スマートフォンポイント①:片手持ちでも
スイスイ文字入力できます

これまで、キーボードを左右に寄せる機能は、サードパーティ製にしかありませんでしたが、その機能を標準搭載し、片手でしっかり持ったまま楽にタイプできるようになりました。実際に試すと誤入力も減って入力スピードも上がりますよ。

地球のキーを長押しすると、片手キーボードを選択できるメニュー画面が表示されます。キーが狭くなり、左右どちらにでも寄せられるので、お好みでカスタマイズしてください。

iOS 11には、iPhoneを片手で操作しやすくする機能が充実しています。片手キーボードとともに利用したいのが下から画面をスワイプして表示されるコントロールセンターです。ここに、よく使う機能を登録しておくと便利です。片手タップで素早く使いましょう!

スマートフォンポイント②:面倒なコピペ要らず
指先で単語を移動できるんです

文字の切り貼りってうまくいかないとイライラしますよね。iOS 11はコピペもラクチンです。テキスト入力モードで画面を強めに押し、文字が浮き上がったら素早く移動。これだけでOK!

スマートフォンポイント③:スタンプだって
パッと選んでサクッと送信

iOS 11は、これまでのユーザインターフェースが見直されている部分が多くあります。LINEのスタンプのように使えるステッカーが、画面下部に表示されているアイコンから素早く送信できるようになりました。これまでよりずっと少ないタップで送信できるので、メッセージの返信も素早くできます。

スマートフォンポイント④:画面も地味に改善です
文字が太くて読みやすい

最後は文字入力ではなく、見た目のお話です。iOS 11ではシステムで使われている文字が若干太く見やすくなりました。iOS 10のアプリアイコンと比べると見やすくて、目に優しいのがよくわかりますよね。


いかがでしたか? ちょっとしたことですが文字入力やコピペはスムーズにいかないとストレスがたまるものです。特に片手キーボードはPlusユーザーの長年の不満を解消してくれます。早速試してみましょう。