<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は『MONOQLO』2020年5月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

メンズ何を着ればいいのかわからない…30~40代の“服装問題”

日中はシャツ1枚でも過ごしやすい日が増えましたね。とはいえ、まだまだ気温差が激しいこの時期、直面するのが「今年は何を着ればいいんだ……」という、服装の問題です。

流行が過ぎた服は着れないし、年齢とともに洋服の趣味も変わっていきます。30~40代ともなると、着たい洋服もなくなり、自分がどんな格好をすればいいかわからなくなる人も多いはず。しかもそんな状態であれば、なおさら服にお金はかけたくないもの。ですが、仕事や出先でまわりからダサいと思われて、いい気はしません。

メンズユニクロやGUからプロが厳選!“脱・ダサ見え”の格安アイテム

そこで、テストするモノ批評誌『MONOQLO』では、プチプラブランドでおなじみのユニクロとGUを中心に、格安で販売されているアイテムの中から、ダサ見えしないと思われるものをプロが厳選

選んだ服は、この春の2大トレンドであるセットアップとコートをはじめ、ロンT、ニット、デニムといったカジュアル服など。バイヤー・ライター・スタイリストとあらゆるファッションの専門家たちがデザイン面から辛口でジャッジすると同時に、保温性やはっ水性など、機能面もラボで科学的にテストしました。

メンズ格安アイテム「オープンカラーシャツ」を検証

レジャーなどもっとカジュアルなシーンでシャツを着るなら、よりゆったり感のあるオープンカラーが正解。リラックスして見えるのに大人の上品さも感じさせるアイテムです。

今回はオープンカラーシャツを「生地の質感」「着心地」「シルエット」の3項目で検証しました。格安でも使える「オープンカラーシャツ」をランキング形式でご紹介していきます!

S評価GU「スエードタッチ」は野暮ったい顔まわりもごまかせる!

GU
スエードタッチ
オープンカラーシャツ
実勢価格 : 2739円

素材:ポリエステル100%

▼検証結果
生地の質感:◎

スエードさながらの光沢感やあたたかみがあります。

着心地  :◎
やわらかくて軽い、文句なしの着心地。

シルエット:○
ゆったりと広がる形でお腹まわりが隠せます。

評価   :S
生地の質感が圧倒的によく、他のシャツにはない上品さが感じられます。

スエードが上品な印象を生みます。

インナーを着た方がダサく見えない!

よりカジュアルに抜け感を出せるオープンカラー。スエードタッチは、革のようなヌメりのある生地が大人っぽく、上着に羽織れるボリューム感も◎。ゆったりシルエットで、大きなお腹も隠せます!

軽やかな印象になる明るい色のTシャツやデニムと合わせるとバランスが良いです。

おすすめポイント1:ゆるっと広がるシルエット

ゆったりサイズ。

シャツに特有のキュッと締まる感じがなく、ゆったり着られます。お腹のラインが出にくいのが嬉しいですね。

おすすめポイント2:強い抜け感を生地の上質さがカバー

首周りのヌケ感がGOOD。

より抜け感が強調されるが生地が上質なので上品さがあります。胸元までざっくり見えるのもポイント!

スエードタッチは、生地の高級感で全体の印象を引き締め、大人の余裕とキメを両立できます。

森井良行 氏
スタイリスト
森井良行 氏 のコメント

形はほぼ変わらないので、素材感が決め手です

A評価GUのグレンチェックはダサくないけど若者向け

GU
オープンカラーシャツ(長袖)
(グレンチェック)
実勢価格 : 2189円

素材:ポリエステル75%・レーヨン24%・ポリウレタン1%

▼検証結果
生地の質感:○

スベスベとした触り心地は○。柄は人を選ぶかも。

着心地  :◎
テロッとした生地で着ていてストレスを感じません。

シルエット:○
横幅がやや広めだが、太く見えないデザインです。

評価   :A
大人が着てもダサくは見えないものの、柄やビッグシルエットがやや若者向けです。

人を選ぶ柄。合う人には合います。

A評価GUのベーシックタイプは着こなしにコツがいりそう

GU
オープンカラーシャツ(長袖)
実勢価格 : 2189円

素材:ポリエステル74%・レーヨン24%・ポリウレタン2%

▼検証結果
生地の質感:○

少しザラッとした質感。厚みもあり品質は良好です。

着心地  :◎
通常のシャツより大きめな作りなので着やすさはGOOD。

シルエット:○
こちらもやや大きめの作りで体型をごまかす効果がアリ。

評価   :A
質感がワークシャツっぽいので、着こなしによっては作業着感が出てしまうかも。

肌触りは悪くない生地質です。

B評価ユニクロは柄によってはパジャマっぽく見える

ユニクロ
チェック
オープンカラーシャツ(長袖)
実勢価格 : 3289円

素材:レーヨン51%・綿49%

▼検証結果
生地の質感:△

ペラペラで安っぽく、柄もパジャマのよう……着こなすにはテクニックが必要です。

着心地  :◎
他と比べて薄くて軽い分、着心地はバツグン!

シルエット:○
裾がかなり長いものの、着こなしによってはスッキリ見えます。

評価   :B
パジャマ感が強い柄や生地の薄さが気になります。よく考えて着ないとダサ見えしてしまいそう。

薄くて着やすいのは良いが、柄がパジャマッっぽさを醸します。

メンズハンガーにかけたまま衣類ケア!シャツのシワを撃退

格安オープンカラーシャツランキングはいかがでしたか? 一枚あるとカジュアルなコーディネートが作りやすくなるオープンカラーシャツ。顔まわりがスッキリ見える上、大人の余裕感を醸し出すことができます。

オープンカラーシャツを長く着回すためにも、衣類ケアは欠かせません。サンロクマルがオススメするのは、軽く持ちやすいティファールの「トゥイニー オートスチーム」です。スチームが大量に放出され、柔らかいシワならすぐキレイになります。

シャツの細かなシワが一瞬でキレイに伸び、アイロンとしての機能も優秀です。

ティファール
トゥイニー オートスチーム
DV9120JO
実勢価格:6255円

サイズ・重量/W100×D325×H115mm・830g
消費電力/1200W
水タンク容量/60ml

スチーム量が多く、ハンガーにかけたままで使えるのが嬉しいところ。強力なだけでなく細かな蒸気で、短時間で美しく仕上げてくれます。

この価格でこの性能。シワなしシャツにすぐ仕上がります。

▼スマートに衣類ケアをしたい人のための“モテ家電”を紹介した記事はこちら。

以上、おすすめのオープンカラーシャツと衣類ケアグッズをご紹介しました。

プチプラでも十分使えて、各メーカーの特徴が光るオープンカラーシャツ。ランキングを参考に、ぜひお気に入りの一着を手に入れてくださいね。