パソコンMac愛用者は必見!
ファンがファンに捧ぐ周辺機器

ここ数年の勢いはとどまることを知らないMac。愛機をさらに徹底強化するべく最新世代にぴったりな周辺機器を探しました。長年Macを愛用している編集部員が迷わず自腹で購入したおすすめ製品もあるので、「マカー」の皆さんはぜひチェックしてください。

パソコン【その1】4Kモニターは“全部入り”
LGの贅沢ディスプレイ

【その1】4Kモニターは“全部入り”LGの贅沢ディスプレイ

LG
32UL950
実勢価格:18万991円

サイズ:約W71.8×H48.8~59.8×D23.1cm
重量:約7.3kg(スタンド付き)
画面:31.5インチ/IPSディスプレイ
解像度:3840×2160
入力端子:HDMI×1、DisplayPort×1、Thunderbolt3×2

編集部員が迷わず自腹で購入した製品がこちら、LGの「32UL950」です。数万円でディスプレイが買える昨今ですが、Mac目線で選ぶなら4K対応が必須。そしてこのディスプレイのすごいところはそれだけではありません。詳しく見ていきましょう!

【その1】4Kモニターは“全部入り”LGの贅沢ディスプレイ

ディスプレイの表示性能は経年劣化しますが、この32UL950はハイエンドモデル。なので別売りされているキャリブレータ―を使用すれば、表示性能を修正することができます。これはそれだけ長く使えるということなんです。

【その1】4Kモニターは“全部入り”LGの贅沢ディスプレイ

さらにこのLGモニターのよさは、なんといっても背面端子の使いやすさ。MacをUSB-CやThunderbolt3でつなぐと、背面端子をUSBハブとして使えます。スマホやタブレットの高速充電も可能。

【その1】4Kモニターは“全部入り”LGの贅沢ディスプレイ

最近のiMacやMacbook ProはDCI-P3というデジタルシネマ用の色域にも対応しています。これは、従来より鮮やかかつ正確に色を再現できるということ。

本モニターもDCI-P3カバー率98%を達成しており、最新Macと併用しても違和感がありませんでした。さらにゲーム用のモードも備えていて、汎用的に使える1台です。

【その1】4Kモニターは“全部入り”LGの贅沢ディスプレイ

なおMacの場合、AmazonやNetflixのHDR動画はHDR化されずに再生されてしまいます。せっかくのHDR対応の4Kモニターなのに、これでは残念。なので背面のHDMI端子に「Apple TV 4K」や「Fire TV Stick 4K」をつなぎましょう。

【その1】4Kモニターは“全部入り”LGの贅沢ディスプレイ

Apple
Apple TV 4K
実勢価格:1万9998円

容量:32GB

【その1】4Kモニターは“全部入り”LGの贅沢ディスプレイ

Amazon
Fire TV Stick 4K
実勢価格:6980円

容量:8GB

動画配信ではHDRコンテンツがどんどん増えています。HDR映像もしっかり観られるようにしておきたいところです。

【その1】4Kモニターは“全部入り”LGの贅沢ディスプレイ
右がMac画面、左がFireStick画面

31インチは大きすぎ……なんて思う人もいるかもしれませんが、仕事机に置いてもそんなことは決してありません。むしろFire TV StickとMac、あるいはWindowsとMacなど2つの入力を同時に表示するPBP(Picture By Picture)に対応していることが大きなメリットとなっています。

動画を見ながら作業することもできますよ。

パソコン【その2】信頼性がなにより大事な
MacBookProのハブ

【その2】信頼性がなにより大事なMacBookProのハブ

HyperDrive
HyperDrive Duo
実勢価格:8350円

サイズ:約W11.5×H0.85×D2.85cm
ポート:Thunderbolt 3(PD対応)、USB-C、USB 3.1Gen1×2、SD、microSD、4K HDMI

これ1つ持っていれば、MacBookProに接続できない周辺機器はありません。充電はフルスピード、着脱もスムーズで安定性は抜群でした。

パソコン【その3】Qi充電器にハブ機能がついた
究極のiPhoneスタンド

【その3】Qi充電器にハブ機能がついた究極のiPhoneスタンド

HyperDrive
8in1 USB-C Hub + Qi Wireless Charger Stand
実勢価格:1万4900円

サイズ:約W14.35×H7.4×D2.3cm
重量:約218g
ワイヤレス充電:5/7.5/10/15W Qi規格対応
ポート:4K、HDMI、ギガビットイーザ、SD、microSD、USB 3.1 Gen1×3、USB-C(49W PD)

意外と場所を取るQiスタンドですが、こちらの製品はハブの機能が融合されているので無駄なしです。4K対応のHDMIポート、ギガビットイーサネットも使えるのでハブとしての妥協もありません。

パソコン【その4】USB-CになったiPad Proの
必需品がSatechiのハブ

【その4】USB-CになったiPad Proの必需品がSatechiのハブ

Satechi
Type-C Mobile Pro Hub
実勢価格:6200円

サイズ:約W2.7×H1cm
重量:約27.2g
ポート:4K HDMI、USB-C(PD対応)、USB 3.0、3.5mmヘッドフォンジャック

USB-A、USB-C、HDMI、イヤホンを接続できるiPad Proのためのハブ。iPad本体への充電も同時に行えるので、外付けディスプレイに長時間接続していても安心です。

パソコン【その5】パソコンがなくても
画像のバックアップが実現します

【その5】パソコンがなくても画像のバックアップが実現します

LaCie
DJI Copilot
実勢価格:4万8370円

サイズ:約W13.6×H11.1×D3.6cm
重量:約534g
容量:2TB
ポート:SD、USB 3.0、USB-C

容量が増えてSSDが主流になってきている現代ですが、HDDの進化も続いています。こちらの「DJI Copilot」はカメラやSDカードをダイレクトに接続して、画像などをHDDに保存することが可能。ファイル管理もiPhoneのアプリでできるので、パソコンは一切不要です。

【その5】パソコンがなくても画像のバックアップが実現します

バックアップの進行や完了は、ステータス画面で確認。iPhoneの充電もできるので外出中に大活躍です。

パソコン【その6】ポートがついたiMac用スタンドで
デッドスペースを解消!

【その6】ポートがついたiMac用スタンドでデッドスペースを解消!

Satechi
Type-C Aluminum Monitor Stand Hub
実勢価格:9999円

サイズ:約W21.4×H21.6×H4.1cm
重量:約454g
ポート:USB 3.1 Gen1、USB 3.0×3、3.5mmヘッドフォンジャック、SD、microSD

iMacの接続ポートを全面から使えるスタンド。抜き差ししやすい位置にポートがついているので、SDカードやUSBメモリーなどを接続するときのストレスから解消されること間違いなしです。またUSB-C接続なので、現行のiMac、iMac Proにも最適。転送速度も損なわれません。

【その6】ポートがついたiMac用スタンドでデッドスペースを解消!

iMac背面のUSBポートにケーブルを1本つなげるだけで、上記のポートが前面から使えるようになります。これなら作業もよりはかどるでしょう。

カラーはシルバーとスペースグレイの2色展開。意外とデッドスペースになりがちなiMacの下を有効活用できるんです。


以上、Macをさらに便利に快適に使うための「6種(類)の神(周辺機)器」でした。デザインや質感、どれもAppleの製品にぴったりです。揃えればお手持ちのMacがさらにかっこよくなるはず。Macユーザーの皆様、ぜひ試してみてください。