AV機器ゲーミングヘッドセットのメリットは?

ゲーミングヘッドセットのメリットは? 安いゲーミングヘッドセットおすすめ イメージ

ゲームに没頭したいなら、臨場感が増すゲーミングヘッドセットがおすすめ。ヘッドセットとは、マイクが搭載されたヘッドホンやイヤホンのこと。ボイスチャットでオンラインでのマルチプレイもはかどります。

でも、さまざまなメーカーのアイテムがあって、性能や使い勝手が分かりませんよね? そこで今回、雑誌『家電批評』が安いゲーミングヘッドセットの人気9製品を比較テスト! 口コミだけではわからない選び方やおすすめランキングをご紹介します!

メリット1:敵の足音や効果音の方向や距離が分かる

メリット1:敵の足音や効果音の方向や距離が分かる 安いゲーミングヘッドセットおすすめ イメージ

定位感が高いと、移動する足音などによって出合う前に敵の存在を把握できます。

メリット2:音に包み込まれる高い没入感

メリット2:音に包み込まれる高い没入感 安いゲーミングヘッドセットおすすめ イメージ

映画館のようにゲーム内の音に包まれることで、ゲームの世界に入り込めます。

メリット3:ハンズフリーのVC(ボイスチャット)で友だちと協力プレイ

メリット3:ハンズフリーのVC(ボイスチャット)で友だちと協力プレイ 安いゲーミングヘッドセットおすすめ イメージ

オンラインプレイ時には、仲間のユーザーとマイクを通して会話できます。

AV機器安いゲーミングヘッドセットの選び方は?

おすすめ紹介の前に、まずはゲーミングヘッドセットの特徴やその選び方について解説します。

ゲーミングヘッドセットはどんなジャンルのゲームで活躍する?

ヘッドセットの利用に向いているゲームのジャンルを紹介します。

FPS

「VALOLANT」「Apex Legends」「コール オブ デューティ」など。ちなみにFPSとは、First-Person Shooterの略で、一人称視点シューティングゲーム(ファーストシューティングゲーム)のことです。

TPS

「モンスターハンター」「フォートナイト」「GTA」など。ちなみにTPSとは、Third-person shooterの略で、三人称視点シューティングゲーム(サードパーソンシューティングゲーム)のことです。

MMO

「ファイナルファンタジー XIV」「BLUE PROTOCOL」など。ちなみにMMOとは、Massively Multiplayer Onlineの略で、多人数同時参加型のオンラインゲームのことです。

イヤホンタイプとヘッドホンタイプ、どっちを選ぶ?

イヤホンタイプのヘッドセット

イヤホンタイプのヘッドセットは、ヘッドホンタイプに比べて定位感・サラウンド感ともに低い製品が多いですが、耳に入れるだけなので装着時の圧迫感は小さめ。屋外プレイ時にも携帯しやすいです。

イヤホンタイプのヘッドセット 安いゲーミングヘッドセットおすすめ イメージ

◯:軽くて長時間でも疲れにくい
◯:コンパクトで持ち運びやすい
✕:没入感は劣りがち
✕:マイク性能は低め

ヘッドホンタイプのヘッドセットの特徴は?

ヘッドホンタイプのヘッドセットは、耳を覆った状態で再生するため臨場感が高く、外音を遮断するためスピーカーよりも没入感を得られます。小さな音の聞き逃しもしにくくなります。

ヘッドホンタイプのヘッドセットの特徴は? 安いゲーミングヘッドセットおすすめ イメージ

◯:サラウンド感を出しやすい
◯:外音が入らず没入感が高まる
✕:重く、耳が圧迫される
✕:まわりの音が聞こえにくい

ゲーミングヘッドセットのマイクの特徴は?

内蔵マイクの特徴

内蔵マイクの特徴 安いゲーミングヘッドセットおすすめ イメージ

ヘッドホンのイヤーカップやイヤホンの本体、リモコンなどに内蔵。口と距離があるため声を拾いにくいのが弱点です。

ブームマイクの特徴

ブームマイクの特徴 安いゲーミングヘッドセットおすすめ イメージ

マイクが口元まで延びているため、自分の声だけをしっかり拾ってくれます。折りたたむとオフになるモデルもあります。

自分の声だけを伝えるなら単一指向性マイクがベスト!

