ビューティー乾燥ダメージを防いでくれるフェイスクリームは?

お肌の乾燥が気になりはじめたら、普段使っている乳液に替わって取り入れたいのが、フェイスクリーム。一般的にクリームには乳液より油分が多く含まれていることから、水分蒸発を防ぐ力は乳液よりも高いとされています。

ということで、雑誌『LDK』から生まれた姉妹誌であるコスメ雑誌『LDK the Beauty』(エルビュー)編集部が、乾燥ダメージをしっかり防いでくれるフェイスクリームを探して、ドラックストアラインからデパコスまで新作・話題・定番の50製品を「3000円以下」「5000円以下」「5000円以上」の価格帯別にジャッジしました。

今回はその中から、効果に期待したくなる「5000円以上部門」で高評価だった2製品をご紹介します。

ビューティー5000円以上のフェイスクリームのおすすめを発表!

乾燥ダメージを防いでくれるフェイスクリームを探して、今回のテストでは以下の3項目を厳しくチェックしました。

テスト1:保湿力

フェイスクリームの保湿力を確かめるため、複数の乾燥肌モニターさんの腕内側を軽く洗浄して30分後に各製品を同量ずつ塗布し、塗布前と3時間後の肌水分量を検証機関で使用している専用機器を使って比較。平均値と比較して採点し、「超うるおう」「うるおう」「平均」「不足気味」で判定しました。

テスト2:成分

化粧品のプロが、成分表をもとに期待できる効果を考察。全成分を油分、水溶性成分、ビタミンなどに分類後、高機能性成分をピックアップしました。

その上で期待できる効果を「美白」「美肌」「肌荒れ防止」「エイジングケア」の4項目でチェックしました。

全成分をチェックし、科学的に効果が実証されている成分を加点、刺激になる成分を減点して総合的に評価しました。

石渡比奈子 氏
元化粧品メーカー勤務
石渡比奈子 氏 のコメント

科学的エビデンスに基づいてチェックしました。

テスト3:使用感

各製品を手の甲に塗布し、1分後にスパンコールを付着させます。

しっかりふるった後に残った数をカウント。ベタつきが強いほど数が多いです。同様に複数回行い、平均値で採点。さらに顔に塗り、感触、ハリやツヤ感も調べました(顔の塗布テストは加点対象外)。

※総合評価はTEST1「保湿力」を重視して決定しています。
※以前検証した再掲載製品は、今回の基準に合わせて再評価しています。
※1回あたりの金額は0.3gを使用する想定で一律計算しています。

それでは、新作&定番フェイスクリーム50製品の実力をテストした中から、失敗したくない5000円以上部門で高評価だった2製品を発表します。

A評価年齢肌がプルンプルン!ビービーラボ「
プラセン エストラックスクリーム」

ビービーラボ
プラセン エストラックスクリーム
実勢価格:1万3200円

内容量:30g
1回あたりの価格:約132円
※スパチュラ付属

▼テスト結果

  • 保湿力:3.5点/5点(平均)
  • 成分 :4.5点/5点
  • 使用感:4.5点/5点
  • 期待できる効果:美白・美肌・肌荒れ防止

A評価だったのは、ビービーラボ「プラセン エストラックスクリーム」。こだわりのプラセンタエキスや皮膚細胞を活性化させるパンテノール、エチニルエストラジオールなど年齢肌にうれしいリッチな成分が勢ぞろい!

ひと塗りで肌のやわらかさを実感、プルンとしたハリと華やかなツヤにも驚かされます。ベタつきがなく使いやすいですが、子どもにはNGな成分が含まれている点は注意が必要です。

テスト2:成分

女性ホルモン・エストラジオール誘導体。美肌に導く効果がありますが、作用が強く子どもの使用はNGです。

A評価乾燥も毛穴も同時にケアするアユーラ「
モイストバリアクリーム」

アユーラ
モイストバリアクリーム
実勢価格:6600円

内容量:30g
1回あたりの価格:約66円

▼テスト結果

  • 保湿力:4.5点/5点(うるおう)
  • 成分 :4点/5点
  • 使用感:4.5点/5点
  • 期待できる効果:美白・肌荒れ防止

同じくA評価だったのが、アユーラ「モイストバリアクリーム」。3種のセラミド配合で「なめらかなクリームが肌にバリアを作り、湿潤状態をキープする」というウリどおり、3時間後もうるおいが続き、高い保湿力を実証しました。肌がふっくらし、乾燥も毛穴も同時にケア。価格に見合った実力派でした!

パウダー配合でサラッと伸びるうえに、薄くメイクしたようなマットな仕上がりになるのも高評価の理由。メイクをお休みしたい日にも最適です。

ビューティー『LDK the Beauty』2022年2月号

晋遊舎
LDK the Beauty
2022年2月号

『LDK tne Beauty』2022年2月号では「フェイスクリーム50製品ABC判定」として、価格帯別に比較結果を紹介しています。こちらもチェックしてみてくださいね。