ビューティーキホンを知れば、メイクのお悩みは即解決できます!

頑張ってフルメイクしたのに、「今日すっぴん?」っていわれたら、もうがっかりですよね。これって、キホンをすっ飛ばした自己流メイクが原因かもしれません。

そこで、あいまいなままの自己流メイクを卒業するため、メイクのプロに「ベースメイク」「アイブロウ」「アイメイク」「リップ&チーク」それぞれの知っているようで意外と知らない超キホンのテク・コツ・選び方を教えてもらいました。この機会に、基本を見直してみませんか。

今回は「ベースメイク」編から、ファンデーションだけでは隠れてくれないシミ・シワ・クマを解決するコスメ選びや使い方を徹底解説します。

ビューティー覚えておきたいメイクで失敗しないための3カ条

第一印象は3秒で決まるといわれています。だからメイクって本当に重要! でも、だからといって難しく考えないで大丈夫。まずはこちらの3カ条を覚えておきましょう。

その1:失敗を怖がらず、トライしてみる!
まず、自分の顔を鏡でじっくり観察しましょう。メイクでどんな顔になりたいのかをイメージしてトライ&エラーを繰り返すのが、実はお悩みを解消する一番の近道です。

その2:世間の「〇〇すべき!」は適度にスルー!
「大人はマットより絶対ツヤ肌」「ベースに一番お金をかけるべき」など一般的によくいわれることでも自分に合わないときは、守らなくてもOKです。

その3:トレンドがマストバイとは限らない!
勢いで買ってしまったコスメ。使いこなせていますか? ベスコスだから、モデルが紹介しているからというアイテムだとしても、自分にも合うかどうかは別問題だということを意識するようにしましょう。

それでは早速、シミやシワ、クマのお悩みを解決する4つの方法をご紹介します。

ビューティー[コンシーラー]リキッドorパウダーで、塗る順番が違います!

「コンシーラーを塗っているのに夕方にシミが透ける」という人は、もしかしたら塗る順番を間違っているかもしれません!

コンシーラーはファンデがパウダータイプならファンでの前、リキッドやクッションならファンでの後が原則です。テクスチャーは固すぎないリキッドタイプがファンデを選ばず使いやすいでしょう。

▼パウダーファンデの場合

・コンシーラーの後にファンデ
下地の後にコンシーラーを使い、パウダーファンデを。上からコンシーラーを塗るとヨレるからNGです!

▼リキッドファンデの場合

・ファンデの後にコンシーラー
液状のファンデは塗った後にコンシーラー、仕上げにお粉を。BBやCCの場合も後に使ってくださいね。

ポイント:肌悩みが多いならパレットタイプがおすすめ

トラブルに合わせ色の調節が自在。

TOMOMI 氏
メイクアップアーティスト
TOMOMI 氏 のコメント

100%カバーを目標にしないことが大事!

ビューティー100%カバーを目標にしないことが大事!

シミをわざとらしくなくカバーするには、コンシーラーはチップタイプを選ぶのがおすすめです。シミにのせ、周りを指で丁寧にぼかせば自然になじみます。

一般的に対面1.5m位の距離の見え方を意識して7~8割カバーをめざすことが大切。100%カバーを目指すと厚くなってしまいます。

ポイント:ナルトを描くようにぼかすのがコツ!

▼STEP1:シミにチップでちょんと置く
まずはチップタイプのコンシーラーをシミの部分にちょんと置きます。広げすぎないよう注意しましょう。

▼STEP2:ナルトを描くようにぼかす
肌にのせたコンシーラーの周りを、指でナルトを描くようにしてぼかして、境目をなくします。

カリプソ
マジックコンシーラー
サーモンベージュ
実勢価格:1540円

SHUN 氏
パーソナルメイクアップトレーナー
SHUN 氏 のコメント

7~8割を目標にカバーすれば厚くなりません

ビューティー[ほうれい線]隠すよりも「光で飛ばす」と脱・老け顔に!

くっきり刻まれたほうれい線や目尻のシワは、ファンデでカバーするとかえって悪目立ちしやすくなります。

ハイライトを使って光を入れれば、シワやたるみの影が飛んで若々 しい印象になります。ツヤを足して、アラを目くらましするイメージです。

▼ハイライト

練りタイプのハイライトを指にとって、眉下から目尻側にかけてCを描くようにトントンなじませます。

▼パウダータイプのハイライト

パウダータイプのハイライトは、ほうれい線のすぐ上、頬骨の高いところに鼻横~目尻まで、「く」の字を描くように入れます。

TOMOMI 氏
メイクアップアーティスト
TOMOMI 氏 のコメント

たるんだ頬のリフトアップにも効果的です。

ビューティー[クマ]寝不足でげっそり顔は「オレンジ下地」で隠す!

クマをコンシーラーで上手くカバーできない場合の味方が、より薄づきで肌に明るさをくれるオレンジ色のカラーコントロール下地です。

キス
コントロール
カラーベース B02
実勢価格:880円

オレンジ色は、目元の肌色の悩みに効果抜群。クマの気になる場所に少量ちょんと置いて、指を使わずブラシでトントンなじませるのがポイントです。

ポイント:オレンジで、どんより感が晴れてパッと明るく!

オレンジ下地の場合は、白浮せず自然になじみ目元が明るい印象に。クマやくすみが与えていたお疲れ感も一掃されます。

一方コンシーラーの場合は、それなりにカバーされますが、なじみはイマイチ。目元のどんより暗い印象は残ったままです。

以上、「ベースメイク」編から、ファンデーションだけでは隠れてくれないシミ・シワ・クマを解決するコスメ選びや使い方をご紹介しました! 光で飛ばすテクニックやオレンジ下地は効果絶大。ぜひ試してみてください。

ちなみに、「私たち、自己流メイクで人生半分損してる!」特集を掲載した『LDK tne Beauty』2020年9月号はこちらで読むことができます。

ビューティー『LDK tne Beauty』2020年9月号

『LDK tne Beauty』
2020年9月号

ぜひ、記事を参考にしてみてください!