間違いスキンケアを見直そう!

メイク落とし、洗顔、保湿など、美肌のためにはスキンケアが欠かせません。でも、そのスキンケア、正しく出来ていますか? どんなにいい化粧品や長年愛用しているコスメも、使い方や使う順序、使う量が誤っていたら台なしなんです!

そこで、雑誌『LDK』の姉妹誌でコスメ誌の『LDK the Beauty』が、美肌のプロである皮膚科医の先生に、普段私たちがやりがちな「しくじりスキンケア」を厳しくチェック&正しいケアの方法を教えてもらいました。

この機会に毎日のスキンケア、見直してみませんか。

今回は「乳液・クリームの正しい塗り方」についてご紹介します!

Q. 乳液はなじむようにくるくる塗り込んでます

A. ダメ! 摩擦は老けのもと。点置きして伸ばすだけで十分
乳液やクリームは、一生懸命塗り込んでも、摩擦で肌にダメージが起こるだけなので絶対NGなのだとか。

乾きやすい部分とそうでない部分とクリームや乳液の量を調節して、まず肌に点置きしてからやさしく塗り広げていきましょう。

点置きすれば塗りモレ&塗りムラなく伸ばせる!

▼しくじりステップ

くるくる塗ればすぐに馴染むでしょと、乳液やクリームを伸ばすついでにくるくるマッサージ。これって、NGなんだそう。肌のためを思ってのケアのつもりが、実は肌に摩擦ダメージを与えている可能性があるんですって。

小林智子 先生
皮膚科専門医
小林智子 先生 のコメント

シミにつながるリスクもあるのでオススメしません。

▼正解ステップ

ステップ1:乳液orクリームを手にとって顔に点置き

乳液やクリームを手に適量とり、両頬、額、鼻、あごへ。皮脂の多い部分は量を控えましょう。

ステップ2:顔の内側から外側へこすらずサッと塗る

点置きした乳液やクリームを顔の内側→外側へ、肌をこすらないようやさしく伸ばしていきます。

美肌のプロ・皮膚科医の愛用プチプラはこちら!

キュレル
ディープモイスチャー
スプレー
実勢価格:990円/60g

キュレル「ディープモイスチャースプレー」はドラッグストアでも購入できます。

小林智子 先生
皮膚科専門医
小林智子 先生 のコメント

ミストが細かくて◎。日中の乾燥対策に持ち歩いています。

以上、「乳液・クリームの正しい塗り方」についてご紹介しました。ぜひ毎日のスキンケアの参考にしてくださいね!

ちなみに、「しくじりスキンケア見直し隊」特集を掲載した『LDK the Beauty』2021年2月号はこちらで読むことが出来ます。

『LDK the Beauty』2月号

LDK the Beauty
2021年2月号

ぜひ記事を参考にしてみてください。