AV機器ヘッドセットの種類を知ろう

(出典) photo-ac.com

ヘッドセットにはさまざまな種類があり、それぞれに長所と短所があります。

自分の使う環境によって合うヘッドセットは異なるため、まずはヘッドセットの種類を把握しましょう。

「装着方法」や「形状」で使い心地が異なる

ヘッドセットは、主に3種類の形状があります。

・オーバーヘッド型
・イヤホン型
・耳かけ型

『オーバーヘッド型』は、ヘッドバンドにイヤーパッドがセットされているタイプです。フィット感があり、耳に負担がかかりにくいため、長時間の使用に適しています。

『イヤホン型』は、『カナル型』と『インナーイヤー型』の2種類に分けられます。

カナル型は、シリコンなど柔らかい素材でできたパーツを耳の中に入れて使うタイプで、遮音性に優れています。インナーイヤー型は耳穴の入り口に引っかけて使うタイプで、周囲の音が聞きやすいことが特徴です。

『耳かけ型』は、フック部分を耳の上にかけて聞くタイプです。耳にかぶせるようにして使うため、イヤホンでは耳の穴が痛くなるという人に向いています。

接続方法の違い

ヘッドセットの接続方法には、『有線タイプ』と『無線タイプ』があります。

『有線タイプ』は、接続が安定しているのがメリットです。ただし、接続したい機器によっては、対応するケーブルの形状が異なることがあります。

ケーブルの形状は、主に『ステレオミニジャック』と『USB』があり、万が一タイプが違うと、購入しても使えないので注意しましょう。一般的には、USBの方が音が良く、ノイズが入りにくいとされています。

一方『無線タイプ』は、Bluetoothに対応している機器であれば接続ができるのがメリットです。接続が安定しないこともありますが、最新の製品では、ほとんど問題ないでしょう。

AV機器ヘッドセット選びでこだわりたいポイント

ヘッドセットの選びの基本となる『形状』や『接続方法』を押さえたら、より使い勝手を良くするために、詳細なポイントも確認していきましょう。

通話の性能や、長時間の装着を想定した着け心地についても解説します。

通話や会議に重要な「マイク性能」

マイク性能は、自分の声が相手にどう聞こえるかにかかわってきます。『ノイズキャンセリング機能』付きのマイクであれば、周囲の音を軽減してくれます。

また、マイクが拾う音の範囲『指向性』にも注目しましょう。

・一方向の音を拾うため雑音に強い『単一指向性』
・マイクの正面と背面の音を拾う『双指向性』
・360度の音を拾う『無(全)指向性』

テレワークやWEB会議で使う場合は、周囲の声を拾わない『単一指向性』がおすすめです。生活音や雑音も入らないため、配信やゲーム実況にも向いています。

複数人数でミーティングをする場合は、全ての方向の音を拾う『無(全)指向性』がいいでしょう。『双指向性』は、対話形式の使用やインタビューにぴったりです。

遮音性や着け心地にかかわる「密閉型」「開放型」

ヘッドセットは音の遮音性によって、2タイプに分類することもできます。

『密閉型』のヘッドセットは、外部の音を遮断し音漏れがしにくい構造が特徴です。騒がしい場所で集中したいときや、ゲームの世界に没入したいときに向いています。ただし、音がこもりやすく、長時間使用すると疲れやすいデメリットがあります。

一方、『開放型』のヘッドセットは、音がこもらずに開放感があり、音声がクリアに聞こえます。長時間の使用でも疲れにくい仕様ですが、音漏れがしやすい点がデメリットです。

AV機器テレワーク向け!オーバーヘッド型ヘッドセット

(出典) photo-ac.com

頭にかけて使う『オーバーヘッド型』は、耳全体を覆うため音が聞きやすいメリットがあります。

マイクの指向性や重さが、自分の用途に合っているかどうかも確認して選びましょう。

BUFFALO 両耳ヘッドバンド式ヘッドセット BSHSUH13BK

※画像はAmazonより

BUFFALO
両耳ヘッドバンド式ヘッドセット BSHSUH13BK
実勢価格:1891円

接続方式:USB
マイク:単一指向性
構造:半密閉型
重量:約150g
ケーブル長さ:本体~ボリュームコントローラー間 約45cm・ボリュームコントローラー~USBコネクタ間 約1.3m

