ビューティー一重&奥二重に合う正しいメイクテクニックって?

メイクの見本と言えば、パッチリ二重のモデルがメインのことが多いですよね。

でも、雑誌『LDK』から生まれた姉妹誌でコスメ誌の『LDK the Beauty』が読者に目の形についてアンケートをとったところ、約半数の人が自分は奥二重&一重、または左右の形が異なるとの回答でした。

一重&奥二重に合う正しいメイクテクニックって?

※LDK the Beauty webアンケートより

さらに、「アイメイクで一番悩むアイテムは?」というアンケートでは、なんと約7割の人がアイシャドウとアイライナーについて悩んでいるということが判明しました。

ということで、『LDK the Beauty』ではプロに取材や検証を実施! 一重・奥二重メイクをお悩みや願望別にお答えしていきます。

今回は、「幅広めの奥二重さん」のための、「オレンジシャドウで華やか顔になりたい」願望を叶えるメイクテクニックをご紹介します。

ビューティー人気のオレンジシャドウを映えさせるメイク術

人気のオレンジシャドウを映えさせるメイク術

幅広めの奥二重さんは、アイシャドウを広めに入れても目尻しか目立たない……なんてこと、ありませんか。

人気のオレンジシャドウが映えないなら、のせる範囲を広げるのが一番。ターゲットは下まぶた目尻1/3のゾーンです。

目尻を囲むように入れ、境目をイエローでグラデにすれば、ヘルシーさあふれる華やかな目元に。アイラインはブラウン、マスカラは深いグリーンで抜け感を出しましょう。

人気のオレンジシャドウを映えさせるメイク術

アイシャドウは主役のオレンジとベージュを使用。お好みでぼかす用のイエローのアイシャドウを。アイラインはブラウン、マスカラは上まつ毛だけオレンジと相性のいいグリーンで華やかさをUPします。

用意するアイテム

・オレンジのアイシャドウ

用意するアイテム

・ベージュのアイシャドウ

用意するアイテム

・ダークブラウンのリキッドライナー

用意するアイテム

・マスカラ下地

用意するアイテム

・グリーンのカラーマスカラ

用意するアイテム

塗り方

1:ベージュアイシャドウをアイホールへ

塗り方

ベージュをアイホール全体に広げます。まぶたが厚い人は、下側2/3に狭めに入れてください。

2:オレンジを上下の目尻1/3に入れる

塗り方

オレンジをチップで上の目尻1/3のキワにぼかします。目尻を囲むように下の目尻1/3にものせてください。

3:オレンジの周りをぼかす

塗り方

目尻のオレンジの境目をぼかします。淡いイエローのアイシャドウでぼかしてグラデにする方法もおすすめです。

4:ラインは極細で上まぶたキワのみ

塗り方

上まつげの下側から生え際に埋め込むようにして、こげ茶のリキッドライナーを細く引きます。

5:上だけグリーンのカラーマスカラを

塗り方

マスカラ下地を塗った後、グリーンのカラーマスカラをつけて抜け感を出したら完成です。

兵藤小百合 氏
メイクアップアーティスト
兵藤小百合 氏 のコメント

見える範囲に狙いを定めて色をのせるのがポイントです

以上、オレンジシャドウで華やか顔になるアイメイクのご紹介でした。

ちなみに、「一重・奥二重のアイメイク、正直どーすりゃいいんですか!?」特集を掲載した『LDK the Beauty』2021年1月号はこちらで読めます。

ビューティー『LDK the Beauty』2021年1月号

『LDK the Beauty』2021年1月号

『LDK the Beauty』
2021年1月号

ぜひ、参考にしてみてくださいね!