キッチンお値段張りがちな木のスプーン…
108円と1000円どっちがいいの?

ナチュラルで暖かみを感じられる木のスプーン。北欧風のダイニングを演出するには欠かせないアイテムです。

お値段張りがちな木のスプーン…108円と1000円どっちがいいの?
フィンランドが舞台の映画「かもめ食堂」やムーミンに出てきそうな風合い。

例えば、マグカップに注いだコーンポタージュに「木のスプーン」を1本添えるだけで……。

お値段張りがちな木のスプーン…108円と1000円どっちがいいの?

テーブルセットがオシャレな北欧風にまとまりました。モダンでシックなテーブルセットの中に木のスプーンが入ることで、ホッとするようなぬくもりがプラスされますね。

「木のスプーンて素敵だけど、値段が張るし……」と思った方に朗報。じつは、このテーブルセットのキモとなっている木のスプーンは108円なんです。

ということで今回は、108円から1000円クラスの木のスプーンを比較検証。そこで見えた「108円が1000円より買いな理由」に迫ります。

では、100円製品の魅力を語る前に、1000円の高級スプーンから見ていきましょう。

キッチン滑らかで高品質はクラスカ製品
でもスプーンに1000円は高すぎ…

クラスカギャラリー:木のスープスプーン:カトラリー

クラスカギャラリー
木のスープスプーン
実勢価格:918円

[デザイン:評価◎][つくり:評価花丸][ナチュラルさ:評価◎]

クラスカギャラリーの木のスープスプーンは木目も美しく高品質。なめらかな手触りは、ずっと触っていたくなるほどの気持ち良さです。でも問題なのは「1本が約1000円」という高めの値段設定

さすがにスプーン1本に1000円出すのはキツいですよね…。

ということで、もっとお手頃価格で品質も満足できる木ののスプーンはないものかと、目を皿にして見つけ出したのがこちらです。

記事1位BEST100円とは思えない丁寧なつくり
ナチュラルキッチンが一番買い!

ナチュラルキッチン:ウッディスープスプーン:カトラリー

ナチュラルキッチン
ウッディスープスプーン
実勢価格:108円


[デザイン:評価◎][つくり:評価◎][ナチュラルさ:評価花丸]

ナチュラルキッチンのスプーンは、クラスカギャラリーの約10分の1の価格にも関わらず丁寧なつくり。どこを触ってもなめらかな手触りで、木のぬくもりが感じられます。

100円とは思えない丁寧なつくりナチュラルキッチンが一番買い!

口に入る部分のカーブが丁寧に処理されていて、100円とは思えない美しさです。角々しさはなく、木の質感はそのまま生かされています。

キッチン“木製”って言ってるのに実は竹!
節が強烈すぎる3COINS

3COINS:木製カトラリー 4pセット:カトラリー

3COINS
木製カトラリー 4pセット
実勢価格:324円

3COINS(スリーコインズ)の木製カトラリーセットは、4本で300円という高コスパな製品ですが、ナチュラルな質感はあまり感じられません。

“木製”って言ってるのに実は竹!節が強烈すぎる3COINS
[デザイン:評価〇][つくり:評価〇][ナチュラルさ:評価△]

木製は木製でも、竹製なんです。節が目立ちすぎていて、ナチュラルな雰囲気に欠けますね…。

キッチンセリアのスプーンは光沢が不自然
テカリが強すぎて家具みたい

セリア:カフェシエスタ カレースプーン:カトラリー

セリア
カフェシエスタ カレースプーン
実勢価格:108円


カフェシエスタのカレースプーンは、パッと見はナチュラルキッチンのような高品質のスプーンに見えますが…

セリアのスプーンは光沢が不自然テカリが強すぎて家具みたい
[デザイン:評価〇][つくり:評価花〇][ナチュラルさ:評価×]

不自然なほどテカテカしたツヤで、ナチュラルな風合いとは程遠いです。あまりのテカリ具合に比較検証しているスタッフから「家具みたい」との声も上がるほどでした…。

以上、木のスプーンの比較検証でした。たかがスプーン1本だけれど、暖かみのある木のスプーンをさりげなくプラスするだけで食卓に温かな風合いが加わります。

また、比較的高額な商品が多いジャンルかつ、安い商品には風合いが微妙な地雷製品が多いこともわかりましたね。でも、今回紹介した108円のナチュラルキッチンのスプーンなら、家族分やお客さん用まで揃えられるお手頃価格で有りながら、風合いもバッチリ。商品選びに迷った際はぜひチェックしてみてくださいね。