食品雑貨素材のうま味をサポートする
顆粒・粉末だし

素材のうま味をサポートする「だし」は、料理のキホンとなります。日本料理に使われる代表的なだしの素材は、かつお節・いりこ・昆布・乾しいたけの4つです。

でも、かつお節を削ったり、乾しいたけを一晩かけて戻す手間を毎回かけるのは大変ですよね。そんなときは、お湯に溶かすだけでだし汁として使えるだけでなく、炒め物やあえものなどにも使える便利な「顆粒・粉末だし」が便利です。

でもたくさんありすぎて、どれを選べばいいか迷ってしまうということありませんか。今回は、20製品をピックアップし、「味」、「香り」、「成分」、「使用感」、「コスパ」に注目して検証しました。

その結果、もっともオススメの製品はこちらでした。

食品雑貨香りが際立ち、味も優しくシンプル
「素材力だし こんぶだし」

リケン
素材力だし こんぶだし
実勢価格:204円/5g×7袋

※Amazonは5g×28本入商品の販売ページです

原材料名:風味原料(昆布エキス、昆布粉末)、デキストリン、糖類(麦芽糖、砂糖)、酵母エキス、でん粉、米油
おすすめ料理:湯豆腐・みそ汁・煮物・炒め物・スープ

顆粒だしの中でトップの得点だったのは、リケンの「素材力だし こんぶだし」でした。昆布の香りも感じられ、優しい味の煮物や湯豆腐に最適です。

こちらが中身の顆粒です。

こちらが実際の煮汁です。だし調味料のなかでは、香りが引き立っています。

  • 味: 19.5点
  • 香り: 18点
  • 成分: 11点
  • 使用感: 6.5点
  • コスパ: 8点
  • 総合点: 63点

▼詳しい検証方法やランキングはこちらでご紹介しています。

以上、顆粒・粉末だしのオススメをご紹介しました。記事を参考に、お気に入りを見つけてください。