どうやって検証してる?「LDK」の裏側を大公開!

テストする女性誌『LDK』(毎月28日発売)は、2013年の創刊以来これまで洗剤や料理ツール、掃除道具、収納用品からコスメ、ファッションアイテムまで、さまざまな日用品をテストしてきました。

そんな“日本一テストする女性誌”が、2021年10月号で創刊100号を迎えました。

そこで、過去に反響の大きかったテストの舞台裏を大公開。あわせて、編集部おすすめアイテムも紹介します!

今回は、衣類スチーマー企画のヒミツとおすすめの衣類スチーマーです。

不満を狙いうちする「衣類スチーマー企画」とは?

LDK編集部の家電製品のテストでは、いつも下記の3つを重視しています。

1:アンケートで読者の不満をリサーチ

最新機能が備わった家電を紹介! だけでは終わらないのがLDK。まずはアンケートや座談会で聞きとり調査をし、読者の今の不満や要望をあぶり出します。

2:みなさんの不満を解消するテスト項目を考える

聞きとり調査の結果、読者が本当に求めている家電がどういうものかわかったら、それを解消するテスト項目やその方法をラボと一緒に考案します。

3:主婦モニターも巻き込み、いざテスト!

テスト項目やラインナップが決まったら、テスト開始。ラボの実験的なテストやプロ目線の検証だけでなく、主婦モニターに協力してもらうことも多々あります。

衣類スチーマーの場合の読者の不満は2つ。思ったよりシワがとれない、重くて持つのがツラいといったものでした。

そこで、こんなテストでみなさんの不満解消をめざしました。

まずは、仕上がりを検証

プロが実際に衣類スチーマーを使い、シワが伸びるかどうか確認しました。

次に、使用感を検証

プロとモニターが満水時の重さや持ちやすさを実際に試しました。

そのほかには時短もテスト。すると、過去に買ったことがあるけれど、思ったよりシワがとれなかったといった不満を解消する製品を発見しました。

【2021年おすすめアイテム】日立「衣類スチーマー CSI-RX3」

日立
衣類スチーマー
CSI-RX3
実勢価格:7480円

▼テスト結果
仕上がり:A+
使用感 :A
時短  :3位


8000円以下の衣類スチーマー8製品の比較テストで「スチーム性能」「仕上がり」で最も高評価を獲得したのが日立「衣類スチーマー CSI-RX3」。勢いがあり生地に浸透しやすい細かいスチームを噴射。衣類を手早くキレイに仕上げ、使用感も文句なし。アイロンにはない手軽さがあります。

時短の部分で総合1位はパナソニックに譲ったものの、仕上がりの良さでは群を抜いていました。

ベストのワケ:威力満点スチームでシワ伸び文句なし

シワ伸ばし効果1位のヒミツは、この勢い・細かさ◎なスチームにアリ!

仕上がりのよさ重視なら日立がおすすめです。

ボタンを押し続けなくても出続けます。

シャツのシワがここまで伸びました!

▼衣類スチーマー8製品のおすすめランキングはこちら

衣類スチーマーの売れ筋ランキングもチェック!

衣類スチーマーのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

以上、衣類スチーマー企画のヒミツと「LDK」編集部が本気でおすすめしたい衣類スチーマーのご紹介でした。

ぜひお買い物の参考にしてみてください!

『LDK』2021年10月号

晋遊舎
『LDK』
2021年10月号
実勢価格:650円

『LDK』2021年10月号では、「LDK創刊100号記念TESTヒストリー」の特集を掲載しています。

今回ご紹介したアイテム以外にも、さまざまなテストの裏側や、テストで見つけた編集部員やプロのおすすめグッズ、愛用品も紹介しているのでぜひ手にとってみてくださいね。