「双指向性」とは?

2方向から音を拾います。口へ向いているほうは声を拾いますが、反対側からは環境音が入ります。

「単一指向性」とは?

一方向からのみ音を拾います。マイクが口へ向いていれば、自分の声だけが伝わります。ゲーム向きです。

「無指向性」とは?

全方位から音を拾うため、周囲の環境音が大きいと自分の声と混ざって相手に伝わってしまいます。

AV機器安いゲーミングヘッドセットのおすすめは?

プロと一緒に実際に使ってみた、安いゲーミングヘッドセットのおすすめランキングです。それぞれの項目を緑のボタンで並べ替えられるので、商品選びの参考にしてみてくださいね。

ランキングは項目名で並び替えられます
商品 おすすめポイント
A+評価
finalVR2000 for Gaming
安いゲーミングヘッドセットおすすめ final VR2000 for Gaming イメージ
4.27
シビアに位置がわかる定位感/音がぼけずに広がりがある/低音の量感があり迫力が出る
4.50 4.00 4.00 3.50 5.00
A評価
ロジクールG535 LIGHTSPEED WIRELESS HEADSET G535BK
安いゲーミングヘッドセットおすすめ ロジクール G535 LIGHTSPEED WIRELESS  HEADSET G535BK イメージ
4.19
左右の細かな移動までわかる/音に包み込まれるサラウンド感/音楽のノリも再現してくれる
4.50 4.50 3.00 4.50 4.00
A評価
JBLQuantum 200
安いゲーミングヘッドセットおすすめ JBL Quantum 200 イメージ
3.85
今回テストした9製品中「音楽ベスト」/ちょうどいい音の広がり/楽再生時のライブ感がある
3.50 4.50 3.00 5.00 3.50
A評価
HyperXHXR-HSCC-2-BK/ WW-DTS
安いゲーミングヘッドセットおすすめ HyperX HXR-HSCC-2-BK/ WW-DTS イメージ
3.77
今回テストした9製品中「通話ベスト」/左右の定位をしっかり再現/声がクリアに伝わるマイク
4.25 3.00 5.00 3.00 3.50
A評価
RazerKraken V3 X RZ04-03750300-R3M1
安いゲーミングヘッドセットおすすめ Razer Kraken V3 X RZ04-03750300-R3M1 イメージ
3.77
3.25 4.00 5.00 4.00 3.00
A評価
HyperXCloud Earbuds II
安いゲーミングヘッドセットおすすめ HyperX Cloud Earbuds II イメージ
3.62
3.50 3.50 3.50 4.00 4.00
A評価
SteelSeriesTusq
安いゲーミングヘッドセットおすすめ SteelSeries Tusq イメージ
3.62
4.00 2.50 4.00 4.00 4.50
B評価
サイバーガジェットCY-GHSS
安いゲーミングヘッドセットおすすめ サイバーガジェット CY-GHSS イメージ
3.19
3.50 3.50 2.50 3.50 2.50
C評価
CRAZY RACCOONEARPHONE
安いゲーミングヘッドセットおすすめ CRAZY RACCOON EARPHONE イメージ
2.81
3.00 2.50 2.00 2.50 4.00

A+評価【1位】final「VR2000 for Gaming」

  • finalVR2000 for Gaming
  • 実勢価格: ¥6,980

総合評価: 4.27

音質(定位感)
 4.50
音質(サラウンド感)
 4.00
マイク音質
 4.00
音楽音質
 3.50
装着感
 5.00

誰が聞いてもわかる定位感に驚き!

安いゲーミングヘッドセットのおすすめランキングにおいて、A+評価でベストバイを獲得したのは、イヤホンタイプのfinal(ファイナル)「VR2000 for Gaming」でした!

