ビューティー“絶対的エース”ビタミンCは何にいい?
 

美容や健康にいいとされているビタミンC。野菜や果物に多く含まれていたり、化粧水や美容液にも成分として含まれていますが、なんとなく「摂ったつもりでいる」人も多いのではないでしょうか。

ここではビタミンCの特徴や役割などを紹介します。

ビタミンCの特徴

ビタミンCは化学名でアスコルビン酸ともいわれ、骨や腱など結合タンパク質であるコラーゲン生成に必須の化合物です。人の体内では合成できず、蓄積もできません。喫煙やストレスなどで消費されるので多くの人が不足しがち。

美容面ではシミや肌のハリケア、ニキビケア、毛穴ケアなど、マルチな効果が期待できます。スキンケアの場合は、ビタミンC誘導体もあります。食事とサプリ、スキンケアの両面から取り入れるのが正解です。

奥田千晶 氏
管理栄養士・食美容研究家
奥田千晶 氏 のコメント

食事だけでは不足しがちなビタミンです

ビタミンCの特徴

​ただ、肌に塗るとピリピリ刺激を感じることもあります。また、光や熱、空気などの影響を受けやすい繊細さんでもあります。

ビタミンCの主な役割

ビタミンCは活性酸素の撃退に加え、肌や粘膜の健康維持に欠かせないコラーゲンの合成や鉄分の吸収も助ける美肌エリート。美肌を目指すなら真っ先に摂りたい栄養素のひとつです。

老化の原因となる活性酸素を除去するほか、メラニン色素の抑制、皮脂分泌のコントロールなどの作用が期待できます。また、ストレスへの抵抗力を強めたり、鉄分の吸収を助けたりもします。

ビタミンCを多く含む食物

ビタミンCを多く含む食物

主に緑黄色野菜やキウイ、いちご、アセロラに多く含まれています。

食事は鉄分と一緒にとると吸収率アップ

食事は鉄分と一緒にとると吸収率アップ

ほうれん草はビタミンCと鉄分の両方を含む美肌食材。レバー×ほうれん草(またはブロッコリー)の組み合わせも最高です。

カット野菜にビタミンCはあまり残っていない

カット野菜にビタミンCはあまり残っていない
カット野菜にビタミンCはあまり残っていない

ビタミンCは鮮度が命なので加工したらすぐに食べましょう。野菜や果物のビタミンCは、加工すると徐々に成分が壊れるので、カット野菜などはほとんど残っていないことも。加工した野菜に頼りすぎはNGです。

生野菜も切る、おろすなどの処理をしたら、早めに食べ切りましょう。

実は100%還元ジュースのビタミンCもアテにならない!

一度完全に乾燥してから水分を入れて100%にする濃縮還元ジュースは、ビタミンCが壊れている可能性が高いです。

実は100%還元ジュースのビタミンCもアテにならない!

毎日積極的に摂りたいビタミンC。そこで手軽に補えるのが市販のサプリメントがおすすめです。そこで今回はビタミンCサプリメントについて詳しく見ていくことにします。

ビューティービタミンCにはサプリメントと医薬品がある

「サプリより医薬品の方が効果が高い」と思いがちですが、そうとも言い切れません。サプリメントは食事で不足している栄養素を補う食品、医薬品は症状を改善するための薬なのでそもそも別物です。

サプリメントは医薬品のような効果をうたえませんが、実感できるものもあります。

サプリでも第3類医薬品でも、成分が同じであれば、製品差はあれど得られる効果は基本的にほぼ一緒。

それぞれの特徴は、以下のとおりです。

サプリメントの特徴

サプリメントは食品(健康食品)に分類されるもの。医薬品のような審査を受けていないので、効能・効果(どういう病気に効く)や用法・用量を表示することはできないというものです。

飲む美白などを気軽に試したい人におすすめです。

サプリメントの特徴
  • 食品である
  • 種類が豊富なので気軽に試せて選びやすい
  • 明確なルールがないため、なかには効果の薄い製品も
  • 食品に分類されるため、1日の摂取目安のみ記載
  • 錠剤や顆粒などさまざまなタイプがある

第3種医薬品の特徴

医薬品とサプリメントの違いは、厚生労働省の審査に合格した製品かどうか。医薬品は、薬の効果、安全性、副作用、使用する量、製造方法など多岐にわたる審査に合格した製品。医薬品は「効能・用法・用量」を記して販売できます。

