メンズニキビ跡やヒゲを目立たなくするメンズ用コンシーラー

男性コスメ製品が並んでいる様子の画像

CMなどで見かけるメンズコスメ。“若者向けのもの”だと思いがちですが、実は、“おじさんに見られたくない人”にこそ使ってほしい商品なんです。

男性の肌のイメージ写真

その理由は、メンズコスメでケアすると今よりも印象をアップすることができるから。それで自信がつくなら、身だしなみとして一度試してみるのもアリかもしれませんね。

今回は、メンズ向けコスメの中から、気になるシミやニキビ跡、ヒゲなど男性特有の肌トラブルをカバーしてくれるメンズ用コンシーラーをテスト。Amazonや楽天市場などのネット通販、ドラッグストアなどで気軽に購入できる人気・売れ筋12製品を比較して、初めて使う人にもおすすめの1本を探しました。

メンズBBクリームと違う?コンシーラーを使うメリット

メンズ用のメイクアイテムは数多くありますが、正直違いがよくわからない……という人も多いのでは? そこでまずは、今回の主役であるメンズ用コンシーラーとメンズ用ファンデーション、メンズ用BBクリームの違いについて押さえておきたいと思います。

コンシーラーはファンデ、BBクリームよりカバー力がある

メンズ用コンシーラーは、メンズ用ファンデーションやメンズ用BBクリームよりもカバー力が高く、ニキビやニキビ跡、シミ、クマ、毛穴、青ヒゲ、肌の赤みといった気になる肌トラブルをピンポイントでカバーすることができます。部分用ファンデーションとも言われます。

一方、メンズ用ファンデーション気になる肌トラブルを自然にカバーして、顔全体を明るくしてくれます。

メンズ用BBクリームは、保湿クリーム、日焼け止め(SPF・PA表記あり)、ベースメイク、ファンデーションの機能が1本に集約されています。カバー力はそれほど高くありませんが、肌をキレイに見せることができます。伸びがよくて使いやすいので、メイク初心者におすすめです。

シミを隠すと手軽に若返った印象に

シミなどの肌トラブルがあると、老けて見えたり、疲れた印象を与えてしまいがちです。メンズコンシーラーを使って気になるシミをカバーすれば、肌トラブルのないキレイな肌色に仕上がり、明るく若々しい印象を作ることができます。

顔全体に塗るより自然な印象に

顔全体に塗ることが多いメンズ用ファンデーションやメンズ用BBクリームは、厚塗りになりがちで色味にもムラが出やすいですが、メンズコンシーラーは肌トラブルをピンポイントに隠せるため、よりナチュラルな仕上がりになります。

メンズメンズ用コンシーラーの選び方

メンズコンシーラーのタイプは大きく4つあり、スティックタイプ、ペンシルタイプ、リキッドタイプ、クリームタイプに分けられます。なりたい肌や気になる肌悩みによって選びましょう。

隠したい場所や仕上がりでタイプを選ぶ

スティックタイプ

メンズ用コンシーラー_スティックタイプの製品画像

スティックタイプはカバー力が高いのが特徴。小型で持ち運びしやすいです。

ペンシルタイプ

メンズ用コンシーラー_ペンシルタイプの製品画像

ペンシルタイプは鉛筆のように先が細くなっているため、小さなシミといった肌トラブルをカバーするのに向いています。

リキッドタイプ

メンズ用コンシーラー_リキッドタイプの製品画像

リキッドタイプは液状で伸びがよく肌なじみがいいです。目や鼻の下のシミをカバーするのに最適です。

クリームタイプ

メンズ用コンシーラー_クリームタイプの製品画像

クリームタイプは部分的にも顔全体にも使えて、自然に仕上がります。

カバー力で選ぶ

メンズコンシーラーを使う際は、気になる肌悩みをしっかりカバーしてくれるものを選びましょう。カバー性能があるものは洗顔料だけでは落ちにくいものもあるので、クレンジング剤を使って落としましょう。

