パソコンラインナップが充実!ゲーム配信サイト「Steam」って?

ラインナップが充実!ゲーム配信サイト「Steam」って?

【Steam公式サイト】
https://store.steampowered.com/

PCでゲームを遊ぶなら利用したいのが、ゲーム配信プラットフォームの「Steam」(スチーム)です。家庭用ゲーム機の最新作から動画でバズっている作品まで、PCだけで購入&プレイできます。

そのうえ、特定のゲームを特価で販売する“セール”を定期的に開催している点も魅力的。人気ゲームが破格の値段で購入できることもあり、財布に優しいゲーミングライフを実現したいなら、利用すべきサービスです。

ということで、今回はゲーム配信サイト「Steam」について初心者でもわかるように解説していきます。

パソコンポイント1: PS5最新作から隠れ名作まで勢ぞろい

ポイント1: PS5最新作から隠れ名作まで勢ぞろい

「Steam」はPlayStation Storeのような、ダウンロード形式でゲームが販売されているサービスです。

最大の特徴はPC版が発売されていればPS5やSwitch、Xboxの作品も買えるところ。つまり、ハードを問わず古今東西の名作を買うことができるんです。

また、家庭用ハードでは販売されていない、PC独占の隠れ名作も豊富。どんなゲームを売っているか眺めているだけでも楽しめます。

ラインナップ1:家庭用ゲームの大作

▼主な作品

  • ELDEN RING
  • モンスター ハンターライズ
  • HORIZON ZERO DAWN
  • DEATH STRANDING
  • Forza Horizon 5
  • Days Gone
  • Ghostwire:Tokyo
  • ゴッド・オブ・ウォー  など

ファーストやセカンドパーティ(ゲームハードを出している会社やその関連企業)も参入していて、大作ソフトも充実。また、PlayStation Storeのようなファースト運営のサービスと異なり、ハードの垣根を越えて買えるのが便利です。

ラインナップ2:YouTube配信の人気作

▼主な作品

  • Vampire Survivors
  • ARK:Survival Evolved
  • Back 4 Blood
  • Among Us
  • Rust
  • Dead by Daylight
  • エイぺックスレジェンズ など

動画配信サイトで話題になる作品のラインナップも豊富。PCでしか遊べない作品も多いので、これからゲーミングライフを始めようという人はとりあえずストアをのぞいてみてください。

ラインナップ3:昔遊んだ懐かしのあの名作の一例

▼主な作品

  • クロノ・トリガー
  • ファイナルファンタジー
  • メタルスラッグ
  • ロックマンクラシックスコレクション
  • ロマンシングサガ2 など

ファミコンからプレステまで、昔遊んだ名作の移植作も数多く販売中。移植時に調整されて遊びやすくなったタイトルもあるので、「最近のゲームはイマイチ」という人もぜひチェックしてみてください。

パソコンポイント2:ガッツリ利用するならWindows PCがオススメ

Steamで購入したゲームは専用アプリを介してプレイ可能です。メリットとしてはダウンロード販売なので価格が安いことが挙げられます。ただ、任天堂が開発元の作品(『マリオ』など)は配信していません。

また、MacよりWindowsのほうが対応作品数や動作面も含めて利便性が高いです。

Steamの良いポイント

Steamの良いポイント
  • ジャンル&ハードの垣根を越えたゲームが販売されている
  • パッケージ版を買うよりお得
  • ダウンロード形式なのでソフトの入れ替えなどの手間がなくなる

購入からプレイまでPCで完結できるのがラク。アカウントがあれば複数のPCでゲームをインストールして遊ぶことができるのもメリットです。

Steamの残念なポイント

Steamの残念なポイント
  • 任天堂開発タイトルは配信なし
  • ゲームによってはパッケージ版より発売日が遅れることも
  • Macだと動作や対応タイトルがイマイチ

『マリオ』関連や『ポケモン』などの配信は残念ながらなし。また、動作面などからMacでの利用は不安があります。実際に同サイトでのmacOS使用率は3%以下と、かなりの少数派です。

パソコンポイント3:登録は無料!簡単に始められる

ポイント3:登録は無料!簡単に始められる

使い方は特に難しいことはなく、多くの通販サイトとほぼ同じです。ただしブラウザ上でゲームの購入はできても、プレイは不可能。「Steamクライアント」アプリをインストールする必要があることを覚えておきましょう。

Steamの登録に必要なもの

  • メールアドレス
  • クレジットカード番号など支払いに必要な情報
  • 空き容量が十分なハードディスク類

利用に必要なのは上記のとおり。支払い方法は専用Webマネーやプリペイドカードのほか、クレカが使えます。

Steamでゲームを買う4STEP

STEP1:まずはアカウント作成

Steamでゲームを買う4STEP

多くのサービスと同じく、最初はアカウント作成から。特につまずくような箇所はないはずです。

STEP2:Steamクライアントをインストール

Steamでゲームを買う4STEP

Steamの要であるアプリを導入。セットアップ手順は他のアプリとほぼ同じで簡単にできます。

STEP3:ログインして登録確認

Steamでゲームを買う4STEP

アプリとアカウントの準備ができたらログイン。メールでの認証があり、これが終われば登録完了です。

STEP4:好きなゲームを探して買う

Steamでゲームを買う4STEP

ゲームを検索し、カートに入れて購入。最初は無料ゲームで、動作確認しておくのがオススメです。

パソコンポイント4:使いやすくて初心者に優しい

Steamは、使いやすさも優秀。特に有名なのが返金制度で、間違って購入しても安心です。このほか、セール時の割引もうれしいところ。ファーストの配信サイトで買うより安い場合も多いのでチェックしておきましょう。

便利ポイント1:返金制度

便利ポイント1:返金制度

購入から14日以内かつプレイ時間が2時間以内なら返金可能。もちろん再購入も可能です。どの会社のゲームかは関係なく、「Steam」の一括対応なのがラクです。

便利ポイント2:購入管理

便利ポイント2:購入管理

買ったゲームはアカウントで一括管理。再インストールなどもラクにできます。自動アップデート機能などももちろん搭載されています。

便利ポイント3:販売作品数

便利ポイント3:販売作品数

正確な販売数は不明ですが販売作品数は5〜6万本でジャンルも多彩。「遊びたいゲームが1本もない」と悩むことはないはず!

便利ポイント4:大規模セール

便利ポイント4:大規模セール

定期的に開催されるセールは要チェック。時には『Call of Duty』などの人気作が90%OFFになることもあります。

以上、PCゲーム初心者向けのゲーム配信サイト「Steam」の紹介でした。

ラインナップが豊富なうえ、カンタンに始められて、使い勝手も良い「Steam」。ゲーミングPCを買ったら、ぜひ利用してみてくださいね。

ただし、ゲームごとの推奨環境の違いで安価なPCやMacだと動作に不安がある、任天堂製のゲームは買えないというデメリットもあるので利用時は注意しましょう。

パソコンゲーミングチェアの売れ筋ランキングもチェック!

ゲーミングチェアのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。