ホーム粉洗剤と液体洗剤で洗濯すると
2つの違いがよくわかりました

粉洗剤には弱アルカリ性が多く、「皮脂などの油性汚れに強いのは弱アルカリ性の粉洗剤」と、プロは言います。油汚れはもちろん、全方位の汚れ落としに効果を発揮するとのこと。

洗浄力はもちろんのこと、タオルについた強烈な皮脂とカビのニオイがほぼ感じなくなるほどの消臭力で、1回あたりのコスパも優秀と文句なしだったのが、こちらの花王 アタック 高浸透リセットパワーです。

花王:アタック 高浸透リセットパワー:洗剤

花王
アタック 高浸透リセットパワー
実勢価格:309円
※こちらの商品は「Amazonあわせ買い対象商品」となります

よく見ると、洗剤の粉の中に緑のツブツブがたくさん入っています。「このツブツブなに?」って思ったこともあるかもしれませんが、実はコレ酵素なんです。

ツブツブの色は緑に限っていませんが、どこのメーカーも汚れを分解する酵素に色をつけているとのこと。蛍光剤など酵素以外の成分にも色がついている製品もあります。

ということで、この洗剤を実勢に使ってみることにしましょう。使い方はいたって簡単。洗濯物のボリュームに見合った水量に、目安とされる量の洗剤を投入すればOK。使用量の目安は箱に記載があります。

また、粉だけではなく、液体タイプの洗剤も使ってみることにします。使用したのはこの洗剤です。

ライオン:トップ ハイジア:洗剤

ライオン
トップ ハイジア 450g
実勢価格:256円

このライオンのハイジアは、水30Lに対して10gを使用します。これを通常の使い方とすると、粉洗剤とは違った使い方ができるのも液体洗剤の洗剤の特長です。

プレ洗い

溶かす手間なく気になる場所にそのまま垂らした後もみ洗いしたり、

おしゃれ着洗い

衣類ダメージが少ない中性で、色がくすむ原因となる蛍光剤が入っていないものを使用すると、“おしゃれ着洗い”としても使用できます。

実際に洗濯すると、粉洗剤と液体洗剤では使い方に違いがあることがわかりましたが、結局どちらを買ったらよいのでしょうか? その答えを発表したいと思います!

ホーム結果は粉も液体も両方買うべき!
二刀流にして汚れ具合で使い分けを

油汚れにも強くて汚れ落としが得意な粉洗剤と、おしゃれ着洗いやシャツの襟、袖などのプレ洗いに適している液体洗剤。ズバリ、買うべきは両方です。

というのも、毎日の洗濯は洗浄力の高さが大事になってきます。よって、普段の洗濯には粉洗剤、プレ洗いやおしゃれ着用洗剤には液体洗剤と使い分けるとよいでしょう。

ただし、液体洗剤は「中性で蛍光剤の入っていないものを選びましょう」とプロ。粉洗剤と液体洗剤。この2つがあれば、たくさんの洗剤を使いわけなくても、毎日の洗濯はほぼ完璧です。

今回のテストでは2つの洗剤を使用しましたが、洗剤の使用量はどちらも規定どおりです。では、多めに入れるともっとキレイになるのでしょうか?

続けて、洗剤の使用量についても調査してみました。

ホーム多ければ多いほどキレイになる?
使用量と汚れ落ちもテストしました

早速結果をご紹介します。テスト結果をグラフで表すと、このようになりました。

※日本石鹸洗剤工業会調べ

洗剤が一定量を超えると、汚れ落ちは変わらなくなるということがわかりました。とすると、容器に書かれた規定量を守ることがキレイに洗うポイントだと言えそうです。

どんな汚れもどんと来いの粉洗剤と汚れに直接垂らせる液体洗剤をプレ洗いやおしゃれ着洗いに使えば、言うことなしです。洗剤の二刀流を実施して、毎日の洗濯ストレスをグッと減らしましょう。使用量を守ることもお忘れなく!