皮脂や摩擦に強いものを選ぶ

男性の肌は皮脂が多くテカリがちなので、時間が経ってもムラが出にくくキープ力が高いメンズコンシーラーを選べば、多少崩れても化粧直しは不要です。

使い勝手のいいものを選ぶ

普段化粧品を使わない男性だからこそ、塗り心地や使いやすさは重要です。また、自然な肌色や明るい肌色など、自分の顔色に合ったカラーや内容量なども考慮して選びましょう。

以上のことを踏まえて、「カバー性能」「崩れにくさ」「使いにくさ」の3項目でテストした結果、評価が高かったものをおすすめ順に紹介します。

S評価カバー性能がダントツ!
「リップスボーイ
 メンズスポットカバー」

レスプリ_リップスボーイ メンズスポットカバーの製品画像
 
王冠アイコン

リップスボーイ
メンズスポットカバー
実勢価格:2200円

▼テスト結果

  • カバー性能:◎
  • 崩れにくさ:◎
  • 使いやすさ:◎

2021年のテストに続いて2年連続でベストバイに輝いたのは、リップスボーイ。何よりも肝心なシミを隠すカバー性能がダントツ! 崩れにくさも優秀で、皮脂の多い人でも一日中安心です。

気になる部分にサッと塗れる細身のスティックだから、肌なじみもいいです。ベストバイ連覇も納得、文句ナシの1本です。

シミをキレイに隠してくれる

リップスボーイは、色の濃いシミがほぼ周りの肌の色と同化するほど。間近で見られてもわからないレベルです。

崩れにくさも優秀

皮脂や摩擦に強く、長時間シミを隠し続けてくれます。ムラが目立ちにくくキープ力が高いので、多少崩れても化粧直しはほぼ不要です。

A評価バルクオム
「THE CORRECTOR」

バルクオム_THE CORRECTORの製品画像

バルクオム
THE CORRECTOR 
実勢価格:2750円

▼テスト結果

  • カバー性能:◯
  • 崩れにくさ:◎
  • 使いやすさ:◎

A評価だったのは、バルクオム「THE CORRECTOR」。ペンシルタイプで使いやすく、崩れにくさも使いやすさも優秀でしたが、カバー性能があと一歩でした。スティックの反対側にぼかし用のチップが付いています。

A評価マンダム
「LUCIDO
 フェイスカバーコンパクト」

マンダム LUCIDO フェイスカバーコンパクトの製品画像

マンダム
LUCIDO
フェイスカバーコンパクト
実勢価格:1400円

▼テスト結果

  • カバー性能:◎
  • 崩れにくさ:◯
  • 使いやすさ:◯

マンダム「LUCIDO(ルシード) フェイスカバーコンパクト」もA評価。カバー性能ではベストバイのリップスボーイに次ぐ2位でした。崩れにくさと使いやすさは普通ですが、コンパクト型なので慣れは必要になりそうです。

A評価ギャツビー
「ザ デザイナー デュアル
カバーコンシーラー」

ギャツビー ザ デザイナー デュアルカバー コンシーラーの製品画像

ギャツビー
ザ デザイナー デュアルカバー コンシーラー
実勢価格:1800円

▼テスト結果

  • カバー性能:◯
  • 崩れにくさ:◎
  • 使いやすさ:◯

コンシーラーとテカリを抑えるフェイスパウダーが1本になったギャツビー「ザ デザイナー デュアル カバー コンシーラー」もA評価。崩れにくさは優秀ですが、カバー性能と使いやすさはそこそこ。肌へのなじみやすさでは、リップスやバルクオムよりも劣る印象でした。

A評価シェモア
「BRO. FOR MEN 
Beard Shade Concealer」

シェモア BRO. FOR MEN Beard Shade Concealerの製品画像

シェモア
BRO. FOR MEN
Beard Shade Concealer
実勢価格:1080円

▼テスト結果

  • カバー性能:◯
  • 崩れにくさ:◎
  • 使いやすさ:◯

スティックタイプのシェモア「BRO. FOR MEN Beard Shade Concealer」はA評価。カバー性能と使いやすさは平均的ですが、スティックタイプで塗りやすくカバー性能も及第点。欠点は崩れやすいところかも。

