カメラ令和最強のベスト家電66部門決定!!
「どこがスゴかったか」解説します

令和最強のベスト家電66部門決定!!「どこがスゴかったか」解説します

“ネットを疑う家電購入ガイド”として日夜家電をレビューし続ける『家電批評』誌上でも、思いがけない良品の発見や、今一歩な製品の発掘など、さまざまな出会いがありました。

そこで今回、2019年に家電批評誌が扱った製品の中から「絶対に素晴らしい!」と断言できるベスト家電ばかりを集めた「家電批評 オブ・ザ・イヤー」を選定いたしました。

▼【家電批評 オブ・ザ・イヤー】入り口はコチラ!

上の画像をクリックしても移動しない場合、こちらからどうぞ。

まさに“令和最強”の名がふさわしい、全66部門のベストバイたち。

ここでは、ベストに選ばれた一製品をピックアップし、どこが素晴らしかったのかを解説します。

▼ベスト家電を厳選したテスト誌はコチラ!

晋遊舎
『家電批評 2020年1月号』
700円

それでは早速ご覧ください!

<外部サイトでご覧の方へ>
the360.lifeの本サイトでは、アマゾンへのリンク付き記事を公開中です。ページ下の「オリジナルサイトで読む」よりどうぞ。

カメラライバル不在の軽さ!
とっても手軽な望遠ズームレンズ

一眼を持っていれば、合わせて揃えておきたいのが望遠レンズです。運動会で大活躍してくれることはもちろん、飛行機や鉄道など風景写真を撮るときにも欠かせないアイテムですよね。

ライバル不在の軽さ!とっても手軽な望遠ズームレンズ

しかし、気になるのがその重たさ。「せっかく買ったけど気軽に持ち運べない…」なんて人もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回ご紹介するのが驚くほど軽量な望遠レンズ、ソニーの「E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS(SEL70350G)」です。コンパクトながら高い性能を持ち、2019年のベストバイ家電に選ばれました。

カメラこのコンパクトさは
全メーカーが見習うべき!

ソニー
E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS
APS-C用 Eマウント
実勢価格:9万8991円


サイズ:φ77×142mm
重量:約625g
レンズ構成:13群19枚
最短撮影距離:1.1~1.5m
最大撮影倍率:0.23倍
フィルターサイズ:φ67mm

35mm換算で105~525mm相当のAPS-C専用の望遠ズームレンズ。その魅力はなんといってもコンパクトで軽量なことです。

APSーCミラーレス用で525mmまで届く望遠レンズながらここまで小さく、625gと軽量なのは他社には存在しません。ライバル不在のレンズです。

カメラベストバイの「α6600」と
組み合わせると最高です

性能も素晴らしく、ピントの合いは速く高精度で、モータースポーツでも十分対応できる追尾性能を持っています。描写力も上々です。

家電オブザイヤー2019のAPS-Cミラーレス部門でベストバイになったソニーの「α6600」と組み合わせると、これが最高なんです。

ベストバイの「α6600」と組み合わせると最高です
α6600との組み合わせで競馬を撮影しました

1秒に11コマの高速連写でも競走馬の毛並みまでしっかりと写すことができました。この描写力はさすがです。

こちらがAPS-Cミラーレス部門で
ベストバイの「α6600」

こちらがAPS-Cミラーレス部門でベストバイの「α6600」

ソニー
α6600
実勢価格:15万4789円(ボディ)

以上、コンパクトな望遠レンズのご紹介でした。

望遠レンズの重さが気になっていた人でも、気軽に持って出かけることができますね。「α6600」とセットでオリンピックを観戦しながらサクッと撮影する用途にもぴったりです。

こんな魅力的なレンズが驚愕の10万円以下!これは買わないと後悔します。


以上、「家電批評オブ・ザ・イヤー」に選ばれた、ソニーの望遠ズームレンズの紹介でした。引き続き、ベストだった製品をご紹介していきますので、サンロクマルをチェックしてくださいね。