withマスク時代にマッチした新・コスメ&テク

マスク生活が続く日々。「顔が半分隠れると目元がキツく見える」、「マスクにファンデやリップが色移りする」、「とにかく崩れまくる」など、今までにないメイク悩みが浮上。どうしていいか分からない! と悩んでいる人は多いと思います。

今、我々に必要なのは、「マスクでくずれないベースメイク」「マスクにつかないスゴリップ」「ふんわりやさしげアイになるシャドウ」など、マスク新時代にマッチしたコスメやメイクテクニックではないでしょうか。そこで、今一番必要なベストコスメ&テクニックをメイクのプロに徹底取材&大検証しました。

今回はその中から、マスクへの色移りや崩れ、くすみなど、悩んでいる人も多い「ベースメイク」についてご紹介します。美マスクベースづくりのポイントをご覧ください!

withマスク時代のベースメイクのお悩み

モロにマスクと接してしまうベースメイクの悩みといえば、「マスクへの色移り」「崩れ」ですよね。

▼ファンデの色がマスクにつくのがイヤ!
▼汗と蒸気で顔がくすんでトーンダウン
▼マスクのムレ崩れで肌のアラが丸見えに

特にマスクへの色移りは見た目が汚らしくなるため、「人前でマスクを外しにくい……」なんてことにも。いっそのことベースメイクは省きたいところですが、食事のときなどはマスクを外して顔を出すシーンもあるし、判断が難しいですよね。

そこで、今回は、マスクにつかない、ヨレない、ベタつかないベースメイクから、「下地+コンシーラー+パウダーコンボ」でノーファンデのコツをご紹介します。

植木祐里加 氏
メイクアップアーティスト
植木祐里加 氏 のコメント

マスク着用時は湿気で顔全体もくすみがちなので要注意です。

【下地1:部分下地】まずはフラットな肌に整えて毛穴を埋める

スキンケアとUVケアをしっかりしたら、まず部分下地で毛穴カバーを。毛穴用下地で凹凸を埋めて肌をフラットに整えれば、後のメイク、仕上げの完成度もグッとレベルアップします。

ファンデレスだからこそベースづくりは手を抜かない! これがポイントです。

最初に毛穴用下地で凹凸を埋めておけば、仕上げの完成度もグッとレベルアップ。

毛穴用下地はシリコン製のものが多いのですが、注意したいのは「全顔に塗らない」ということ。

あくまで気になる“部分”だけに塗りましょう。押し込むよりも、表面をなでるようにクルクル滑らせるのがコツです。

植木祐里加 氏
メイクアップアーティスト
植木祐里加 氏 のコメント

シリコン系下地はサラッとするため、あとに重ねるものもキレイにのります

部分下地

MIMURA
スムース
スキンカバー
実勢価格:4620円

目立った毛穴をスルンと丸ごと隠してくれるスグレモノ。軽いつけ心地でサラッとした仕上がりなのもうれしい。

【下地2:カラー下地】マスクのムレでくすむ肌にはカラー下地

毛穴をカバーした後は、色ムラやくすみ肌をカバー! ファンデがのらない分、色補正も下地でしっかりフォローしておきましょう。ピンク色なら、色白さんも健康肌さんも合いやすいですよ。

顔に5点置きして内側から外側へのばせばOK。

カラー下地

SUQQU
ブルーミング
グロウ プライマー
購入価格:6600円

SUQQU「ブルーミング グロウ プライマー」は自然な色み。パール入りでシアーに仕上がるのでトーンのほか透明感もアップします。

植木祐里加 氏
メイクアップアーティスト
植木祐里加 氏 のコメント

最後に、スポンジでまんべんなく押さえておきましょう

【リキッドコンシーラー】点置き後、たたき込み!

気になるシミ隠しはファンデの代わりにコンシーラーを使います。コンシーラーはファンデーションと違って全顔塗りじゃないため、シミを隠しつつマスクにもつきにくいんです。

ポイントはまずは気になる箇所に、チップでポンポンと点置き。その後、指またはスポンジを使って軽くたたき込むようになじませると、厚塗り感もなく、自然にアラをカバーできますよ。

指で塗るなら、力が入りにくい中指と薬指を使います。顔に沿わせるように当ててたたき込むとキレイに仕上がります。

見落としがちですが、コンシーラーを使うときは口角も忘れずに。2点ほど置いて、たたき込んでおきましょう。トーンアップすることで口角がキュッと上がって見えるため、老け見えを気にしている人にもオススメです。

コンシーラー

ディオール
フォーエヴァー
スキン コレクト コンシーラー
カラー:2N
実勢価格:4620円

ディオール「フォーエヴァー スキン コレクト コンシーラー」は、ファンデに匹敵する最強カバー力を発揮します。細かい濃いめのシミも完璧に隠してくれます。

カリプソ
マジックコンシーラー
カラー:サーモンベージュ
実勢価格:1540円

リニューアルしたカリプソ「マジックコンシーラー」。リニューアル後も過去ベストコスメの実力健在です。色が明るめなので色白さん向けとなります。

【フェイスパウダー】クリアパウダーで残りのアラをふんわり隠す!

通常はここでファンデーションをのせるところですが、今回は飛ばしてパウダーのみでOK。クリアパウダーならマスクに色移りせず、下地とコンシーラーをしっかりセットできます!

最初に点置きする感覚でパウダーをポンポンのせて、サッサと軽い力で左右にスライドさせます。力の入れすぎには注意してくださいね。ブラシが好ましいですが、付属のパフでももちろんOKです。

植木祐里加 氏
メイクアップアーティスト
植木祐里加 氏 のコメント

パフより力が伝わりづらいブラシならなおキレイです。

フェイスパウダー

 

イニスフリー
ノーセバム
ミネラルパウダー
実勢価格:825円

以上、マスクにつかない、崩れないベースメイクのテクニックをご紹介しました。この方法なら、薄づきなのにしっかりアラを隠すサラサラベースとなるので、ぜひ試してみてください。

ちなみに、「withマスク時代のメイク悩み解決します!」特集を掲載している『LDK tne Beauty』2020年10月号はこちらで読むことができます。

『LDK tne Beauty』2020年10月号

『LDK tne Beauty』
2020年10月号

ぜひ、記事を参考にしてみてください!