A評価MULC
「コンシーラー」

MULC コンシーラーの製品画像

MULC
コンシーラー
実勢価格:1980円

▼テスト結果

  • カバー性能:◯
  • 崩れにくさ:△
  • 使いやすさ:△

MULC「コンシーラー」もA評価。シミのカバー力は及第点ですが、崩れにくさと使いやすさはイマイチでした。伸びや肌なじみは良いですが、チップは塗りムラができやすいです。

A評価MNKB
「医薬部外品 MNKB
薬用コンシーラー」

MNKB
医薬部外品 MNKB
薬用コンシーラー
実勢価格:1428円

▼テスト結果

  • カバー性能:◯
  • 崩れにくさ:△
  • 使いやすさ:△

MNKB「医薬部外品 MNKB 薬用コンシーラー」も同じくA評価でした。カバー性能はまずまず。崩れにくさ&使いやすさはやや残念な結果に。スティックタイプで使いやすいですが、肌なじみはイマひとつでした。

A評価WAR PAINT.
「リキッド コンシーラーペン」

WAR PAINT. リキッド コンシーラーペンの製品画像

WAR PAINT.
リキッド コンシーラーペン
実勢価格:3190円

▼テスト結果

  • カバー性能:◯
  • 崩れにくさ:△
  • 使いやすさ:△

WAR PAINT.「リキッド コンシーラーペン」はA評価でした。カバー力は十分ですが、崩れにくさがいま一歩でした。筆タイプで塗りムラができやすく、塗る量の調整もしにくいのが使いやすさに響いた結果に。

B評価SHISEIDO MEN
「ターゲティッド ペンシル
コンシーラー」

SHISEIDO MEN ターゲティッド ペンシルコンシーラーの製品画像

SHISEIDO MEN
ターゲティッド ペンシルコンシーラー
実勢価格:3630円

▼テスト結果

  • カバー性能:△
  • 崩れにくさ:◯
  • 使いやすさ:◎

B評価だったのは、SHISEIDO MEN「ターゲティッド ペンシルコンシーラー」。塗りやすくて使いやすさは抜群に良いものの、カバー性能の低さが目立ちました。税込価格が12製品中で一番高いことを考えると、厳しいかもしれません。

B評価ズキューンボーイズ「
コンシーラー」

ズキューンボーイズ コンシーラーの製品画像

ズキューンボーイズ
コンシーラー
実勢価格:1078円

▼テスト結果

  • カバー性能:△
  • 崩れにくさ:◯
  • 使いやすさ:◯

ズキューンボーイズ「コンシーラー」もB評価でした。スティックタイプで塗りやすく、崩れにくさも合格点ですが、カバー性能がイマイチでシミを隠しきれていないのが残念でした。

B評価MENS NULL「
NULL コレクティブペン」

MENS NULL NULL コレクティブペンの製品画像

MENS NULL
NULL コレクティブペン
実勢価格:2684円

▼テスト結果

  • カバー性能:△
  • 崩れにくさ:◯
  • 使いやすさ:△

MENS NULL「NULL コレクティブペン」も同じくB評価。テクスチャーの伸びは良いですが、筆との相性はあまり良くない印象です。カバー性能も低めで今一歩でしたが、崩れにくさは平均的でした。

B評価コスメテックスローランド
「柑橘王子
 メンズBBコンシーラー」

柑橘王子 メンズBBコンシーラーの製品画像

コスメテックスローランド
柑橘王子
メンズBBコンシーラー
実勢価格:1040円

▼テスト結果

  • カバー性能:△
  • 崩れにくさ:△
  • 使いやすさ:◯

コスメテックスローランド「柑橘王子 メンズBBコンシーラー」はB評価。滑らかな液状で塗り心地は良好なことから、使いやすかったです。しかし、カバー性能と崩れにくさの両方が残念な結果となってしまいました。

メンズおわりに

以上、メンズ用コンシーラーのおすすめ12選でした。2021年のテストに続いて、男性用コンシーラーのベストバイはリップスボーイでした。シミやニキビが気になる人、部分的に肌をきれいに見せたい人はぜひ一度試してみてくださいね。

おすすめは「リップスボーイ メンズスポットカバー」

ベストバイになったリップスボーイ メンズスポットカバーの製品画像
 
王冠アイコン

リップスボーイ
メンズスポットカバー
実勢価格:2200円

メンズコンシーラーの売れ筋ランキングもチェック!