暮らしを豊かに!「サブスク」を賢く選ぶには?

最近よく耳にする「サブスク」。音楽や雑誌のデジタル系のほか、モノが届くタイプのサブスクサービスも増えてきています。

でも、本当にコスパのいいもの、お得なサービスはどうやって選べばいいのでしょうか。

そこでテストする女性誌「LDK」が、“サブスクの達人”大和貴人さんやファイナンシャルプランナーの風呂内亜矢さんに、暮らしを豊かにするサブスクの上手な選び方を教えてもらいました。

使い方次第でお得!「サブスク」は大きく3種類

サブスクは「Subscription(サブスクリプション)」の略。定額料金を払って利用するサービスのことです。

定額制といえば、昔ながらの牛乳や新聞の配達も実はサブスク。高価なものを試してみたり、いつも新しいものを使えるなど、使い方次第でお得になります。

サブスクには大きく3種類あります。

タイプ1:デジタルコンテンツ

動画、音楽、雑誌など、充実したコンテンツの中から好きなものを自由に選べるサービスです。CDやDVDを買ったり借りたりするよりも安くすむ場合が多く、コスパの高さが魅力です。

タイプ2:定期的にモノが届く

月1回など決められたタイミングでモノが届くサービスです。最近人気なのはお花や食品系で、届くものはある程度おまかせの場合も。何が届くかわからない楽しみも味わえます。基礎化粧品の定期購入などもこれにあたります。

タイプ3:決まった範囲でレンタル

決まった予算や点数でレンタルできるサービスで、洋服やアクセサリー、家具、家電、車などが代表的です。飽きたら交換でき、高級品を気軽に試すこともできるのがメリット。家に物を増やしたくない人にもオススメです。

大和貴人 氏
サブスクマニア
大和貴人 氏 のコメント

使わなかったら解約できて、導入費が安くすむのも消費者のメリットです。

期間・目的が大切! サブスクと相性の良いものは?

サブスクと相性のいいものはたとえばこんなものです。

期間限定で必要なもの

例:単身赴任中の家具や家電

結婚式当日しか使わないもの、流行している間だけ使いたいものなど、期間限定のものはサブスク向き。お得になる可能性が大です。

バリエーションが豊富なもの

例:流行のある服やアクセサリー

旬のコーデをしたいけれど洋服代がかさむ場合や、成長とともに増える子どものおもちゃなどはサブスク向きです。

ヘビーユースのもの

例:毎日食べるパンやドリンク類

毎日のように使うものや口にするものならサブスクもアリ。コーヒーやお菓子をサブスクで楽しむのもおすすめです。

なお、サブスクは継続的に同じ料金がかかるため、家計上では固定費として考えるのがオススメ。何となく始めないで期間や目的を明確にすることも大切です。

風呂内亜矢 氏
ファイナンシャルプランナー
風呂内亜矢 氏 のコメント

サブスクを食費など変動費で考える場合も予算からオーバーしていないかチェック!

話題の「花サブスク」サービスのおすすめ4選

今回はいま話題の「お花のサブスク」に注目。自宅にお花の定期便が届いたり、お花の持ち帰り放題ができるサービスの中から、人気の13サービスをサブスクの達人が徹底比較しました。その中から、価格が比較的安めでトライしやすい、おすすめの4サービスを紹介します!

大和さんが運営する「コスパ部」では13サービスを比較。気になる人はぜひチェックしてみてください。

大和貴人 氏
サブスクマニア
大和貴人 氏 のコメント

花のサブスクは競争が始まっていて、意外とコスパは低くありません。

お花屋さんがお届け「ピュアフラワー(pure flower)」

ピュアフラワー(pure flower)
実勢価格:1840円(東京店エリアは月2000円)

お届け頻度:月2回

「ピュアフラワー」は1回あたり920円でボリュームのある新鮮なお花を花屋さんが送料無料で届けてくれます。日付や時間の指定はできないですが、コスパは抜群!

生花は長いままで届くので自由に生けられるところもグッドです。

カラーが選べてオシャレ「ひとはな(HitoHana)」

ひとはな(HitoHana)
実勢価格:990円/1回、2~4本など7プラン

お届け頻度:毎週or隔週or月1回

「ひとはな」は、花の本数、カラーや配送頻度をカスタマイズできるので無理なく続けやすいサービスです。フローリストが選んだオシャレな組み合わせがステキ! 好みのカラーをチョイスできます。

ポストにお花が届く「ブルーミー(bloomee)」

ブルーミー(bloomee)
実勢価格:880円+送料385円/1回など3プラン

お届け頻度:毎週or隔週

「ブルーミー」は、ポストに届く手軽さが初心者に人気です。手入れの方法や花について詳しく書かれた紙も同封されています。品質保証があり、再送も可能。キャンペーンで花器がもらえることもあります。

店舗で直接選べる「ハナノヒ」

ハナノヒ
実勢価格:ココハナプラン 1085円/月6回、1本など6プラン

「ハナノヒ」は、日比谷花壇のお店に行き、好きな花を自分で選んで持ち帰れるサービスです。すべてアプリで申し込み&管理できるので簡単。仕事帰りなどに立ち寄れる実施店があるならオススメです!

フラワーアレンジメントの売れ筋ランキングもチェック!

フラワーアレンジメントのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

以上、お花のサブスク4選でした。気軽にお花のある生活を楽しめる注目のサービス。気になったらチェックしてみてくださいね。