音の定位感がよく、広がり(サラウンド感)もしっかり感じられたのがfinalのイヤホン。ゲーム向けとしてバランスがよく、価格を考えると完全に掘り出し物。マイクも内蔵型としては上等でクリアな声を届けられます。

高音の特性はゲーム寄りですが、全体的な音のバランスはよく、音楽用としても実用的です。

おすすめポイント
  1. シビアに位置がわかる定位感
  2. 音がぼけずに広がりがある
  3. 低音の量感があり迫力が出る
がっかりポイント
  1. 装着に慣れが必要
重量
20g
ドライバ
6mm
インピーダンス
18Ω
感度
102dB
ケーブル長
1.2m
型番
FI-VR2DPLDO

タイプ

  • イヤホンタイプ
  • 内蔵マイク
  • 有線接続

【プレイ実感】音の聞こえた方角が瞬時にわかる

【プレイ実感】音の聞こえた方角が瞬時にわかる 安いゲーミングヘッドセットおすすめ イメージ
野村ケンジ 氏
オーディオビジュアル評論家
野村ケンジ 氏 のコメント

音が聞こえるとすぐにハッキリとほかのキャラクターの位置を把握できます。ただし、正しく装着しないと定位感が損なわれてしまいます。

【マイク】声が相手にハッキリ届く

内蔵型のマイクのため口とは距離がありますが、ハッキリとした声で伝わります。内蔵型としては上等なマイク品質です。

【再生】音楽を聞くには高音域が弱い

【再生】音楽を聞くには高音域が弱い 安いゲーミングヘッドセットおすすめ イメージ

低音は量感が保たれていて迫力があり、ボーカルの表現も明瞭です。対して高音はゲーミング向けの音作りで、音楽用としては評価が下がります。

装着感

装着感 安いゲーミングヘッドセットおすすめ イメージ

付属のイヤーフックを使うとフィット感が高まり、ケーブルが耳に擦れると出るノイズを軽減できます。

A評価【2位】ロジクール「G535 LIGHTSPEED WIRELESS HEADSET G535BK」

  • ロジクールG535 LIGHTSPEED WIRELESS HEADSET G535BK
  • 実勢価格: ¥14,000

総合評価: 4.19

音質(定位感)
 4.50
音質(サラウンド感)
 4.50
マイク音質
 3.00
音楽音質
 4.50
装着感
 4.00

包み込まれるサラウンドでゲームに没入できる

安いゲーミングヘッドセットのおすすめランキングにおいて、ロジクール(Logicool)「G535 LIGHTSPEED WIRELESS HEADSET G535BK」はA評価。こちらもベストバイを獲得しました。

音に包まれる感覚を堪能できるロジクール。接続方法は、今回検証した9製品のなかでは唯一の無線接続タイプ。ワイヤレスヘッドセットですが、音の情報量はしっかり確保しながらも、ゲームに適した包まれ感もあります。定位感良好で、キャラクターや効果音が、前後左右に移動する様子を感じ取りやすいヘッドホンです。

「音はぼけていないのに包まれ感があるのは素晴らしい」とオーディオビジュアル評論家の野村さんも感心しきり。

音楽を聴くと高音域が強めですが、音質のバランスは崩さず十分に楽しめます。安い価格でこれ以上を望むのは難しいでしょう。

キャラクターや効果音が前後左右に移動する様子を感じ取りたい人におすすめです。

おすすめポイント
  1. 左右の細かな移動までわかる
  2. 音に包み込まれるサラウンド感
  3. 音楽のノリも再現してくれる
がっかりポイント
  1. マイクの音質が高くない
重量
236g
ドライバ
40mm
周波数特性
20Hz-20kHz
インピーダンス
36Ω
感度
87.5dB SPL/mW
マイク感度
単一指向性
バッテリー駆動時間
33時間
型番
G535BK