▼テスト結果
マイク: ◎
イヤホン: ○
装着感: ○
接続のしやすさ: ◎

▼主な特徴
・すぐ使える
・疲れにくい
・音質良好

使わないときは折りたたんでコンパクトに収納できる、折りたたみ構造のヘッドバンド式ヘッドセットです。マイクのノイズキャンセリング機能で、自分の声が通話相手にはっきり聞こえます。ノイズが少なく、相手の声も明瞭です。

マイクアームが長く、位置を自由に調整できるため、ベストポジションで装着できます。フィット感も良好で、長時間でも快適に使用できます。

ELECOM USBヘッドセット HS-HP20UBK

※画像はAmazonより

ELECOM
USBヘッドセット HS-HP20UBK
実勢価格:1536円

接続方式:USB
マイク:双指向性
重量:約130g
ケーブル長さ:1.8m

パソコンに接続するだけですぐに使える、USBタイプのオーバーヘッド型ヘッドセットです。40mmの大口径ながらもコンパクトに折りたためるので、カバンにすっきり収納できます。

マイクには、ウィンドスクリーンが付いており、マイクに息がかかることによるノイズを軽減できます。フレキシブルアームで、マイクを話しやすい位置に調整可能です。

Poly Plantronics Blackwire C3220

※画像はAmazonより

Poly
Plantronics Blackwire C3220
実勢価格:6001円

接続方式:USB
マイク:不明
重量:約118g

スリムなブラックの本体に、レッドのラインとコードがアクセントになった、スタイリッシュなデザインのオーバーヘッド型ヘッドセットです。PCワイドバンドに対応しています。

ノイズキャンセルマイクを採用しているため、通話が快適です。

デスクトップアプリ『Plantronics Hub』を用いることで、ヘッドセットファームウェアのアップデートや詳細設定が可能です。

サンワサプライ USBヘッドセット MM-HSUSB16W

※画像はAmazonより

サンワサプライ
USBヘッドセット MM-HSUSB16W
実勢価格:1773円

接続方式:USB
マイク:無(全)指向性
重量:約105g
ケーブル長さ:約2.1m

必要な基本性能を備えた、スタンダードなヘッドバンド型ヘッドセットです。USB接続のため通信が安定しており、パソコンのノイズの影響を受けにくくなっています。

手元のリモコンで、マイクのミュートとヘッドホンのボリューム調整が簡単にできるため、通話しながらでも作業がはかどります。

シンプルな機能ながらも、30mm口径スピーカーユニットを備えているため、音楽再生も快適です。

AV機器耳への負担が少ないネックバンド型ヘッドセット

(出典) photo-ac.com

『ネックバンド型』は、コードを首に引っかけるタイプです。髪型が崩れにくく、オーバーヘッド型に比べると圧迫感がありません。

有線タイプと無線タイプを紹介します。

ELECOM USBヘッドセット(ネックバンドタイプ)HS-NB05USV

※画像はAmazonより

ELECOM
USBヘッドセット(ネックバンドタイプ)HS-NB05USV
実勢価格:991円

接続方式:USB
マイク:無(全)指向性
重量:約78g(ケーブル含まず)
ケーブル長さ:1.8m

オフィスでの使用やテレワークでのWEB会議に向いている、ネックバンド型のヘッドセットです。USB接続なので、パソコンにつなげるだけで簡単に使用でき、バッテリーを気にする必要がありません。

手元でボリュームやマイクのオンオフが操作できる、コントローラーが付いています。使いやすいフォルムで直感的に操作できるため、作業を中断することなく調整できます。

ノイズ低減高性能マイクはウィンドスクリーンを採用しているため、周囲の雑音や自分の息を拾いにくく、ストレスのない通話が可能です。フレキシブルアームで、好みの位置にマイクを調整することができます。

