スマートフォン山ほどあるiPhoneのカメラグッズ
一体どれを選べばいい?

最新機種となると、デジカメに匹敵するほどの良画質となったスマホのカメラ。フル活用するためのカメラグッズは、低価格なものから高価なものまで山ほど発売されています。店舗やネット通販を覗いてみても「自撮り棒やカードリーダー、いろいろあるけど、どれがいいんだかわからない…」とお悩みではないですか?

せっかくなら使いやすく良質なものを買って、写真撮影に活用したいですよね。そこで今回は、iPhone撮影にオススメのグッズ4選をご紹介します。早速見ていきましょう!

スマートフォン360度カメラで臨場感
たっぷりの写真・動画が撮れる

Insta360
Insta360 Nano S
実勢価格:2万6261円

撮影者はもちろん、空模様やその場の空気感すべて記録に残せます。臨場感たっぷりの写真・動画はコレしかない!

4Kで撮れば夜でもくっきり、大パノラマのような写真も撮れちゃいます。

画面をスワイプさせると360度、上下左右見回しているかのような感覚! 付属のVR機を使って見ると、生で見たような臨場感を体験できます。

スマートフォン自撮り棒が三脚に!
コンパクトで持ち運びもバッチリ

BlitzWolf
自撮り棒 三脚&分離可能 ワイヤレスリモコン
実勢価格:2399円

数ある三脚・リモコン付き自撮り棒の中でも、新定番として推したいのがコチラ。パーツがしっかりしていて、使い勝手も抜群のコンパクト自撮り棒です。

バネ式でスマホもしっかり固定。安定感もあります。

BluetoothでiPhoneと連携しているので、リモコンを使って撮影できます。持ち手部分にはリモコンの収納場所があるので、なくす心配もありません。

持ち手を開くと三脚に変身! 立たせた時の安定感もなかなかのものです。

スマートフォン大量写真も即認識
廉価製品でも速度はピカイチ

IMICHAEL
SDカードリーダー
実勢価格:1280円

一眼レフカメラで、キレイに撮れた画像データをiPhoneに保管するならコチラがオススメ! SDカードリーダー搭載のケーブルは純正品以外にも複数出ていますが、「IMICHAEL」のものは特に優秀でした。

上の表は、iPhoneにケーブルを接続してから、SDカード内の画像がすべて認識されるまでの時間。1回目は純正品をわずかに上回っており、2回目もいい勝負です。これで純正の半額となれば、申し分ないですよね。
※価格は誌面掲載当時

スマートフォンiPhoneを写真にかざすだけ!
思い出動画をカンタン再生

PRYNT
Prynt Pocket
実勢価格:1万980円

アプリ上で約10秒間の動画が記録できるコチラは、いわゆるチェキのスゴイ版。携帯プリント機として写真を出力するだけではなく、アプリでその写真をスキャンすると、事前に関連付けた動画が再生されます!

裏はシールになっているので、旅行の写真を思い出ノートにペタペタ貼るのも簡単です。

iPhoneに「Prynt Pocket」を取り付ければ、シャッターもすぐ押せてプリントも即OK!

「これ使ってみたい!」というグッズはありましたか? iPhoneでカメラ機能を楽しむなら、今回ご紹介したグッズで、写真撮影ライフをもっと充実させましょう!

※各製品の対応機種は事前にご確認ください。