りの良さ

しっかりとした作りでぐらつきは ナシ! 座面のファブリックの縫製も丁寧で文句なしの好印象です!

くろだあきこ 氏
All aboutインテリアショップガイド・インテリアコーディネーター
くろだあきこ 氏 のコメント

くつろげる大きさや形なのにカジュアルに置けるのがいいですね

B評価イームズのリプロダクト タンスのゲン「イームズ ラウンジチェア オットマン」

タンスのゲン
イームズ ラウンジチェア
オットマン リプロダクト
実勢価格:4万9800円

サイズ・重量:W82 × H89 × D86 ㎝(シートH40cm)・
約14kg 

▼テスト結果
デザイン:B-
座り心地:B+
作りの良さ:B
総合評価:B


正規品はチャールズ&レイ・イームズ作「ラウンジチェア」で70万円前後タンスのゲン「イームズ ラウンジチェア オットマン」は本物の高級感を思うともの足りないですが、存在感は大。これを置くには広いスペースが必要です!

注目ポイント1:デザイン

オットマン付きの優雅なスタイルだけど、チェアとオットマンの本来あるべき一体感がないのが残念。座面の素材もチープな印象でした。

注目ポイント2:座り心地

座ったまま眠れますが、本家に比べて革が硬く、沈み込みはありません。小柄な人には大きすぎて落ち着かないかも。

注目ポイント3:作りの良さ

座面は硬めで全体的にしっかりとした印象。しっかりしてはいますが、本物の重厚感ほどではありませんでした。

B-アルネ・ヤコブセンのリプロダクト タンスのゲン「スワンチェアリプロダクト」


タンスのゲン
スワンチェアリプロダクト
アルネ・ヤコブセン
デザイナーズチェア
実勢価格:2万9800円

サイズ・重量:W68 × H77 × D63 ㎝(シートH43×D46cm)・約19kg

▼テスト結果
デザイン:C
座り心地:B
作りの良さ:B
総合評価:B-


本家はアルネ・ヤコブセン作「スワンチェア」で、価格は50万円前後~。タンスのゲン「スワンチェアリプロダクト」の再現性はやや乏しく、プロポーションは微妙ですが、リラックス度を求めずに普通のイスとして購入を考えるならアリです。

注目ポイント1:デザイン

本物のような繊細さはなくドッシリとした印象。背もたれの角度が違うので少しエレガントさが足りません。

注目ポイント2:座り心地

背もたれが立っていて、オフィスチェアくらいの感覚の座り心地でした。

注目ポイント3:作りの良さ

イスとしての作りや縫製はいいのですが、本物にはない位置に縫い目があったり本家とは全くの別物でした。

以上、 「リラックスチェアのリプロダクト」3選をご紹介しました。リプロダクトとはいえ、高級インテリアのジェネリック版を導入すればおうち時間も華やかで快適になります。少しでも日々のストレスから解放されてみては? ぜひ参考にしてみてくださいね!

▼こちらもリプロダクトの名品チェアです