自動車買って損しない!暮らしが快適になる最新家電を紹介

安くて便利な家電

スマートフォンや電子レンジ、カメラなど、生活必需品から趣味を楽しむものまで、私たちの暮らしに欠かせない家電は日々進化を続けています。

そこで、「安い家電は欲しい」けれど「せっかく買うなら妥協したくない」という人のために「絶対に買って損しない」最新コスパ家電をご紹介。責任をもってテストし、見つけた、暮らしがワンランクもツーランクもアップする製品を発表します!

今回は、面倒なタッチが不要な外付け最強カーナビ、Coral Vision「Coral Vision Plus A」を紹介します。

自動車CaaPlay対応カーナビ Coral Vision「Coral Vision Plus A」

Coral Vision「Coral Vision Plus A」

Coral Vision
Coral Vision Plus A
実勢価格:2万4620円


サイズ・重量:W176×D28×H112mm・392g
モニタ:7インチLVDS、1024×600
microSDカード:32GB
出力:Bluetooth4.1、3.5mmステレオ ほか
電源:DC12V

Coral Vision「Coral Vision Plus A」は、iOSにおけるCarPlayやAndroidのAndroidAutoといったスマホOSの車載用機能に対応した外付けカーナビ。

スマホで検索したルートがカーナビに接続するだけで最適化されて表示されるなど、便利機能が満載です。しかもU3万円で入手できるので、コスパは抜群ですよ!

CaaPlay対応カーナビ Coral Vision「Coral Vision Plus A」

本製品は、台湾のサイトであるB2B向け(バイヤー向け)マーケットプレイス「Taiwantrade」で購入が可能です。

なお、Wi-Fi接続によるワイヤレスCarPlay版もありますが、技適未取得なので使用する場合は総務省への申請などが必要になりますので、ご注意ください(FMトランスミッター機能も同様です)。

自動車おすすめポイント1:本体にUSBでiPhoneを接続するだけ。マップも音楽も表示!

CarPlayの起動画面

iPhoneを接続するとCarPlayの画面が起動します。マップやミュージックのほか、CarPlayに対応するアプリも操作可能です。

CarPlayのマップ表示

iPhoneのマップアプリで入力したルートがそのまま表示されます。また、純正のマップアプリ以外にもグーグルやヤフーにも対応します。

CarPlayのミュージックアプリ表示画面

マップ同様、純正のミュージックアプリはもちろん、Spotifyなども操作可能。専用のUIで操作性は問題ありません。

自動車おすすめポイント2:「Android Auto」にも対応するのでAndroidユーザーも快適

CarPlayの使用画面

本製品はナビゲーションアプリなどが非搭載の割り切った仕様です。要するにスマホの機能を表示するモニタにすぎないのですが、iOSの「CarPlay」やAndroidの「Android Auto」が快適なので、むしろ使いやすいんです。

CarPlayのFMトランスミッター機能

FMトランスミッター機能もありますが、技適未取得のため、AUX経由で優先出力しましょう。

以上、面倒なタッチが不要な外付け最強カーナビ、Coral Vision「Coral Vision Plus A」を紹介しました。カーナビの操作性に不満を感じているならおすすめですよ!

家電『家電批評』2021年5月号

『家電批評』2021年5月号

晋遊舎
家電批評
2021年5月号
700円

「家電批評」2021年5月号では安くて良い最新の家電を特集しています。ぜひチェックしてみてください。