サンワサプライ 有線ヘッドセット ネックバンドタイプ MM-HSU05BK

※画像はAmazonより

サンワサプライ
有線ヘッドセット ネックバンドタイプ MM-HSU05BK
実勢価格:1918円

接続方式:USB
マイク:無(全)指向性
重量:約95g(ケーブル含む)
ケーブル長さ:約2.1m

基本的な機能を備えた、シンプルなネックバンド型ヘッドセットです。快適な装着感なので長時間の着用に向いています。

マイクは360度の音を拾う「無(全)指向性」のため、向きを気にする必要がありません。フレキシブルに調整できるマイクアームで、自分好みのポジションでマイクを使用できます。

通話しながら作業をするときに便利な手元スイッチ付きで、マイクのミュートやボリュームの調整が簡単です。

Anker Soundcore Life U2

※画像はAmazonより

Anker
Soundcore Life U2
実勢価格:3990円

接続方式:Bluetooth
マイク:不明
重量:約33g
連続使用可能時間:最大24時間

イヤホンとネックバンドの組み合わせにより、軽量で音漏れが軽減された、ネックバンド式ヘッドセットです。ネックバンド部は柔らかいシリコン素材なので、肩にフィットしてストレスになりません。

最大24時間の長時間再生が可能なため、通勤時の音楽再生から長時間のテレワークまで、幅広く使うことができます。万が一充電が切れても、付属のUSB-Cケーブルを使って5分間充電すれば、2時間音楽を再生できるため安心です。

10mmグラフェンドライバーによる明瞭な音質と、cVc8.0ノイズキャンセリング機能を搭載しているため、テレワークやWEB会議での通話がクリアです。

Sony ワイヤレスステレオヘッドセット WI-C400B

※画像はAmazonより

Sony
ワイヤレスステレオヘッドセット WI-C400B
実勢価格:6185円

接続方式:Bluetooth
マイク:無(全)指向性
重量:約31g
連続使用可能時間:最大20時間

Bluetooth接続のネックバンド型ヘッドセットです。マルチペアリングに対応で、8台までの機器で使えます。パソコンでWEB会議やテレワーク、スマートフォンで音楽再生とマルチに使うことができます。

ネックバンドとイヤホンをつなぐケーブルは、アジャスターで長さを調節できるため、邪魔になりません。

使わないときはヘッドホン部をネックバンド本体に収納できる、ストッパーが付いています。またネックバンド本体に、コントローラーが付いています。

高磁力ネオジウムマグネットを搭載し、AACに対応しているため、ビジネスシーンだけでなく、音楽の高音質再生も快適です。

AV機器外出時にもおすすめ!片耳ヘッドセット

片耳型は片方の耳に、マイク一体型のイヤホンを装着するタイプです。周囲の音を聞きながら、通話したい人におすすめです。有線タイプと無線タイプを紹介します。

ELECOM 片耳耳栓タイプUSBヘッドセット HS-EP16UBK

※画像はAmazonより

ELECOM
片耳耳栓タイプUSBヘッドセット HS-EP16UBK
実勢価格:1873円

接続方式:USB
マイク:無(全)指向性
重量:約6g(ケーブル含まず)
ケーブル長さ:約1.8m

カナルタイプのイヤホンに、耳にかけるフィットイヤーアームとマイクアームが付いた、片耳タイプのヘッドセットです。直径10mmのダイナミックドライバーと、CCAWボイスコイルを採用しているため、片耳でもクリアな音質で聞き取ることができます。