タイプ

  • ヘッドホンタイプ
  • ブームマイク
  • ワイヤレス接続

【プレイ実感】前後左右の音の位置がハッキリ把握できる

【プレイ実感】前後左右の音の位置がハッキリ把握できる 安いゲーミングヘッドセットおすすめ イメージ

前後の位置関係や距離感を掴みやすいです。ワイヤレスなのに遅延もなく快適でした。

【マイク】マイクの音質はスマホと同程度

【マイク】マイクの音質はスマホと同程度 安いゲーミングヘッドセットおすすめ イメージ

高級ヘッドセットとの大きな差を感じたのがマイク音声のクオリティ。情報量が少なく 、スマホで通話するときの声と同じくらいの音質でした。

【装着感】

【装着感】 安いゲーミングヘッドセットおすすめ イメージ

左のイヤーカップに備わっている音量はダイヤル式で、直感的な操作が可能です。

A評価【3位】JBL「Quantum 200」

  • JBLQuantum 200
  • 実勢価格: ¥4,400

総合評価: 3.85

音質(定位感)
 3.50
音質(サラウンド感)
 4.50
マイク音質
 3.00
音楽音質
 5.00
装着感
 3.50

ゲームより音楽向き!? 安いのに抜群のライブ感

安いゲーミングヘッドセットのおすすめランキング3位は、A評価のJBL「Quantum 200」。

「ライブ感があり、ボーカルの声もしっかり聞こえます」と、オーディオビジュアル評論家の野村さんがポテンシャルを高く評価したJBL。ただし、ゲーム用としては音の広がりと包まれ感は高評価だったものの、「前後の幅がやや狭いです」と定位感の評価は低めでした。

JBL「Quantum 200」は、音楽を聴いた際のライブ感やボーカルの再現に優れた製品。サラウンド感も良好で、ゲームと音楽鑑賞ともにいい音で楽しみたいならファーストチョイスです。

おすすめポイント
  1. 今回テストした9製品中「音楽ベスト」
  2. ちょうどいい音の広がり
  3. 楽再生時のライブ感がある
がっかりポイント
  1. 定位がややわかりにくい
  2. マイクの音質は最低限
重量
245g
ドライバ
50mm
周波数特性
20Hz-20kHz
インピーダンス
32Ω
感度
100dB
マイク感度
40dBV(無指向性)
ケーブル長
1.2m
型番
6925281969546
家電批評
最新家電おすすめベストバイ
家電批評 のコメント

音楽用じゃない? と感じるぐらい音楽再生がいい感じです。

タイプ

  • ヘッドホンタイプ
  • ブームマイク
  • 有線接続

【サラウンド感】ちょうどいい感じで音が広がる

【サラウンド感】ちょうどいい感じで音が広がる 安いゲーミングヘッドセットおすすめ イメージ

音の広がりがちょうどよく調整されていて好印象。定位はややわかりにくく、慣れが必要です。

【音楽音質】このライブ感は音楽用です

【音楽音質】このライブ感は音楽用です 安いゲーミングヘッドセットおすすめ イメージ

ライブ感があり、ボーカルもしっかり表現してくれます。音楽用といっても差し支えない完成度です。

【マイク】ノイズが目立つ最低限の音質

【マイク】ノイズが目立つ最低限の音質 安いゲーミングヘッドセットおすすめ イメージ

シャラシャラとした、歪みというか付帯音が目立つ音色傾向が気になります。音質的にもメリハリが弱めなので、位置の調整は不可欠です。

A評価【4位】HyperX「HXR-HSCC-2-BK/ WW-DTS」

安いゲーミングヘッドセットおすすめ HyperX HXR-HSCC-2-BK/ WW-DTS イメージ1
  • HyperXHXR-HSCC-2-BK/ WW-DTS
  • 検証時価格: ¥8,900

総合評価: 3.77

音質(定位感)
 4.25
音質(サラウンド感)
 3.00
マイク音質
 5.00
音楽音質
 3.00
装着感
 3.50

クリアなマイク。声が近距離から相手の耳に届く

安いゲーミングヘッドセットのおすすめランキングA評価は、HyperX「HXR-HSCC-2-BK/ WW-DTS」

マルチプレイ時に重要なマイク音質は、今回テストした9製品中でHyperXがベスト。声が近くハッキリしているので、話をしっかり聞き分けられます。低価格帯としては、かなり優秀です。

一方、ヘッドホンとしての音質も良好で、ゲームプレイ時は前後方向の再現性はいまひとつですが、定位感はしっかりわかるので実用的です。しかし、サラウンド感はやや弱めな印象です。

マイクの音質をこだわりたい方におすすめです。

おすすめポイント
  1. 今回テストした9製品中「通話ベスト」
  2. 左右の定位をしっかり再現
  3. 声がクリアに伝わるマイク
がっかりポイント
  1. サラウンド感はイマイチ
  2. 音楽用途はイマイチ
重量
309g
ドライバ
53mm
周波数特性
15Hz-25kHz
インピーダンス
60Ω
感度
-42dBV
マイク感度
-42dBV(単一指向性、ノイズキャンセリング)
ケーブル長
1m
型番
4P4F2AA

