<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は『日本酒完全ガイド』2020年3月発行時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

食品雑貨日本酒を一番知っている全国の実力派酒販店とセレクト!

世代交代が進み、若い感性によって新しい風が吹き込まれている日本酒界。変革の中でクラシックな手法が改めて見直されるなど、日本酒の酒質に一段と奥行きや深みが増していると言われています。

各地で誕生した日本酒がオンラインで簡単に入手できるのはうれしい限りですが、おいしそうなお酒ばかりで、どれを選べばいいかわからない人も多いのではないでしょうか。

そこで、日本酒を知り尽くした全国22の実力派酒販店の皆さんにアンケートを実施。百戦錬磨の目利きたちにおすすめのお酒を聞き、ジャンル別に分類しました。

食品雑貨飲みたいのはどのタイプ? お気に入りを見つけよう

“今飲みたいお気に入りの1本”を見つけるため、まずは日本酒をジャンル分けしてみることに。日本酒のタイプ分けはさまざまですが、「どこで好みが分かれるか」「どんな料理やシーンで味わいたいか」などをもとに、今回は福岡の住吉酒販が提唱しているタイプ分けに準拠しました。

一方の軸を「お酒のボディ(ライト/フル)」、もう一方の軸を「造りのトラディショナルさ(モダン/クラシック)」とし、4タイプにカテゴライズしたものがこちら。

あなたの飲みたい日本酒のタイプは?

[ボディ:ライト][造り:モダン]「フレッシュ&ライト」
[ボディ:フル][造り:モダン]「ジューシー&リッチ」
[ボディ:ライト][造り:クラシック]「端正&穏やか」
[ボディ:フル][造り:クラシック]「渋旨&フルボディ」

今回は、すっきりしたタッチや、透明感のなかに感じるほのかな甘みや旨みが特徴の【フレッシュ&ライト】にフォーカス。さまざまな前菜にマッチする、おすすめの1本をご紹介します。

食品雑貨フレッシュ&ライト編:「風の森」(油長酒造・奈良)

風の森
ALPHA type-2
油長酒造
実勢価格:3000円

720ml
※実勢価格は蔵元の販売価格です。

▼日本酒データ
・原料米(精米歩合):秋津穂(22%)
・アルコール度   :16度
・蔵元       :油長酒造

奈良県御所市1160

奈良市内にある風の森峠から名付けられた「風の森」。ALPHA type-2 は、奈良県で契約栽培している秋津穂を使用。その特性を生かして22%まで精米し、7号系酵母と組み合わせることで、米の持つポテンシャルを最大限まで発揮させています。低精白とは一線を画す、複雑で華やかな香気成分をまとう酒質が魅力です。

精米歩合とは、米を磨く精米で残った部分の比率のこと。基本的には米を磨くほど酒質は軽快にきれいに仕上がる傾向にあります。日本酒造りの精米歩合は70%前後が一般的で、50%以下で大吟醸酒です。

全国の実力派酒販店の皆さん
全国の実力派酒販店の皆さん のコメント

現在の日本酒の中で最も軽く、クリアで個性溢れる革新的1本。新鮮な生野菜とともに召し上がってください。【住吉酒販(福岡県福岡市)・庄島健泰さん】

食品雑貨日本酒基本の「き」:日本酒はこうしてできる

日本酒は米からできると知ってはいても、その詳しい醸造工程は案外知らないもの。玄米から商品として出荷されるまでの流れを理解すれば、日本酒をもっと楽しめるはずです。

日本酒の基本的な原料は、米と水、そして米麹(こめこうじ)。米麹とは、蒸した米に「麹菌」というカビの一種を繁殖させたものです。アルコールは、糖分と水を酵母が食べることで生み出されますが(アルコール発酵)、そのためには米に含まれるデンプンを糖分に変える(糖化する)必要があり、米麹に含まれる「糖化酵素」がその役割を果たしてくれるんです。

アルコール発酵のもうひとつの主役は酵母。酵母は発酵によりアルコールを生成すると同時に、香りや酸も生産し、お酒の香味に大きな影響を与えます。発酵を健全に進めるためには、まず優良で丈夫な酵母を育成する必要があります。それが「酒母(しゅぼ)」造り。

読んで字のごとく酒母を土台(母)として、もろみを仕込みます。酒母に蒸米、米麹、水を4日間かけて仕込んでいくのは、酵母に対して緩やかな環境変化を与え、よりよい発酵を促すための知恵。発酵はおよそ3週間前後、温度管理しながらていねいに醸されていきます。

最後に、日本酒をもっと楽しめる、サンロクマルおすすめのアイテムをご紹介します。

庫内を0℃から管理できる!さくら製作所のワインセラー

さくら製作所
ZERO Advance SA38-B
実勢価格:9万2400円


●サイズ・重量/W390×H1165×D530mm・49kg ●有効内容積/ 104L(上室45L+下室59L) ●温度表示/液晶(暗転モード付)●庫内灯/ LED ●年間の電気代目安/約5,022円

さくら製作所のワインセラー「ZERO Advance SA38-B」は、庫内の温度を0℃から設定できるのが大きな特徴。なぜワインには必要がない0℃設定があるかと言うと、ワイン以上に管理が難しいと言われている日本酒や、人気の高いクラフトビールなどにも対応するためです。

収納スペースは2段に分かれており、それぞれ最適な温度に設定できるところが便利。たとえば上段に入れたワインと、下段に入れた日本酒をともに最高の状態で管理できるというわけです。

以上、酒販店が選ぶ日本酒の紹介でした。「革新的」と評される至極の1本で、日本酒の新たな一面を発見してみてはいかがでしょうか。