文房具全色ほしい~!
なんて便利な筆ペン

絵の具やパレットが不要なのに水彩画が描ける文房具の正体は、カラフルな筆ペン。書いたらすぐに絵の具のようなインクが出てくるので、まるで水彩画のような素敵な絵がカンタンに描けるんです。

カラーが豊富なセットもあり、かなり本格的な絵も描けます。今回は、カラー筆ペンを出している4社の製品の書き味をテスト。

どの製品がもっとも絵を描くのに適しているのでしょうか!?

テスト方法

カーブ、太線、細線の3種類を描き、筆先が手の動きについてくるかを検証。

かすれが少ないものほど書き味が良いとして、高評価としました。

記事1位BEST[1位]ぺんてるなら
どんな線も描けます!

ぺんてる:Art brush 全18色:筆ペン

(画像をクリックすると購入ページへ移動します)

ぺんてる
Art brush 全18色
実勢価格:各362円


[評価結果]

①カーブ

②太細

すべての線に全くかすれがなく、高評価! 筆先が割れずにどんな動きにもついてきました。

記事2位BEST[2位]ぺんてるに次ぐ
高評価!

あかしや:彩 5色セット:筆ペン

あかしや
彩 5色セット
実勢価格:882円

[評価結果]

①カーブ

②太細

カーブの上部分で少しかすれてしまったものの、その他はキレイな線が描けました。

記事3位BEST[3位]短距離だけなら
得意なんだけど……

呉竹:CLEAN COLOR:Real Brush:筆ペン

呉竹
CLEAN COLOR
Real Brush(4本セット)
実勢価格:864円

(リンクは12本セットのページに飛びます)

[評価結果]

①カーブ

②太細

最初はしっかりと色が出ていたものの、だんだんと筆先が2つに割れ、後半にはかすれが目立つようになってしまったのが惜しいところ。

4位: [4位]価格に見合った
描き心地でした

FLYING TIGER:ペン:筆ペン

FLYING TIGER
ペン(4本セット)
実勢価格:300円


[評価結果]

①カーブ

②太細

価格は安くてお手頃ですが、最初から筆先が開き、ほとんどかすれた線になりました。インクの出が悪かったのも残念。

文房具[おまけ] このイラストぜ~んぶ
筆ペンで書きました!

この素敵なイラスト、全部カラー筆ペンで描いたものなんです!

こんなふうに描ける筆ペン活用法をこれからお教えします。活用法をマネすれば、初心者だって人にあげたくなっちゃうイラストが描けますよ!

水につけてぼかす

ふんわりと柔らかい雰囲気のイラストを描く方法です。

①水で濡らしたティッシュを紙につける

ティッシュを軽く濡らし、描きたい絵のかたちをイメージして紙に水をつけます。

コツはしっとりと紙がしめるくらいです。水をつけすぎると紙が毛羽立ったりするのでご注意を。


②輪郭を細い線で描く

筆先を使ってティッシュで描いた輪郭をなぞります。水がにじんでいい感じに!

濡れ過ぎたらティッシュで吸えば問題ありません。


③乾いたらパーツを書き加えて完成!

にじませた所が完全に乾いてから、細部を描きこんでいきます。ドライヤーを軽く当てて乾かしても良いでしょう。

ザッと塗ったのに味のあるイラストが出来上がりました!


2本でグラデーションを作る

次はグラデーションの作り方です。まずは濃淡2色の筆ペンを用意します。

①うすい方の色を水につける

今回は水色と紫色で作るので、水色の筆を水につけます。しっとりするくらいがベストですが、先端だけでなく、筆全体をザブンとつけるのがコツ。


②2本の筆先をつける

濃い紫色をうすい水色の筆先に塗るイメージでつけます。念入りに行うとキレイに仕上がります。

コツは、うすい色に濃い色をつけることです。


③筆を寝かせて描く

筆先を寝かせてゆっくり色を塗ります。色が薄れてきたら①から繰り返しましょう。


カラーで影をつける

最後はカラーで影をつける方法です。

①単色で絵を描く

まず1色でざっくり絵を描きます。ここではまだ光や影などは気にしなくても大丈夫。今回は葉っぱに挑戦! この段階ではざっくりでOKです。


②乾く前に赤で影をつける

緑で描いた線の脇に赤を重ねます。赤ペンのフタを開けてスタンバイしておくとすぐにできます。

カラーを変えて青で影をつけても素敵ですよ。


③緑と赤が馴染んでキレイ!

緑で茎を描いて完成です! 赤以外に、青、黄で描いてもキレイに仕上がるので、ぜひ試してみてくださいね。


いかがでしたか? 書き味をテストした結果、一番良かったのはぺんてるの「アートブラッシュ」です。一方、タイガーはバサバサに開いてしまい、描き味はイマイチ。本格的にイラストを描きたいならアートブラッシュがオススメです!