マイクの位置を自在に調整できるフレキシブルマイクアームと、手元で音量を操作できるコントローラーで、作業しながらの通話も快適です。

高性能マイクユニットでノイズを低減し、クリアな音声通話ができます。左耳専用です。

Philips Bluetooth モノヘッドセット DLP3538

※画像はAmazonより

Philips
Bluetooth モノヘッドセット DLP3538
実勢価格:3980円

接続方式:Bluetooth
マイク:不明
重量:約71g(ケースと併せて)
連続使用可能時間:6時間

周囲の音を拾いながらハンズフリーで使うことができる、片耳タイプのヘッドセットです。

マイクが180度、イヤーフックが360度回転するため、左右どちらの耳でも使用できます。イヤーフックはシリコン製で柔らかく、耳に沿う形状なので、快適な装着感です。

cVc8.0ノイズキャンセリング機能が雑音をカットしてくれるため、騒がしい場所での通話や会議に向いています。

Jabra 片耳 ヘッドセット TALK 45 BLACK

※画像はAmazonより

Jabra
片耳 ヘッドセット TALK 45 BLACK
実勢価格:1万1800円

接続方式:Bluetooth
マイク:無(全)指向性
重量:約7.2g
連続使用可能時間:6時間

マイクを二つ搭載したスマートフォンでの通話に便利なヘッドセットです。デュアルマイクテクノロジーと、高性能のノイズキャンセリング機能で、聞き取りやすいクリアな通話が実現します。

カナルタイプのヘッドホンと耳フック、直線型のマイクで、スマートな見た目です。Bluetoothで最大8台のデバイスとペアリングすることができ、2台に同時接続することができます。

ケンウッド ワイヤレスヘッドセット KH-M500-B

※画像はAmazonより

ケンウッド
ワイヤレスヘッドセット KH-M500-B
実勢価格:6869円

接続方式:Bluetooth
マイク:不明
重量:約10.1g
連続使用可能時間:7時間

左右どちらの耳でも装着できるシンメトリー形状で、落下防止のイヤーフックが付いた、片耳タイプのヘッドセットです。イヤーピースが2種類付属しており、自分の好みに合わせて装着できます。

二つの高性能MEMSマイクとQualcomm cVcテクノロジーで、騒がしい場所のノイズを軽減し、クリアな音声の通話が実現します。テレワークや外出時の電話に最適です。

タッチポイントが広いマルチファンクションボタンで、通話開始や終了、音声アシスタントの操作などの基本操作ができます。

マルチポイントで2台同時接続できるため、WEB会議やスマートフォンでの通話時に、切り替える必要がありません。

AV機器耳をふさがない!骨伝導型ヘッドセット

骨伝導型は耳をふさがずに、こめかみに装着するタイプです。イヤホンのような圧迫感がないため、長時間の使用に向いています。耳を覆うタイプが苦手な人におすすめです。

Shokz OpenComm 骨伝導ヘッドセット

※画像はAmazonより

Shokz
OpenComm
実勢価格:1万9998円

接続方式:Bluetooth
マイク:不明
重量:約33g
連続使用可能時間:16時間

オープンイヤー型のデザインで周囲の音も聞こえるため、WEBミーティングやテレワーク中でも、周りの様子が分かる骨伝導型ヘッドセットです。ネックバンド式なので、髪型が崩れることもありません。

マイクはDSPノイズキャンセリング設計のため、周囲の雑音を軽減し、自分の声をクリアに伝えることが可能です。角度調節が可能なマイクアームは、マイクを使用しないときは後ろに折りたためます。

