スマートフォンアップルウォッチは
財布フリー生活の入り口

「アップルウォッチ シリーズ3」のセルラーモデル(GPS+Cellularモデル)では、iPhoneを持ち歩かなくても単独で電話ができるようになりました。

「セルラーモデル」のことはコチラの記事で詳しく紹介しています。

「スマホは必携です!」という人の場合は、高めのセルラーモデルを購入する必要はありません。一番安い通常モデル(GPSモデル)でも、iPhoneを携帯していればアップルウォッチで電話ができます。

そんな「アップルウォッチ シリーズ3」ですが、実際に「財布代わり」になるのか使ってみたところ、「アップルペイ(電子ウォレット機能)」のおかげで冗談ではなく、財布を出さなくても大丈夫になったのでご紹介します。

アップル:Apple Watch Series 3:アップルウォッチ

(画像をクリックすると公式ページへ移動します)

アップル
Apple Watch Series 3

GPSモデル
実勢価格:3万9744円~

GPS+Cellularモデル
実勢価格:4万9464円~

スマートフォン便利すぎ! アレもコレも
瞬時に決済できちゃいます

ご存知の方も多いと思いますが、「アップルペイ」はアップル版のおサイフケータイのようなものです。クレジットカードやSuicaなどを登録しておけば、カードを持ち歩かなくてもアップル端末で決済ができます。

この「アップルペイ」にSuica、au WALLET、ソラチカカード、ANAゴールドの4枚を登録してみました。

登録やチャージはすべてiPhone経由で行います。

証拠① Suica

首都圏最強カードはやっぱりSuica! 電車はもちろん、タクシーやコンビニの支払いにも使えるので、「ホントに便利」この一言に尽きます。

証拠② auウォレット

プリペイド決済方式の「au WALLET」も登録可能です。QUICPay対応のお店で使えます。

証拠③ ソラチカカード

ANAのマイルと、東京メトロのポイントがたまる「ソラチカカード」。こちらもQUICPay対応のお店で使えます。

証拠④ ANAゴールド

「ソラチカ」と同じANAのカードですが、ゴールドの場合はQUICPayではなく「iD」対応になります。

スマートフォン右手をピッ…で“華麗”に
改札を通り抜けられます

普通の腕時計は左腕につける派が多数だと思いますが、アップルウォッチに関しては右腕装着がオススメ。右側につければ、もたつくことなく華麗に駅の自動改札を通り抜けられます!

使用者がチラホラ増え始めたとはいえ、まだまだマイナー感が否めないアップルウォッチ。人前でピッとするのは気恥ずかしいかもしれません。でも、それは最初だけです。編集部員はアップルウォッチ生活を始めてから、財布を1回も出さずに終える日がかなり増えました。財布フリーの生活は本当に便利です。もう、“人前でピッの恥ずかしさ”もどこへやら……です。

アップルウォッチは、子ども連れで荷物をいっぱい持って出かけることが多い人などにもオススメです。スマホやお財布をカバンからゴソゴソと取り出す手間がないので、外出や買い物の際のストレスが減るかもしれませんよ。

以上、「アップルウォッチ シリーズ3」のご紹介でした。みなさんもぜひ一度、財布フリーの快適さを体験してみてください!