タイプ

  • ヘッドホンタイプ
  • ブームマイク
  • 有線接続

【マイク】声が明瞭に聞こえる

【マイク】声が明瞭に聞こえる 安いゲーミングヘッドセットおすすめ イメージ

自然な声というよりは、声が明瞭に聞こえるようにセッティングされています。安い価格帯の製品としてはかなりの性能です。

家電批評
最新家電おすすめベストバイ
家電批評 のコメント

この価格帯としてはマイクの質が高いです。

【定位感】左右の位置がはっきりわかる

【定位感】左右の位置がはっきりわかる 安いゲーミングヘッドセットおすすめ イメージ

左右の定位は良好ですが、前後方向の空間は狭く定位もやや甘い印象でした。

【音楽】ゲームに特化? 音楽には弱い

【音楽】ゲームに特化? 音楽には弱い 安いゲーミングヘッドセットおすすめ イメージ

ゲームに特化している分、音楽に高音質は望めません。ながら聞きレベルなら不満なく楽しめる?

A評価【4位】Razer「Kraken V3 X RZ04-03750300-R3M1」

  • RazerKraken V3 X RZ04-03750300-R3M1
  • 実勢価格: ¥8,470

総合評価: 3.77

音質(定位感)
 3.25
音質(サラウンド感)
 4.00
マイク音質
 5.00
音楽音質
 4.00
装着感
 3.00

サラウンドは音がつぶれずに聞こえる

同じく、安いゲーミングヘッドセットのおすすめランキング4位は、A評価のRazer「Kraken V3 X RZ04-03750300-R3M1」

定位感はやや甘いものの、サラウンドは音がつぶれずに聞こえてきます。音楽はドラムのグルーヴ感がしっかり伝わり、マイクもスマホより声が明瞭です。

立体音響をアップデートする有料オプション(THX Spatial Audio)も利用可能です。

重量
280g
ドライバ
40mm
周波数特性
12Hz-28kHz
インピーダンス
32Ω
感度
103dBSPL/mW
マイク感度
-42±3dB(単一指向性)
ケーブル長
2m
型番
KRAKEN V3 X UPGRADE MODEL

タイプ

  • ヘッドホンタイプ
  • 有線接続

A評価【6位】HyperX「Cloud Earbuds II」

  • HyperXCloud Earbuds II
  • 実勢価格: ¥4,940

総合評価: 3.62

音質(定位感)
 3.50
音質(サラウンド感)
 3.50
マイク音質
 3.50
音楽音質
 4.00
装着感
 4.00

定位感は“ほぼ正確”に把握できる可能

安いゲーミングヘッドセットのおすすめランキング6位でA評価は、HyperX「Cloud Earbuds II」

定位感は“ほぼ正確”に把握できるレベル。サラウンド感もそこそこあり、ゲーミングとしては一応合格点。

ボーカルがハッキリしていて音楽もノリよく楽しめます。マイクはスマホと同程度で、悪くはありません。

重量
20g
ドライバ
14mm
周波数特性
20Hz-20kHz
インピーダンス
65Ω
感度
105dBSPL/mW
ケーブル長
1.2m
型番
CLOUD EARBUDS II RED

