ビューティー一重&奥二重に合う正しいメイクテクニックって?

メイクの見本と言えば、パッチリ二重のモデルがメインのことが多いですよね。

でも、雑誌『LDK』から生まれた姉妹誌でコスメ誌の『LDK the Beauty』が読者に目の形についてアンケートをとったところ、約半数の人が自分は奥二重&一重、または左右の形が異なるとの回答でした。

※LDK the Beauty webアンケートより

さらに、「アイメイクで一番悩むアイテムは?」というアンケートでは、なんと約7割の人がアイシャドウとアイライナーについて悩んでいるということが判明しました。

ということで、『LDK the Beauty』ではプロに取材や検証を実施! 一重・奥二重メイクをお悩みや願望別にお答えしていきます。

今回は、まぶた重めの一重さん「腫れぼったく見えないピンク系アイメイク」を叶えるメイクテクニックとアイテムをご紹介します。

ビューティーピンクは濃淡ワントーンで奥行き感を出すのがキモ!

まぶた重めの一重さんは、ピンク系のアイシャドウでメイクすると、ぶつけたみたいな腫れ目になりがちってこと、ありませんか。

ピンクシャドウは目尻側に細めに入れるのが基本。事前に同系色の濃いめライナーでまつげのキワを埋めてぼかし、マスカラも同じ色味で濃淡ワントーンにすると奥行き感が出て、腫れぼったくならずにピンクが楽しめます。

ビューティー腫れぼったく見えない!ピンク系アイメイク術

ピンクシャドウは、目元がぼやけにくい高発色のものがオススメ。ただ、見える範囲は限られるので、アイラインとマスカラも同系色の濃いめにして、目元全体にじんわりピンク味を演出しましょう。

※ご紹介するアイテムは色みや質感の参考なので、お手持ちのコスメやお好みの色で再現可能です。

用意するアイテム

・高発色のピンクシャドウ

・薄ピンクのリキッドシャドウ

・バーガンディーのジェルアイライナー

・バーガンディーのマスカラ

・バーガンディーのリキッドアイライナー

塗り方

1:リキッドシャドウをベースにON

まずはベースとして、パール感のある薄ピンクのリキッドシャドウをアイホール全体へ塗ります。

2:ジェルライナーをぼかして深み出し

バーガンディーのジェルライナーを上の目頭~黒目上、下の黒目外側に引き、綿棒でぼかします。

3:目尻側ラインはリキッドで長めに

黒目外側~目尻は、2と同系色のリキッドでラインを引いてください。目尻は輪郭に沿ってスッと延長します。

4:ラインの上にピンクシャドウを

3の目尻側ラインにピンクシャドウを重ね、上方向にぼかします。キワに沿ってサッと内側にも。

5:同系色マスカラを上下まつ毛へ

まつげも同系色に染めたら、最後にラメライナーを下まぶた目頭~黒目に引き、涙袋を強調して完成です。

以上、目が腫れぼったく見えないピンク系アイメイクのご紹介でした

ちなみに、「一重・奥二重のアイメイク、正直どーすりゃいいんですか!?」特集を掲載した『LDK the Beauty』2021年1月号はこちらで読めます。

ビューティー『LDK the Beauty』2021年1月号

『LDK the Beauty』
2021年1月号

ぜひ、参考にしてみてくださいね!