  • 薬である
  • 効果・効能がうたえる
  • 効果を期待できるぶん、副作用のリスクに注意
  • 効果の認められている成分の配合が保証されている
  • 副作用がある可能性があるため、いつ何錠飲むか明示されている
第3種医薬品の特徴

すぐに悩みを解決したい人、サプリの独特の味が苦手な人や、いつ何錠飲むのか決まっていたほうがいいという人は医薬品を選ぶのもアリです。

ただし、医薬品は多くの人に一定の効果が認められている分、副作用のリスクもあります。医薬品にこだわらず、気軽に試せるサプリメントも選択肢に入れるのが正解です。

ビューティービタミンCサプリの選び方

ビタミンCサプリの選び方

ビタミンCを選ぶ際は、原材料名の最初に何が書かれているかをチェックしましょう。一番にビタミンCと成分名が書かれていない場合は、高い効果が望めない可能性があります。

サプリの良し悪しはウリ文句より裏面をチェック

サプリの良し悪しはウリ文句より裏面をチェック

こちらは、サプリAの裏面。最初にある水飴は、サプリを飲みやすくするのによく利用されます。悪者ではないけれど、ビタミンCの量は期待薄かもしれません。

サプリの良し悪しはウリ文句より裏面をチェック

一方、サプリBの裏面は、最初にビタミンCの記載が。原材料名は基本的に量が多いものから順に記載されるので、最初にビタミンCが載っているなら量は十分と見てOKです。

ひと粒あたり配合量が少ないものを選ぶ

ビタミンCは水溶性で尿とともに体外に排出されやすいため、食事だけでなくサプリメントも利用してこまめに摂ることが大事。

ひと粒あたり配合量が少ないものを選ぶ

ただし、そんなにたくさん摂らなくても大丈夫! 市販のサプリには800mg、1000mgと多量のビタミンCが含まれていますが、1日の必要量はたった100mg。裏面をチェックし、こまめに摂るため、調整しやすくするために配合料少なめを選ぶといいでしょう。

配合量の少ない方が、野菜をたくさん食べた日はサプリの量を調整しやすくなります。

覚えておきたいのは、ビタミンCは喫煙や睡眠不足・ストレスなどで消費されやすいということ。このような場合は、100mgより多く摂る必要があります。

おいしく続けやすいものを選ぶ

市販のビタミンCサプリにはカプセルやタブレットタイプ、粉末(パウダー)タイプ、グミなどのお菓子タイプなどさまざまなものがあります。

何より飲み続けやすさが大切なのでストレスなく飲みやすいものを選ぶのもポイントです。

手軽に飲みやすいカプセル・チュアブルタイプ

カプセル・チュアブルタイプなら携帯にも便利。ビタミンCの酸味が苦手なら、カプセルがおすすめです。

※チュアブル錠とは錠剤の一種で、口腔内で噛み砕いて服用する薬。

美味しさで選ぶならお菓子タイプ

レモン味やオレンジ味など、お菓子感覚で食べられるグミタイプのサプリもあります。

コスパなら粉末タイプ

粉末なら1kgで1500円前後で買えます。1日あたり1gなら約3年飲めます。家族で飲む人におすすめ。

ビューティー市販のビタミンCサプリ5製品を比較

市販のビタミンCサプリ5製品を比較

今回は、コンビニやドラッグストアなどで手軽に購入できるカプセル・錠剤タイプのビタミンCサプリメント5製品を「味」「飲みやすさ」「コスパ」で比較しました。

「溶けるのが早い=すぐに効く」は勘違い

「溶けるのが早い=すぐに効く」は勘違い

水に入れて溶け具合をチェック! カプセルとチュアブルが10秒ほどで溶けたのに対し、錠剤は30分後も底に溶け残りが。メーカーによってはゆっくり効くように、あえて遅くしているところもあるそうです。

それでは5製品を比較した結果、飲みやすさで高評価だった順に紹介します。

ビューティービタミンCサプリのおすすめは?

