ホーム組み合わせの自由度には
意外な差が

ホムセンで目立つ場所にあるスタックボックス。でも、種類もサイズもありすぎるし、どれとどれが組み合わせられるのかもわからない…と、購入を尻込みしている方も多いのでは? そこで、今回は人気4メーカーのS・M・L(表記が異なる場合は該当するサイズ)を購入し、組み合わせ、収納力、スタック力(積み重ね)を検証しました。

S評価異なるサイズでもOK!
組み合わせ抜群のキャリコ

カインズ:スタックボックス

(画像をクリックすると購入ページへ移動します)

カインズ
スタックボックス
キャリコ
実勢価格:S 798円 / M 980円 / L 1780円
※リンクはSサイズに飛びます



[評価はこちら!]

S、M、Lの組み合わせの自由度が高く、収納力も申し分ありません。使用時・未使用時のどちらも、サイズ違いの積み重ねやすさは感動的です。

A評価squ+は組み合わせの
自由度だけが残念

squ+:フロック

squ+
フロック
実勢価格:深型スリム30 1609円 / 深型30 990円 / 深型ワイド30 2000円
※リンクは「深型スリム30」に飛びます


[評価はこちら!]

ボックス上部に合わせるミゾがあり、スタックしやすいのがポイントです。収納力もたっぷりありますが、異なるサイズ同士の組み合わせ自由度が低い点だけは残念でした。

B評価プロフィックス カバコは
全て同じ幅で組み合わせられず

天馬:プロフィックス:カバコ

天馬
プロフィックス カバコ
実勢価格:S 1054円 / M 1318円 / L 1705円
※リンクはSサイズに飛びます

[評価はこちら!]

S、M、Lとサイズのバリエーションは高さのみが違うという作り。積み重ねはしやすいものの、組み合わせを考える楽しさはありません。

C評価: 元祖スタックボックスの
ペリカンは惜しい点が多数…

スタックストー:ペリカン

スタックストー
ペリカン
実勢価格:Slim 1728円 / Basic 2808円 / Wide 3132円
※リンクはSlimサイズに飛びます

[評価はこちら!]

今回検証した中では最も小さめのサイズ。収納力は低く、組み合わせの汎用性もありません。底が深いデザインで、中のものが取り出しにくいのもウィークポイントでした。

結果はご覧の通り、カインズで購入できるキャリコが優秀でした。収納力はもちろん、一番感動したのは組み合わせの自由さ。あれをここに入れよう、ここに置いてみようと、収納のイメージが湧いてくるはず。

未使用時でも持て余すことはありません。サイズが違うケースでも、フタを外せばコンパクトに重ねられるので、さらに感動しちゃうんです。組み合わせを自由にイメージして、部屋の収納力をアップさせましょう!



次からはちょっとおまけです。他にもおすすめしたい、カインズのスタックボックスをご紹介。

ホームワンサイズで追加可能!
両側開きな便利ボックスも!

カインズ:スタックボックス:キャリコ:ポルタ

(画像をクリックすると購入ページへ移動します)

カインズ
スタックボックス キャリコ ポルタ
実勢価格:1480円

水平・垂直に統一されたスクエアなデザイン。縦にも横にも拡張して壁一面(積み重ねは4段まで)をスッキリ収納することができます。フタを「上開き」「下開き」に変更できるので、シーンに合わせて選びましょう。

カインズ:スタックボックス:キャリコ:オレア

(画像をクリックすると購入ページへ移動します)

カインズ
スタックボックス キャリコ オレア(深型)
実勢価格:798円

フタが両側から開けられる使い勝手の良いボックス。着たい服に限って下のボックス、しかも奥…なんて時でも大丈夫。上に重ねていてもずらして両側から開けられるんです!

キャスター付きなので動かしやすいのもうれしいポイントです。


スタックボックスをせっかく買うなら、どんなスペースでも合わせられるものが欲しいものですね。気になる方はぜひカインズに行ってみてはいかがでしょうか。


360.lifeは、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。