家電令和最強のベスト家電66部門決定!!
「どこがスゴかったか」解説します

令和最強のベスト家電66部門決定!!「どこがスゴかったか」解説します

“ネットを疑う家電購入ガイド”として日夜家電をレビューし続ける『家電批評』誌上でも、思いがけない良品の発見や、今一歩な製品の発掘など、さまざまな出会いがありました。

そこで今回、2019年に家電批評誌が扱った製品の中から「絶対に素晴らしい!」と断言できるベスト家電ばかりを集めた「家電批評 オブ・ザ・イヤー」を選定いたしました。

▼【家電批評 オブ・ザ・イヤー】入り口はコチラ!

上の画像をクリックしても移動しない場合、こちらからどうぞ。

まさに“令和最強”の名がふさわしい、全66部門のベストバイたち。

ここでは、ベストに選ばれた一製品をピックアップし、どこが素晴らしかったのかを解説します。

▼ベスト家電を厳選したテスト誌はコチラ!

晋遊舎
『家電批評 2020年1月号』
700円

それでは早速ご覧ください!

<外部サイトでご覧の方へ>
the360.lifeの本サイトでは、アマゾンへのリンク付き記事を公開中です。ページ下の「オリジナルサイトで読む」よりどうぞ。

家電2019年ロボット掃除機1位は i7+
最強性能+自動ゴミ捨てが他を圧倒

格安からハイエンドまで、各メーカーからこぞってロボット掃除機が発売された2019年。その実力を確かめるべく、雑誌「家電批評」でも数多くのテストを行ってきました。その結果を受けて、ロボット掃除機部門2019でベストバイに輝いたのがこちら、アイロボット ルンバ i7+です。

アイロボット
ルンバ i7+
実勢価格:14万2860円


サイズ:W35.1×H9.2㎝・約4kg(本体)
質量:W31×H49×D39㎝(クリーンベース)
充電時間:約3時間
稼働時間:最大75分

ルンバ i7+の発売直後、その性能を確かめるべく様々なテストを敢行しましたが、ゴミを吸引する能力、部屋中を隅々まで清掃する機動力といった基本的な部分から、掃除した後のお手入れやスマホを用いた操作・管理にいたるまで、一片の隙も見当たらないあたり、「さすがルンバ」と思わせてくれました。しかし、この i7+はさらにその上の驚きをもたらすことに……。

この驚きこそが、ライバルひしめくロボット掃除機界の中でも文句なしのベストバイといえる理由です。その5つの理由をこれから詳しく解説します。

ベストの理由①:機動力
途中でリタイアはほとんどなし

コードなどを噛んでも復旧する

部屋に転がる電源コード類は巻き込む前に察知し、逃れます。じつにスマート!

30mmのラグも乗り越えて掃除する

多少厚めのラグにも対応します。リビング中をくまなく清掃することが可能です。

ベストの理由②:掃除力
汚い箇所は集中的に行い、細部もさぼらない

椅子まわりゴミ回収率は92.5%(テスト時)

入り組んだ場所でも積極的に清掃を試みます。細部のゴミも見逃しません。

狭い空間もじっくり回ってしっかり吸引

やみくもにアタックするのではなく、きちんと自分の体を回転させながら狭い場所を掃除します。

しつこい汚れも何度も往復し対処

一度通っただけで取りきれない汚れは、それを察知して何度も往復して対処。カーペットに落ちたパン粉もしつこく繰り返します。

安定したマッピング機能

カメラやセンサーなどで部屋を認識して、最適なルートをAIが探るマッピング機能搭載。いずれのポイントでも初回から大きなミスがなく、常に安定していました。

無駄のない動きでスムーズ

間取りがきちんと頭に入っているので、中途半端な場所でウロウロするシーンはほとんどありません。

ベストの理由③:お手入れ
ダストボックスもブラシも掃除が簡単

ダストボックスは水洗いにも対応

細かいホコリが残りがちなダストボックスも、水洗いできるのでスッキリ!

ブラシ掃除もめっちゃ簡単!

?ルンバの魅力のひとつであるブラシ掃除のラクチンさは、i7+でも健在。

ベストの理由④:操作性
賢くてほぼストレスを感じない

清掃後の帰還率はほぼ100%

テスト時は100%クリーンベースへ帰還しました。掃除を終えると、迷うことなくホームへ戻ります。

スマホで細かく操作できて予約も可能

部屋の構造を記憶する間取り学習機能により、部屋の境界線までしっかり自動認識します。スマホで部屋の清掃パターンも自由に設定できます。

ベストの理由⑤:自動ゴミ捨て
クリーンベースが回収したゴミを自動吸引

「ゴミ捨て不要」の驚異のクリーンベース

数多あるロボット掃除機の中でi7+が最高峰と言える理由は、最高の性能と「クリーンベース」による自動ゴミ捨て機能の両立にあります。

i7+がクリーンベースへ帰還し自動ゴミ捨て機能を作動させると、i7+の中に溜まったゴミを想像を絶するパワフルさで吸い込み始めます。もはやi7+は、ダストボックスを開けて中身をゴミ箱に捨てる作業すら不要の域に達しています。

やることといえば、月に1回程度クリーンベースの紙パックを捨てるだけ。ここまでくると、床掃除はもう人の手を介さずに終わるもの、といっても過言ではありません。

ちなみに、アイロボット社のロボット床磨きブラーバジェット m6との連携ももちろん可能です。

ブラーバ m6との連携が可能。ルンバがホームに帰ると、自動的にm6が発進します。この未来感はすごいです!

以上、ルンバ i7+についてご紹介しました。最高の性能を備えたi7+の登場でさらに一段上へと登ったルンバ。令和の新しい時代となった現在も、i7+は最高の選択肢であることに変わりはないことを証明しました。

以上、「家電批評オブ・ザ・イヤー」に選ばれたロボット掃除機「ルンバ i7+」の紹介でした。引き続き、ベストだった製品をご紹介していきますので、サンロクマルをチェックしてくださいね。