AV機器“今、アツい家電”は?読者・識者・家電好き芸人にアンケート!

ネットを疑う家電購入ガイド『家電批評』では、毎月、数多くの家電を検証・紹介しています。しかし、別ジャンルで注目している家電や、改めて使ってみたら超便利だった以前の製品などはなかなかフォローすることができません。

そこで、いつもご協力いただいている識者の方々だけでなく、家電好きの芸人や読者の皆さま、総勢405人からアンケート調査し「家電・デジタル総選挙」を実施! 「これで暮らしを変えました」「とにかく誰かにオススメしたい」という気持ちで一票を投じてもらい、「今、アツい家電」をピックアップしました。

その中から今回ご紹介するのは、自宅のオーディオ環境をちょい足しでグレードアップできちゃう家電3選です。

AV機器PC音源が復活するヘッドホンアンプ iFi Audio「ZEN DAC」

iFi Audio
ZEN DAC
実勢価格:1万9800円

サイズ:W100×H35×D158mm
重量:491g
入力:USB3.0 Bソケット(USB2.0互換)
フォーマット:44.1/48/88.2/96/176.4/192kHz PCM 2.8/3.1/5.6/6.2/11.2/12.4MHz DSD 352.8/384KHz DXD
DAC:Bit-Perfect DSD & DXD DAC by Burr Brown

iFi Audio(アイファイオーディオ)「ZEN DAC」は2019年10月に発売、ヘッドホンブーム時に一躍名を世に知らしめました。PCやスマホからUSB経由で接続しハイレゾ再生にも対応する据え置き型のUSB DAC/ヘッドホンアンプで、あらゆるデジタル音源を高水準で処理してくれます。

特筆すべきはその価格。アンバランス出力だけでなくバランス出力にも対応しているのに、たったの2万円とは驚きです!

高性能のヘッドホンにつなげてほしい

音楽鑑賞にPCやスマホに直挿ししている人にオススメです。PCの音源をDACを通すだけで音が別物になりますよ!

USBから給電するバスパワー対応でPCオーディオがはかどる

USBバスパワーなので、別途ACアダプターを用意する必要がありません。ここまで価格を下げられた要因といえます。

高橋敦 氏
オーディオライター
高橋敦 氏 のコメント

デスクに置いても邪魔にならないサイズ感が使いやすい。

AV機器いい音で映画を楽しむなら BOSE「Lifestyle 650」

BOSE
Lifestyle 650
home entertainment system
実勢価格:53万9000円

サイズ・重量:W40.59×H6.5×D25.8cm・4kg(コンソール)
W4.67×H14.66×D4.67cm・0.35kg(OmniJewelスピーカー)
W54.2×H4.82×D4.68cm・1.2kg(OmniJewelセンタースピーカー)
W29.5×H32.5×D29.5cm・13.6kg(Acoustimassベースモジュール)
W16.6×H4.1×D7.8cm・0.28kg(ワイヤレスレシーバー)
オーディオ形式:Dolby Digital、Dolby Digital Plus、Dolby TrueHD、DTS、MPEG2-AAC、リニアPCM(2.0/5.1)

BOSE「Lifestyle 650 home entertainment system」は、人気が高まっている映像と共に本格的な音で映画を楽しめるサウンドバーです。サテライト・センター・サブウーファーがセットになった最新モデルで、力強く厚みのあるサウンドを鳴らしてくれます。

目玉は新開発のサテライトスピーカー

上下のドライバーに挟み込まれたプレートがサウンドを360度方向に拡散させます。

ユーザー
ユーザー のコメント

物理的なサラウンドスピーカーはやっぱり最高です!

AV機器PCに手早く音を出し入れするFOCUSRITE「Scarlett 2i2」

FOCUSRITE
Scarlett 2i2
実勢価格:1万9140円

サイズ:W175×H47.5×D98.8mm
重量:470g(アクセサリー除く)
対応サンプルレート:44.1kHz、48kHz、88.2kHz、96kHz、176.4kHz、192kHz
対応OS:Mac OS10.12以降、Windows 7(64bit)、Windows 8.1、Windows 10
入出力:マイク入力/2ライン、楽器入力/2ライン アウト/2(ステレオ1系統)ヘッドフォンアウト

FOCUSRITE「Scarlett 2i2」は、PCで様々な音源を取り扱うのに便利な「Scarlett」シリーズのUSBオーディオインターフェースです。AD/DAコンバーターを見直し、接続もType-Cになりました。電力供給が安定し、伝送速度も向上しています。

小さい筐体にインポートが2つ

▼正面
1ch/2chともにXLR/TRS兼用のコンボジャックがあり、それぞれINST・AIRボタンがあります。

▼裏面
「Scarlett」シリーズもUSB Type-Cの端子に。メインのTRSフォン出力が2つ並んでいます。

原田裕弘 氏
東京音研放送サービス代表
原田裕弘 氏 のコメント

良い音をコストを抑えて取り扱います。

以上、自宅の環境をグレードアップできるオーディオ家電3選をご紹介しました。どれも趣味を深掘りするのにぴったり。オーディオマニアも推薦しているアイテムですのでぜひチェックしてみてください。

AV機器『家電批評』2020年10月号

家電批評
2020年10月号

「家電・デジタル総選挙」の詳しい結果が掲載された『家電批評』2020年10月号はこちらから購入できます。家電好きの芸人やプロも愛用品を紹介。ぜひチェックしてみてくださいね。