matsukiyo LAB「食べるサプリ ビタミンC チュアブルタイプ」

matsukiyo LAB「食べるサプリ ビタミンC チュアブルタイプ」

matsukiyo LAB
食べるサプリ ビタミンC チュアブルタイプ
実勢価格:699円

120粒

▼テスト結果

  • 1粒あたり :5.4円
  • ビタミンC量:550mg /1日2粒
  • 美味しさ  :◎
  • 飲みやすさ :〇

『LDK the Beauty』的に飲みやすさ1位となったのが、matsukiyo LAB「食べるサプリ ビタミンC チュアブルタイプ」。お菓子感覚でつまめるレモン味のサプリです。

モニター全員が「美味しい!」と絶賛。噛んで食べるのですぐ溶けてラムネのような食感です。サプリは食品扱いで、続けるうちに効果を実感するので、ストレスなく飲みやすいものを選ぶのが一番です。

ファンケル「ビタミンC」

ファンケル「ビタミンC」

ファンケル
ビタミンC
実勢価格:1062円/90粒

▼テスト結果

  • 1粒あたり :11円
  • ビタミンC量:1000mg /1日3粒
  • 美味しさ  :〇
  • 飲みやすさ :〇

ファンケル「ビタミンC」は、サプリにやや厚みがあるものの、味がなくサイズが小さいので、引っかからずに飲み込みやすいです。

ディアナチュラ「ビタミンC」

ディアナチュラ「ビタミンC」

ディアナチュラ
ビタミンC
実勢価格:406円
120粒

▼テスト結果

  • 1粒あたり :3.3円
  • ビタミンC量:1050mg /1日2粒
  • 美味しさ  :〇
  • 飲みやすさ :△

ディアナチュラ「ビタミンC」は、サイズは小さめで味もナシ。カプセルタイプなので、飲み込みが苦手な人は避けたほうが無難かもしれません。

matsukiyo LAB「ビタミンC withバイオぺリン」

matsukiyo LAB「ビタミンC withバイオぺリン」

matsukiyo LAB
ビタミンC withバイオぺリン
実勢価格:360円
120粒

▼テスト結果

  • 1粒あたり :3円
  • ビタミンC量:1000mg /1日4粒
  • 美味しさ  :△
  • 飲みやすさ :〇

matsukiyo LAB「ビタミンC withバイオぺリン」は、小さめの粒で、飲み込みやすさは好評。ただ、飲んだあとに舌に苦みが残るという声もありました。

ネイチャーメイド「ビタミンC」

ネイチャーメイド「ビタミンC」

ネイチャーメイド
ビタミンC
実勢価格:1380円
200粒

▼テスト結果

  • 1粒あたり :5.9円
  • ビタミンC量:1000mg /1日2粒
  • 美味しさ  :△
  • 飲みやすさ :△

ネイチャーメイド「ビタミンC」は、飲み込むのがつらいレベルの大きい錠剤が特徴です。味もかなり酸味が強くクセがあります。

ビューティー【番外】粉末タイプならPOLA「ネクステージ シー」

【番外】粉末タイプならPOLA「ネクステージ シー」

ポーラ
ネクステージ シー
実勢価格:5292円

30包

過去に『LDK the Beauty』が行ったテストで評価が高かった粉末タイプのビタミンCサプリメントが、ポーラ「ネクステージ シー」です。こちらはビタミン類含有加工食品です。

【番外】粉末タイプならPOLA「ネクステージ シー」

モニターが医薬品を含めた美白アイテム6製品を用法・用量を守って1カ月服用。その前後の潜在シミ数を専用機器で計測して比較してみたところ、顕在シミにも変化があり、かなり好感触でした。

ビューティーまとめ:ビタミンCサプリは飲みやすさとコスパで選ぶ

以上、ビタミンCサプリの紹介でした。

市販のサプリを比較したところ、形や味にかなり違いがありました。matsukiyo LAB「食べるサプリ ビタミンC チュアブルタイプ」なら、お菓子感覚でつまめて飲みやすいです。コスパもいいので、美味しく続けられます。

matsukiyo LAB「食べるサプリ ビタミンC チュアブルタイプ」

matsukiyo LAB「食べるサプリ ビタミンC チュアブルタイプ」

matsukiyo LAB
食べるサプリ ビタミンC チュアブルタイプ
実勢価格:699円

120粒

健康維持や美肌ケアを補うアイテムとして、自分にあったものを見つけてみてくださいね。

ビューティーサプリメントの売れ筋ランキングもチェック!

サプリメントのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。