タイプ

  • イヤホンタイプ
  • 有線接続

A評価【6位】SteelSeries「Tusq」

  • SteelSeriesTusq
  • 実勢価格: ¥4,932

総合評価: 3.62

音質(定位感)
 4.00
音質(サラウンド感)
 2.50
マイク音質
 4.00
音楽音質
 4.00
装着感
 4.50

ブームマイクで滑舌がハッキリわかる

安いゲーミングヘッドセットのおすすめランキング6位は、A評価のSteelSeries「Tusq」

イヤホンでは唯一ブームマイクを備えていて、滑舌がハッキリわかります。

定位感は左右の微妙な位置まで明瞭で、価格を考えると出色の出来。一方で、サラウンド的な広がりはほとんど感じられません。

周波数特性
20Hz-20kHz
感度
102dBSPL
マイク感度
-44dBV/Pa(無指向性)
ケーブル長
1.2m
型番
TUSQ

タイプ

  • イヤホンタイプ
  • 有線接続

B評価【8位】サイバーガジェット「CY-GHSS」

  • サイバーガジェットCY-GHSS
  • 実勢価格: ¥3,800

総合評価: 3.19

音質(定位感)
 3.50
音質(サラウンド感)
 3.50
マイク音質
 2.50
音楽音質
 3.50
装着感
 2.50

安いゲーミングヘッドセットのおすすめランキング8位は、サイバーガジェット「CY-GHSS」

定位感はあるものの、表現にクセがあるため慣れが必要。サラウンド感は比較的良好で、定位ともにいいバランスです。

音楽はドンシャリで、重低音が強め。マイクの音質はイマイチでした。

重量
343g(約)
ドライバ
40mm
周波数特性
20Hz-20kHz
インピーダンス
32Ω
感度
112dB±3dB
マイク感度
-37dB±3dB(単一指向性)
ケーブル長
2m
型番
CY-GHSS

タイプ

  • ヘッドホンタイプ
  • 有線接続

C評価【9位】CRAZY RACCOON「EARPHONE」

  • CRAZY RACCOONEARPHONE
  • 実勢価格: ¥9,680

総合評価: 2.81

音質(定位感)
 3.00
音質(サラウンド感)
 2.50
マイク音質
 2.00
音楽音質
 2.50
装着感
 4.00

安いゲーミングヘッドセットのおすすめランキング9位は、CRAZY RACCOON「EARPHONE」

定位感は甘くクセがあり、斜め前方と左右の区別を掴みにくく、把握するのに慣れが必要。サラウンド感はほとんどありません。

音楽は聞く人を選ぶレベルのドンシャリと、個性が強いイヤホンです。ゲーム特化の製品といえます。

ドライバ
10mm
周波数特性
20Hz-40kHz
インピーダンス
22Ω
感度
108db/mw
ケーブル長
1.6m/1.9m
型番
CRAZY RACCOON EARPHONE

タイプ

  • イヤホンタイプ
  • 有線接続

AV機器安いゲーミングヘッドセットと高級モデルの違いは?

1万円以上のヘッドセットは、「定位感」「サラウンド感」ともにさらに高まり、よりリアルな没入感を得られます。

また無線でも遅延しない、耳が疲れにくいなどの付加価値もあります。

高額ヘッドセットのメリット

◯:高解像度で高く定位感も向上
◯:Dolby Atmos対応などにより臨場感が増す
◯:低遅延のワイヤレス接続
◯:長時間つけても疲れにくいイヤーパッド

高額ヘッドセットのデメリット

✕:高性能になるほど重さが重くなりがち

AV機器まとめ:ベストバイは高コスパなfinal!

以上、安いゲーミングヘッドセットのおすすめランキングでした!

今回集めた9製品は、ゲーミングヘッドセットとしては安価な部類。それだけにゲーム用としてふさわしい音質のヘッドセットがあるのか不安でしたが、杞憂に終わりました。

「ヴァロラント」や「フォートナイト」といったタイトルで、見えない敵の位置や距離を足音などで把握するのに役立つ「定位感」は、2製品が「★4.5」以上。

音に包まれることで、ゲームの世界に入り込んだような没入感を得られる「サラウンド感」も2製品が「★4.5」以上の高評価を得ています。

1位のfinal「VR2000 for Gaming」をはじめ、上位製品の音質は想像以上。良好な定位感とサラウンド感でゲームに没入できました。価格を考えると、「コスパのいい掘り出し物を見つけました」と自信を持って言えます。

音質・機能ともに、高級機と差があるのは事実ですが、入門用ゲーミングヘッドセットとして大いにおすすめです。

安いゲーミングヘッドセットのおすすめ

安いゲーミングヘッドセットのおすすめ 安いゲーミングヘッドセットおすすめ イメージ

final
VR2000 for Gaming

AV機器ゲーミングヘッドセットの売れ筋ランキングもチェック!

ゲーミングヘッドセットのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。