キッチン忙しい朝にうれしい!
瞬殺系トースター見つけました

(C) kazoka30/123RF.COM

今回は『家電批評』編集部によるシロカのトースター「すばやき」の検証レビューをお送りしたいと思います。

「すばやき」は早起きは苦手だけど、朝食はしっかり食べたいという方にピッタリのトースターです。トーストが約1分で焼き上がるというスグレモノの「瞬殺系家電」。「何でも早けりゃいいいってもんじゃ……」と思われるかもしれませんが、味の方もしかと確認済みです!

キッチン焼き時間は短く焦げ目しっかり!
シロカ「すばやき」

シロカ
すばやき ST-2A251(2枚焼き アナログ)
実勢価格:1万970円


温度:100~280℃
消費電力:1400W
サイズ:35×28.6×22.9cm
重量:3.8kg

シロカの「すばやき」は石窯でピザを焼く製法からヒントを得て作られたという280℃の高火力瞬間発熱トースター

6枚切り食パン1枚なら約1分で焼き上がります(室内25度の環境で、かんたん操作モデルの「ST-2D251」で「焼き色:うすい」で焼いた場合)。ちなみにメーカー公式情報では、冷凍食パンの場合は約80秒で焼きあがるそうです(※室温やパンの状態により異なります)。

1分1秒が惜しい朝に、このスピード感はありがたいっ!

「そんな一気に焼いたら味が落ちるんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、素早く焼くことでパンの水分が逃げずに中心に集まるので、外はサクサク、中はもちもちの食感に焼き上がります。

※画像はAmazonより

実際にトーストを焼いてみたところ、短い時間でしっかりと焼き目がつきました。そして、オーブンの扉を開けると食欲をそそる香ばしい匂いが! “サクもち”の食感で、テストをした編集部員も「焼きムラは出たものの、一口目で『美味しい』と感じるレベルでした」と感じたとのこと。

※画像はAmazonより

「すばやき」は、扉や中の網が簡単に取り外せる仕様になっています。毎日使うものだけに、手入れがしやすいのはうれしいポイントです。

以上、忙しい朝にうれしい瞬殺系トースター「すばやき」のご紹介でした。ただパンが早く焼けるのではなく、早く美味しく焼けるので、トースターを新調しようと思っている方はぜひチェックしてみてください。