<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

メンズ「逆折り式」の折りたたみ傘は
閉じるときに手が濡れません

どんより曇った日や雨の日はテンションが下がっちゃう、という人は多いのではないでしょうか。そんなとき、素敵な傘があれば少しは気分もアガるもの。急な雨に備えて持ち歩く折りたたみ傘も、お気に入りを揃えたいですよね。でも、重かったり使い勝手が悪くては、持ち歩くことが面倒になってしまいます。

そこでオススメしたいのが「逆折り式」の自動開閉折りたたみ傘です。自動開閉なら、片手でボタンをプッシュするというワンタッチだけで傘を開閉できるので、荷物を持っていても楽に傘がさせます。そして注目の機能が「逆さ」に傘が閉じることなんです。

逆折り式傘は、閉じたときに雨で濡れた面が内側に入るのが特徴です。そのため、水も飛び散りにくく、閉じるときに手が濡れないのが最高に使い勝手がいい! でも、自動開閉折りたたみ傘はいろいろあって、何を選んだらよいのかわかりませんよね。

そこで辛口批評誌『MONOQLO』が、人気の”逆さ”自動開閉折りたたみ傘を徹底比較。品質だけではなく軽さや使い勝手にもこだわって、最高に使いやすい傘を探しました! テストでチェックしたのは「軽さ」「ボタンの押しやすさ」「しまいやすさ」の3項目。さらに「重さ」と「直径」を編集部で実際に測ってみました。

それでは結果をご覧ください!

メンズ①静かに開いて水滴も飛び散らない
「Leebotree」

Leebotree:ワンタッチ 自動開閉 逆折り式傘:雨具

Leebotree
ワンタッチ 自動開閉 逆折り式傘
実勢価格:2000円

重さ:354g
直径:103cm

▼評価はこちら
 総合評価:S
 軽さ:◎
 ボタンの押しやすさ:◎
 しまいやすさ:〇

自動開閉ボタンが固すぎず、もっとも押しやすかった「Leebotree」がS評価を獲得しました。傘は少しゆっくりとしたスピードで静かにスッと開くため、力を入れてしっかり持っていなくても安心して広げられます。

また、逆折り式のつくりがしっかりしていて、畳みやすさもピカイチ! 駅の出入り口など、モタモタしていられない場所での開け閉めもスムーズにできる使い勝手の良さです。

鋼だけでなく、ガラスファイバーとアルミ合金構造の組み合わせた頑丈なフレーム。強い風が吹いても、骨が曲がったり裏返ったりすることもありません。

濡れた面が内側にたたまれるので、水滴が飛び散って周囲の人に迷惑をかけるリスクも回避できます。生地は超撥水加工なので、雨が浸透しないのもうれしいですね。

2000円でこれだけの高機能で使いやすく高コスパな「Leebotree」、文句なしの折りたたみ傘です!

桜井めぐみ
MONOQLO編集部 デスク
桜井めぐみ のコメント

軽いし毎日持ち歩いても苦痛に感じません。

メンズ②軽くて頑丈な高機能傘
「MataAsu」

MataAsu:ワンタッチ自動開閉 逆折り式傘:雨具

MataAsu
ワンタッチ自動開閉 逆折り式傘
実勢価格:1899円

重さ:328g
直径:104cm

▼評価はこちら
 総合評価:A
 軽さ:◎
 ボタンの押しやすさ:◎
 しまいやすさ:〇

テストした製品のなかで一番軽く、傘を縮めるときにあまり力がいらない「MataAsu」。傘骨は、アルミニウム合金など錆びる心配のない素材の8本骨なので、豪雨や強風でも安心して使えるほど頑丈です。また、超撥水性の生地は、軽く振るだけで水滴が簡単に振り払えちゃいます。さらに、付属の収納ポーチに入れれば、鞄の中が濡れることもありません。

ただ、自動開閉ボタンは押しやすくてよかったのですが、開くときの衝撃が少し強く、しっかり傘を持っていないといけないので、S評価には一歩及ばず……。それでも高機能なので、軽さ重視で選ぶのなら、迷わずこれに決めてもいいでしょう。

メンズ【コラム】荷物が濡れるストレスがない
「超吸水カバー」もおすすめ

XUSTD:超吸水マイクロファイバー 折りたたみ傘カバー:雨具

XUSTD
超吸水マイクロファイバー
折りたたみ傘カバー
実勢価格:2300円

長さ34×12cm、全長32cmまでの折り畳み傘収納可能(Amazon商品紹介ページより)
※傘は付属しません

「逆折り式」でなくても、傘が濡れたままでもカバンに入れられるカバーがあれば安心。このマイクロファイバー製のカバーなら吸水力抜群

使った後すぐにしまっても、荷物が濡れるストレスがありません。ただし、サイズが大きいので鞄のサイズと比べて検討しましょう。

「Leebotree」の使いやすさがピカイチでした。機能性や使いやすさはもちろんですが、持ち歩くことを考えると、軽さもかなり重要です。天気が心配なときでも気軽に持っていける、そんな1本を見つけるための参考にしてみてください。

※重さと直径の大きさはすべて編集部による実測値です。