第7世代の骨伝導技術『Qualcomm3024チップ』を搭載し、中音域をクリアに聞き取ることが可能です。

Qualcomm aptX対応 骨伝導 ヘッドホン Bluetooth5.1

※画像はAmazonより

Qualcomm
aptX対応 骨伝導 ヘッドホン Bluetooth5.1
実勢価格:4380円

接続方式:Bluetooth
マイク:不明
重量:約23.5g
連続使用可能時間:12時間

柔軟性・耐久性に優れ、IPX7レベルの防水を備えた骨伝導式ヘッドセットです。Qualcomm aptXとAACに対応し、低遅延と高音質を両立しています。

相手の声が聞き取りやすいだけでなく、cVc8.0ノイズキャンセリングのマイクで、自分の声をクリアに伝えることができる設計です。

環境音がしっかりと聞き取れるため、WEB会議での使用はもちろん、外でのランニングなどにも適しています。

AV機器手軽で便利!イヤホンタイプヘッドセット

開放感のあるインナーイヤー型と、音漏れが少ないカナル型のヘッドセットを紹介します。ビジネス向けのものと、プライベートでも使えるものを見ていきましょう。

okcsc AC200 ヘッドセット USB イヤホン 有線

※画像はAmazonより

okcsc
AC200 ヘッドセット USB イヤホン 有線
実勢価格:2180円

接続方式:USB
マイク:無(全)指向性
重量:不明
ケーブル長さ:2.5m

耳を完全にふさがず負担が少ないため、長時間使用しても疲れにくい、インナーイヤータイプのヘッドセットです。

通話やミーティングのときはマイクが口元に来るように、マイクを使わないときはマイクのコードを首にかけて装着できます。

マイクのミュートや、ボリューム調整ができるコントローラーがコードに付いているため、会話や作業を止めずに操作が可能です。

14.2mm径ダイナミックドライバー搭載で、低音域から高音域まで全ての音域を、クリアに再生します。

HOCO カナル型イヤホン M19

※画像はAmazonより

HOCO
カナル型イヤホン M19
実勢価格:1380円

接続方式:3.5mmステレオミニジャック
マイク:不明
重量:約12g
ケーブル長さ:1.2m

軽い着け心地と音漏れが少ないイヤホンに、マイクとリモコン機能が付いた、カナル型イヤホンタイプのヘッドセットです。

接続方式は3.5mmステレオミニジャックのため、イヤホンジャックがあるスマートフォンやタブレット、パソコンに対応しています。

コントローラーは「マルチファンクションボタン」で、音楽再生や一時停止、通話の操作は直感的に操作が可能です。ボタン長押しで音声入力を呼び出すことができるため、スマートフォンを取り出すことなく操作できます。

QCY T5 ワイヤレスイヤホン

※画像はAmazonより

QCY
T5 ワイヤレスイヤホン
実勢価格:3980円

接続方式:Bluetooth
マイク:単一指向性
重量:本機 約4.3g 収納ケース 約33g
連続使用可能時間:約4~5時間

シンプルな形がスマートな、カナル型ワイヤレスイヤホンです。

AACオーディオコーデックと6mmダイナミックドライバーを搭載し、Hi-Fi高音質を実現しています。DSPノイズキャンセル機能で、自分の声が相手に通りやすく、通話も快適です。

IP65防水防塵規格のため、ビジネスシーンに限らず、スポーツやアウトドアなどのアクティブシーンでも活躍します。

AV機器有線オーバーヘッド型ゲーミングヘッドセット

ゲーミングヘッドセットは、ビジネス向けのヘッドセットよりも、音質と没入感にこだわっています。

接続が簡単で安定しており充電切れの心配がない、有線タイプを紹介します。

JBL QUANTUM 100

※画像はAmazonより

JBL
QUANTUM 100
実勢価格:3873円

接続方式:3.5mmステレオミニジャック
マイク:無(全)指向性
重量:約220g
ケーブル長さ:約1.2m

3.5mmステレオミニジャックを採用することで、PCや据置型ゲームから携帯ゲームまで、幅広いゲーム環境で使用することができる、有線ゲーミングヘッドセットです。もちろんイヤホン端子を備えたスマートフォンにも対応しています。

ベーシックモデルながらも、上位モデルと同じく『JBL QuantumSOUND』を採用しているため、迫力のあるサウンドでゲームを楽しめます。

ゲーム中のコミュニケーションを円滑にする、全指向性のマイクは着脱可能です。音声チャットをしないゲームや音楽再生の際は取り外せば、ヘッドホンとして使えます。

220gと軽量な本体と、『メモリーフォームクッション』を採用したイヤーパッドで、長時間着用しても疲れません。

Razer Kraken X

※画像はAmazonより

Razer
Kraken X
実勢価格:4980円

接続方式:3.5mmステレオミニジャック
マイク:単一指向性
重量:約250g
ケーブル長さ:1.3m

臨場感のある7.1サラウンドサウンドと、カスタムチューニングされた40mmドライバーがクリアな音質を実現し、ゲームへの没入感を高める有線ゲーミングヘッドセットです。

