文房具便利だけど、ちまちま感が……
最新のテプラでは解消されました!

※画像はAmazonより

ファイリングや小物の整理、子どもの持ち物の名前などのラベルを作るのに便利なラベルプリンター。手書きより断然仕上がりがキレイですよね。でも、小さな液晶画面を見ながら文字を入力したり、レイアウトなどの設定をするのはけっこうタイヘン。物理キーをちまちま打つのに抵抗がある人もいるのではないかと思います。

そんなラベルプリンターの面倒なイメージを刷新したのが、キングジムから発売されている最新の「テプラ」です。Bluetoothでスマホと接続すれば、専用の感熱テープ(「テプラ」Liteテープ、"こはる"専用テープ)に簡単にラベルをつくることができるんです。しかも面倒な設定は一切ナシ。手軽で思いのままにラベルを作れるようになりました。

それでは早速、最新のテプラを見ていくことにしましょう。ちまちま打ちに不満を抱えていた方、最新のテプラに興味のある方は必見です!

文房具従来の直打ちタイプよりもカンタン!
「テプラ」Lite LR30

キングジム
「テプラ」
Lite LR30
実勢価格:5460円

サイズ:約W71×D46×H76㎜
(カットボタン含む)

専用アプリでラベルをつくり、無線で印刷できる初のスマホ専用モデルである『「テプラ」Lite LR30』。2019年8月に発売されたばかりの新製品です。なんといっても最大の特徴はスマホで簡単に操作でき、入力も印刷も従来品とは段違いのスピード感です。文字や画像のサイズ・配置を設定するのも簡単。

これまでで最小となる手のひらサイズなので、持ち運びにも便利です。どこでも気軽にラベル作成ができます。

おすすめポイント①
手のひらサイズで邪魔にならない

見てお分かりのとおり手のひらサイズ。コンパクトでデスクに置いておいても邪魔にならないサイズ感です。電源には乾電池を使用(単4形アルカリ乾電池×4本)するので、置き場所もコンセントに左右されません。可愛らしいデザインもいいですね。

おすすめポイント②
「ペアリング操作」が一切いらない

接続はスマホでアプリを開き、本体の電源を入れると自動的に接続されます。面倒な設定は不要です。

▼専用アプリはこちらから
 App Store
 google play

おすすめポイント③
スマホ入力が直感的でカンタン

[文字入力]

文字の入力はスマホと同じ入力方法。ちまちまと物理キーを操作するより断然速いし楽!

[縦組み・横組み]

縦組み・横組みの設定もボタンで一発変換。指先で手軽にできるのはありがたいです。

[装飾]

装飾や絵文字も表示されるリストから選べばOK。小さな液晶画面ではなく、見慣れたスマホの画面ならデザインも思いのまま。デザインに自信がないんだけど……という人もご安心を。カテゴリーごとにテンプレートが用意されているので、好みのものを選ぶだけで素敵なラベルができちゃいます。

[印刷]

印刷は超カンタン。専用アプリで「プリント」ボタンをタップするだけ。

以上、初のスマホ連携タイプの『「テプラ」Lite LR30』をご紹介しました。専用アプリで思いのままのラベルが簡単・爆速でつくれますので、ファイリングも整理も捗ります。ぜひ検討してみてください。