ヘルスケア快眠のための環境を整えよう

夜、ぐっすり眠れてますか。

なかなか夜寝付けない…、気分が沈みがち…。そんなときに試してほしいのが、音と光で睡眠環境をコントロールしてくれる快眠家電。

快眠のための環境を整えよう

リアルな自然音のスピーカーや、朝日の光で目覚める目覚ましなど、さまざまな快眠家電があるんです。

でも、本当に効果があるのか、心配ですよね。そこで、テストする美容誌『LDK the Beauty』が実際にテストしました。その結果、おすすめはこちらでした。

ヘルスケア自然音で快眠に誘うスピーカー

自然音で快眠に誘うスピーカー

サウンドオアシス
Bluetooth
スリープサウンド
セラピーシステム
BST-100
実勢価格:6980円

サウンドオアシス「Bluetooth スリープサウンド セラピーシステム BST-100」は、波や雨の自然音、集中しやすくするホワイトノイズなど10種類の音を搭載したスピーカーです。本体操作で音を流せるので、寝る前にスマホをいじることなく、実際に自然の中にいるような気分が味わえます。

深みのあるサウンドで、コンパクトなのにスピーカーとしても優秀です。

スマホとつながなくてもOK

スマホとつながなくてもOK

SDカードに10種類のサウンドが入っているため、スマホで設定の必要がありません!

アプリで音の種類を増やせる

アプリで音の種類を増やせる

アプリをダウンロードして、好みの音を追加することも可能です。

小林麻利子 氏
眠りとお風呂の専門家
小林麻利子 氏 のコメント

快眠には特に、水の音がオススメ。眠るときは、歌が入った曲は避けましょう

ヘルスケア光の目覚ましで体内時計をリセット! 

光の目覚ましで体内時計をリセット! 

YABAE
光目覚まし時計
MY-11
実勢価格:3699円

夜、スムーズに眠るために大切なのはいい目覚め。YABAE「光目覚まし時計」は、だんだん明るくなる光と、小鳥の声などの自然音でやさしく目覚めることを目指した目覚まし時計。光量は20段階、明るくなるまでの時間も細かく設定できるのもポイントです。

光の調節はなんと20段階

光の調節はなんと20段階

光の量は20段階。点灯しはじめるのは10~60分前で設定可能です!

感覚的に操作できる

感覚的に操作できる

時間や光、音など複数ボタンで入眠・起床をカスタマイズできます。

ヘルスケアだんだん呼吸の間隔が長くなるメトロノーム

だんだん呼吸の間隔が長くなるメトロノーム

Dodow
スリープ メトロノーム
実勢価格:7109円

呼吸を整えて自然な眠りに誘うというDodow「スリープ メトロノーム」。青い光に合わせて呼吸します。だんだん呼吸の間隔が長くなるのはイイです。吐く時間がもっと長いとよりGood。

タップするだけでON&切り替え

タップするだけでON&切り替え

1回のタップで8分、2回のタップで20分の起動時間が選べます。暗い部屋でも操作が簡単です。

ヘルスケアおまけ:眠りのプロが愛用! 快眠グッズ

聴覚・嗅覚・視覚で快眠の環境を整える

聴覚・嗅覚・視覚で快眠の環境を整える

cheer
Sleepion3
実勢価格:1万2980円


眠りにつく環境を簡単に整えてくれる便利アイテム。スイッチを回すだけで操作も簡単。音と光と香りの3つの刺激が1つになっているのがうれしいポイントです。

睡眠スコアがわかる!

睡眠スコアがわかる!

Fitbit
Fitbit
Charge4
実勢価格:2万179円


眠りを可視化させることは睡眠改善への第一歩。身につけるだけで睡眠や運動、心拍数を記録してくれます。

友野なお 氏
睡眠コンサルタント
友野なお 氏 のコメント

身につけるだけで自分の睡眠がわかります!

以上、快眠家電をご紹介しました。

ちなみに、「美快眠グッズ60」特集を掲載した『LDK the Beauty』2020年10月号はこちらで読むことができます。

ヘルスケア『LDK the Beauty』2020年10月号

『LDK the Beauty』2020年10月号

『LDK the Beauty』
2020年10月号


ぜひ、記事を参考にしてみてください!