3.5mmステレオミニジャックを採用することで、3.5mmヘッドホン端子を備えた機器に広く対応します。

ヘッドバンドにはソフトなパッドが採用されているので、長時間装着しても頭に圧力がかかりません。マイクのミュートボタンと音量スライダーが、左側のイヤーカップ下に配置されているため、ゲーム画面から目を離さずに調節可能です。

EPOS/sennheiser 密閉型ゲーミングヘッドセット GSP-300

※画像はAmazonより

EPOS/sennheiser
密閉型ゲーミングヘッドセット GSP-300
実勢価格:1万800円

接続方式:3.5mmステレオミニジャック
マイク:単一指向性
重量:約290g
ケーブル長さ:2m

高音質なオーディオ技術を堪能できる密閉型ヘッドホンで、ゲーム中に最小限の操作でミュートや音量調節ができる、有線ゲーミングヘッドセットです。ゲームに迫力をもたらす重低音と、コミュニケーションに必要なクリアなサウンドが両立しています。

ゲーム中に音量を調節したいときは、右側のイヤーカップに搭載されたホイールを回すだけです。マイクアームを上げればミュートできる『跳ね上げ式ミュート機能』もあるため、ゲーム中に手を止める必要がありません。

AV機器無線オーバーヘッド型ゲーミングヘッドセット

音の遅延が生じると、ゲームのプレイに影響が出てしまいます。そのため無線タイプのゲーミングヘッドセットは、独自のワイヤレス接続で低遅延にしています。

Logicool G G435 LIGHTSPEEDワイヤレスゲーミングヘッドセット

※画像はAmazonより

Logicool G
G435 LIGHTSPEEDワイヤレスゲーミングヘッドセット
実勢価格:7900円

接続方式:Bluetooth・LIGHTSPEED
マイク:内蔵式
重量:約165g
連続使用可能時間:18時間

個性的な3色展開がおしゃれで、マイク内蔵のためすっきりしたデザインのワイヤレスゲーミングヘッドセットです。大人だけでなく、頭の小さい子どもにもフィットするように設計されており、幅広い年代の人が使えます。

40mmのオーディオドライバーと、マイクアームが不要なデュアルビームフォーミングマイクを内蔵しているため、没入感と快適性を両立しています。165gと軽量な上に、18時間連続使用できる長寿命バッテリーなので、長時間楽しむことが可能です。

Dolby Atomos・Windows Sonic対応なので、搭載機器で使用すると超高音質を体感できます。接続方式はBluetoothと、安定性と低遅延でストレスのないLIGHTSPEEDです。

Razer ゲーミングヘッドセット BARRACUDA X Mercury White

※画像はAmazonより

Razer
ゲーミングヘッドセット BARRACUDA X Mercury White
実勢価格:1万2980円

接続方式:USB-Cワイヤレス・有線USB・3.5mmステレオミニジャック
マイク:単一指向性
重量:約250g
連続使用可能時間:20時間

付属の小型ドングルを接続すれば、Nintendo Switch・PS5・PC・Androidで高速&高音質なワイヤレス接続が可能な、ワイヤレスゲーミングヘッドセットです。

Razer独自の『HyperSpeed Wireless』により、2.4GHzワイヤレス接続するため、遅延がなく快適にゲームができます。

ワイヤレス接続のほかに、有線USB・3.5mmステレオミニジャックの接続も可能です。どちらのケーブルも同梱されているため、搭載している機種に広く対応できます。

低音域から高音域までクリアに再現する、『RAZER TRIFORCE 40MM ドライバー』で、ゲームへの没入感を高めます。周囲の音を抑制し自分の声を集音する『RAZER HYPERCLEAR カーディオイドマイク』は、取り外し可能です。

AV機器まとめ

ヘッドセットを選ぶときは、装着する時間はどれくらいか、使用するのは騒がしい場所か静かな場所かなど、どのような状況で使用するかで選びましょう。

装着方法やマイク性能、声が聞き取りやすい音質や形状が重要です。テレワークやWEB会議などビジネスで使うヘッドセットは、適度な開放感と利便性が必要です。

ゲームの世界に浸れるゲーミングヘッドセットは、高音質にこだわったものを選ぶとよいでしょう。